【金町】COFFEE 田園(2)モーニング

理想 of 理想。金町駅前の「田園」。

金町・田園1

まずは、真正面からのビジュアルが芸術的。

COFFEE 田園

東京都葛飾区東金町1-45-2 土山ビル2F

レトロ可愛いオレンジと白の縞々の丸い庇。「FUJIYA」との絡みもよし。

金町・田園2

キャッチコピーの「味の芸術」も素敵!

しかし……

1Fはずっと変わらず「FUJIYA」だと思い込んでたけど、昔の写真を見ると「タカラブネ」という店だった。いつの間にかテナントが変わってたのね。あまりにも昔ながらの姿なので、過去の記憶まで塗り替えられてしまったよ、おそるべし「田園」のノスタルジックパワー(^_^;)。

金町・田園4 金町・田園5

雑居ビル丸出しな狭く薄暗い階段も、ギャップがあって面白い。

金町・田園6

2階に上ると、中から聞こえてくるのはクラシック音楽。

純喫茶になるために生まれてきた純喫茶

金町・田園7 金町・田園8 金町・田園9 金町・田園10 金町・田園11 金町・田園12

こんなに純喫茶らしい純喫茶も今時珍しい。

赤のベルベットの椅子、ピカピカの10円玉みたいな色の銅のテーブル、実物以上に広く見える鏡張りの壁、店名入りのパーテーション、そこかしこに飾ってある生花。純喫茶のお手本のような店。店名も純喫茶では王道の「田園」だしね。

きっと純喫茶になるために生まれてきたのだろう。

ここに居ると、まるで昔の純喫茶の写真を見てるような錯覚に陥る。

こんな事言ったら怒られそうだけど、始終メディアに取り上げられる「純喫茶の名店」といった店には、ピンと来ない店もたまにある。「こんな感じが受けるんでしょう?」といった狙い(アピール)をチラつかされ、その手には乗るまいと反発したくなる(笑)。

だけど、この店ときたら、とにかく素。素で純喫茶。黙っていても、純喫茶なのだ。初めて訪れた10年前から、その印象は少しも変わらない。

モーニングは3種類500円

金町・田園13

月~土 8:30~11:00

(日曜日はやってないのね?)

金町・田園14

コーヒーが先に出てきた。好きな味。

金町・田園15

少しして、同行者のハムサンド登場。

え? 私のトーストは?

後から入ってきたのに、他のお客さんのハムサンドとタマゴサンドが次々に出てるんだけど!!! なんで、トーストの方が簡単そうなのに?

金町・田園16

結構待たされて出てきたトーストモーニング。

金町・田園17

イチゴジャムの乗せ方が独特。なんか唇みたい。

金町・田園18

手を振って、「今から行くよ」の合図をする人もいたりして……? 窓から見える金町駅のホーム。

利用金額

  • モーニング 500円

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター