【上野】高級喫茶 古城 (2)

ゴージャス純喫茶の中でもここは別格。もう、思い切って殿堂入りしてしまおうか。

言わずと知れた超有名純喫茶。上野にある「高級喫茶 古城」。

高級喫茶 古城

高級喫茶 古城

東京都台東区東上野3丁目39-10 光和ビル 地下1階

古城を初めて訪れたのは、純喫茶巡り初期(ブログ初期と重なる)。入る店入る店で新鮮に驚き、感動に打ち震え、純喫茶って本当に素晴らしい!と思っていた時期でもある。だが、そんな時期でも古城のゴージャスさは群を抜いており、めくるめく夢のような空間に我を忘れてしまった。

「ここ本当に喫茶店なの?」

あれから6年経っているが、その魅力は色褪せない。やっぱり古城は素晴らしい!

高級喫茶 古城

高級が最高に相応しい純喫茶である。

高級喫茶 古城

開け放たれた扉の先には、シャンデリアと騎士のステンドグラス。

高級喫茶 古城

扉の取っ手は、

高級喫茶 古城

裸の女性になっている。

高級喫茶 古城

地下へ続く階段の壁には金のライオン。

高級喫茶 古城 高級喫茶 古城

階段の下にはもう1つ。

高級喫茶 古城

貴婦人のステンドグラス。

この変わらぬアプローチは古城入りする際の儀式のようなものだが、いつでもトキメキと高鳴りを覚える。

高級喫茶 古城

広い店内は適度に仕切られており、場所により雰囲気が少しずつ違う。

高級喫茶 古城

ツタンカーメンの部屋もあったりする。

高級喫茶 古城

天井には入口で出迎えてくれたのと同じシャンデリアがずらり並んでいる。

高級喫茶 古城

神殿調の柱には気品のあるライト。

高級喫茶 古城

壁のライトもお揃い。

高級喫茶 古城

奥には大きなステンドグラスがあり、まるで聖堂のよう。その前には他では見たことのない、白いエレクトーンが置いてある。

伝票の裏に「ピアノ生演奏午後6時より」と記載されている。

高級喫茶 古城

そのためだろうか。一部の席は向かい合わせでなく、椅子が一方向に並んでいる。まるで名曲喫茶みたいである。

だが、これまで午後6時を過ぎても一度もピアノの演奏など聞いたことがないので、思い切ってお店のお姉さんにその疑問をぶつけた。

たしかに昔は演奏をしていたが、今はもうやめてしまったのだという。

ただ、その代わり店内にはこの高級喫茶古城に相応しいクラシック音楽が流れており、モーツァルトのレクイエムになった。途中からは合唱になったが、まったく合唱負けしないところは、さすが!としか言いようがない。

高級喫茶 古城

ココア

高級喫茶 古城

この日はいつになく明るい気がした。

高級喫茶 古城

もしやステンドグラス?

高級喫茶 古城

3年位前に撮影したもの。見比べてみれば分かるが、左から2枚目がなくなって剥きだしになっていた。

高級喫茶 古城

そんな些細な変化がありつつも、高級喫茶ぶりはまったく衰えず。遠征地で少なからぬ珠玉の純喫茶を訪れてきたが、それらと比べても、ゴージャスぶりは頭一つ抜けている気がする。お客さんが一気に減ったときに、隅っこで店員さんがライトを磨いている姿を目撃。日頃の手入れが美を維持しているのだった。

高級喫茶 古城

本気で殿堂入りしてしまおうか。ここを超える純喫茶には、そう簡単に出会える気がしない。

利用金額

  • ココア 590円

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

大介

高級喫茶 古城
数年前、雑誌に掲載されていて惹かれました。もともと昔懐かしい喫茶店は好きでしたが、純喫茶巡りのきっかけになったのがこの古城です。
自宅から2時間はかかるのですが、月に2〜3回ほど通いました。近頃はいろいろな純喫茶を回るために、あまり行かなくなりましたが、昨年久しぶりに行くと、やっぱりいいなあと思いました。

話は変わりますが、こちらに載っていた山梨の純喫茶 旅苑に先日行ってきました。あの雰囲気と、他にないシステムは素晴らしいですね。一言では語り尽くせない魅力がありました。

エムケイ

>大介さん
古城が純喫茶巡りのきっかけのお店だったのですね。
私も一時期続けて通うことがありましたが、同じく色んなお店を回るためしばらく行かなくなり、思い出したようにふと思い立っていくことがあり、たしかに、「やっぱりいいなあ」と思います。
同じですね。

純喫茶旅苑も行かれたのですね!
あの雰囲気は単にコーヒーを飲む店ではなく、1つのレジャーにもなり得ますね。
古城がゴージャス部門の殿堂入りなら、夜の雰囲気ぷんぷんのアダルト部門に旅苑を殿堂入りさせたいです。

クロロ

古城は会社の近くにあるので行った事があります。外観の怪しさは一瞬違うものに見えました。
あとはこの近く、稲荷町駅の方に喫茶ラッキーという喫茶店があります。
なかなか気になるのですが、まだ入ったことはありません。

エムケイ

>クロロさん
近くにお勤めなのですね。
たしかに事前にここが喫茶店だと知らないと、一瞬変な店に見えますね。
入口に置いてある店内写真付きの看板が変なマッサージの店っぽく勘違いしてしまいます(笑)。

稲荷町の喫茶ラッキー。
知らないです! え~~~! 気になる。

あかりのママ

No title
昨日古城入りしました。左から二枚目のステンドグラス、ありました。

エムケイ

>あかりのママさん
2枚目のステンドグラスありましたか。
私が行ったときはなんでなかったんだろう。
壊れて交換?

くまごろう

残念
よくマスコミに取り上げてられてますね。
確かにゴージャスですよね。
たまに利用してました。
してました、と書きましたが
もう行くことはないと思います。
先日、利用しましたが店が広いため呼ばないとオーダー聞きに来ない。
何度も呼ばないと来ない。
メニューも、頼まないと持ってこない。

アイスティを、頼みましたが
まだ1/3ほど残っているのに黙って下げられてしまいました。
入店30分の出来事でした。

エムケイさま。
辛口批評になりました。
掲載はご判断にお任せいたします。

エムケイ

>くまごろうさん
> アイスティを、頼みましたが
> まだ1/3ほど残っているのに黙って下げられてしまいました。
> 入店30分の出来事でした。

もしこのような事があったとしたら、私もしばらく行くのを控えてしまいそうです。
幸いなことに私が訪問したときはこのような事はありませんでした。
どんなに気に行っても通い詰めるほどの回数訪問しないので、それもあるのでしょう。

個人的にはこちらの内装のゴージャスさには他のマイナス点があってもそれを補うほどの魅力を感じてるので、ネガティブなコメントをいただいてもまた行ってしまう気がします。

誹謗中傷目的でない限り、よほど品性がないコメント以外は掲載したいと思っています。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: