• 散歩というか単なる移動。 優雅で贅沢な遊戯とは無縁の人間なもので(^_^;)。ただ、朝は人が少なくて歩きやすく、4年前には目に入らなかった素敵な物件に出会えたのでその報告を。... 続きを読む
  • 今回遠征のメインは岡崎。豊橋は中継地点。 「水鳥」で一息入れたらすぐ移動するつもりだったのに…。駅に戻る途中でうっかり、わき道にそれてしまった。 「喫茶フォルム」の入口。スタイリッシュな石のモザイク。... 続きを読む
  • 前回豊橋を訪れたのは4年以上前。 う~~ん(-_-;)。当時の写真を見ても、懐かしいというよりも思い出せないことが多くて、そっちの方が悲しい。こうなったら余計なことを考えずに、淡々と写真だけ貼っていこう。 ※7軒中3軒はすでに閉店(百貨店1&喫茶2)... 続きを読む
  • 愛知はメジャーすぎる! わけわからない場所のわけわからない喫茶店に行くことに無上の喜びを見出す私にとって、愛知の喫茶店は物足りない。いい店に5軒入って、やっと地味エリア1軒ぐらいの感覚なんだけど…。歪んでる? とはいえ、いい店はいい。これも認めざるを得ない事実。これから紹介する豊橋の「水鳥」は、私の歪んだフィルターをもってしてもなお、素敵としか言いようのない純喫茶だった。... 続きを読む
  • 名古屋・栄の有名な老舗喫茶「コーヒー専門店 ライオン」が、2月28日をもって一時休業する。 私が訪れたのは、2015年10月。 もし今後再開しても、果たして私はその店に行くのだろうか。築地市場場内にあった喫茶店のように、全く別物になってしまうような気がする。... 続きを読む
  • 内田橋商店街には昭和レトロ度の高い純喫茶がもう1軒ある。 それがこちら、たばこ店と併設する「喫茶 サンセン」。COFFEE 7(セブン)とはご近所。... 続きを読む
  • 遠征純喫茶巡りは時間と胃袋に限りがあるため、入店時には緊張を伴う。 せいぜい私にできることは、雑念を払い頭をクリーンする程度。 まるで全人生を賭けた勝負師にでもなった心境だが、「COFFEE 7(セブン)」は想像以上に素敵で大はしゃぎだった。... 続きを読む
  • 純喫茶密度を0~5までで評したら、この界隈は4。 西アサヒから歩いている途中いくつもの純喫茶とすれ違った。全制覇したいところだが、生憎時間と胃袋は有限である。泣く泣く誘惑を振り切り、「Coffee Shop 白菊」に辿り着いた。... 続きを読む
  • さて次は名古屋の純喫茶「西アサヒ 天池店」。 こちらは2015年の話(一昨年)。初名古屋遠征の年でもある。ご存知の通り名古屋は純喫茶天国。遠征も一回では足りず、一回が二回、二回が三回となってしまった。この記事は遠征三回目のレポートである。... 続きを読む
  • 日曜日の夕方。刻一刻と帰りの時間が近づく。 心地良い疲れと共に、甘美な余韻に浸りたい。名古屋で最後を迎える喫茶店をどこにするか? 日が暮れかけていく中、円頓寺商店街に向かった。... 続きを読む
スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター