【柏】喫茶&レストラン サンエバ

屈辱のあの夜から3か月。

新緑の季節、再び柏を訪れた。サンエバこの日に備え、しっかり平日に休みを取った。柏駅東口から東武バスに乗り、常盤台で下車。

柏・サンエバ1

喫茶&レストラン サンエバ

千葉県柏市常盤台9-1

柏・サンエバ2

青々と葉が生い茂る木々の隙間から覗くサンエバ。

本当にやってるんだよね?
常日頃喫茶店巡りでは辛酸を舐めまくっているので、疑り深い性格になってしまった。

柏・サンエバ3

今回は騙されないよ。ドキドキしながら近寄ると無事「営業中」。やったね!

柏・サンエバ4

特殊な営業時間の罠に見事ハマり打ちひしがれた話については、前回の記事をご覧下さい。

柏・サンエバ5

やっと入れて嬉しい。

柏・サンエバ6 柏・サンエバ7 柏・サンエバ8 柏・サンエバ9 柏・サンエバ10 柏・サンエバ11 柏・サンエバ12

諦めないで良かった。

思っていた通り素敵で、王道の純喫茶らしい内装。

シャンデリアは小ぶりながら品良く非日常を演出している。二重天井の深みのある陰影、壁にかかっている雰囲気の良い絵画、ゆったりとしたソファーと席の配置。ああいいなあと思う。

OLらしき女性のグループ、上司と部下の会社員など。昼休みのランチタイムのお客さんで結構賑やか。

BGMは運動会で流れる行進曲(タッタカ♪タッタカ♪的リズム)のクラシック系イージーリスニング。

柏・サンエバ13

壁には柏レイソルの幕。

これは純喫茶の雰囲気を壊すものではなかった。鹿島アントラーズの幕を貼る、神栖のキャビン、銚子の巴琲の例もあるし、地域密着型の喫茶店らしい風景ともいえる。

柏・サンエバ14

本棚には『千葉あるある』本が置いてあった。

千葉県民だと自覚しているの? 松戸、柏、船橋あたりは、千葉都民だと思っている人も多いが、さすがここまで駅から離れていると、車が足になり地元に根付くのかもしれない。

柏・サンエバ15

ナポリタンやオムライスといった喫茶の軽食以外に、定食や弁当のメニューも充実。

柏・サンエバ16

鮭弁当にしてみた。

塩分控えめ薄味の焼き鮭がメイン。それ以外に和風の煮物も色々のバランスが良い弁当だった。

柏・サンエバ17

裏はドリンクメニュー。食事を同時に注文すると150円引き。

各種お食事お持ち帰りできます。

またあの時の打ちひしがれた感覚がよみがえってきた(-_-;)。

現在ではお持ち帰り(あるいは配達)がメインなのかもしれない。個人的にはこの雰囲気の良さは得難いものがあるので、もっと時間を長くして欲しいが、そんな勝手言う私自身がほとんど来れないことを考えると、短時間でも末永く喫茶営業を続けて欲しい。

柏・サンエバ18

レトロな色合いのスティックシュガー。

柏・サンエバ19

マッチはレジに山盛り。

「たくさんあるから好きなだけ持っていって下さい」

ガサッと5個、マスターから手渡された。

利用金額

  • 鮭弁当 900円

関連記事

書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

HAL

柏 サンエバ
こんにちは。

私は柏が地元なのですが、先月たまたま店の前を通りかかって存在を知りました。
その時は営業時間外で、今度訪問しようと思っていたので、この記事を見てあっと思いました。

個人経営店の営業時間は確認が大変ですよね。ですがやはり素敵なお店ですね、今度行ってみようと思います。

あかりのママ

サンエバ、行かれたのですね。昼と夜で喫茶店って全然雰囲気違うことが良くわかりました。お弁当美味しそう。ランチどころとして根強い人気があることが見てとれました。シャンデリアや二重天井を愛でにいきたいと思います。

エムケイ

>HALさん
柏が地元でしたか!
先月通りかかったんですね。偶然です。
こちらは営業時間が短いですよね。
ただ、店先に営業時間の案内が出てるので非常に親切だと思いました。
この日バス停を降りたところで見かけた「珈琲専門店ブルックス」はドアから店内が見え、営業時間と定休日が出ていたので、さっそくメモしました。
いつか行こうと思ってます。

エムケイ

>あかりのママ さん
昼と夜ではまったく雰囲気が違います。
特にこの辺は夜になると人気がなくなり静まり返っているので余計に。
ランチどころとして人気あるんでしょうね。
食べ終わった後いつまでも話し続けるOLさんもいたりで、喫茶店のいい所は、ただ美味しく食べられるだけでなく、その後ゆっくりできるところです。

内装は極めてオーソドックスですが、喫茶店マニアからもたいして興味ない方からも広く愛される店だと思います。
手入れが非常に行き届いており、古い喫茶店の側面は微塵もありません。
良い時間が過ごせると思います。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター