2015/06/17(水)  CATEGORY:日暮里・三河島・町屋近辺

【鶯谷】デン

喫茶店好きなら誰もが知る、鶯谷「デン」。

いつでも行けると後手後手にしていたが、いつでも入れると思ったら大間違い! 純喫茶らしからぬ集客力の高い人気店だった。

デン

デン

東京都台東区根岸3-3-18 メゾン根岸1F

デン デン

一回目は満席で入れず。二回目はかろうじて入れたものの、一つだけ残るL字型の奥、他より狭いテーブル席に案内された。

少しすると店内中ほどのテーブルが空いたのでお店の方に声をかけると、「まだいらっしゃるので空いたらお呼びしますね」。

実はその席のお客さんはお手洗いで席を外していただけだったが、願い通じたのか(?)戻るとすぐ帰られ、すぐに移動。

デンの看板メニューといえばグラパン。縦横比率1:1のデカイ食パン(一斤?)の中身をくり抜き、中をたっぷりグラタンで満たしたボリューム満点フード。

どうせなら名物メニューを食してみたい。だがすでに他店でモーニングをしたばかりなので、やる前から結果が明らかな無謀は避けたい。

プリン 限定○○個 の文字発見。

これにしよう! プリンならどんなの出てきても最後まで美味しく食べ切る自信がある。

デン

ところが出てきたのは、これ!

思いっきりぐるんぐるんとソフトクリームが巻きに巻きまくっているではないか!

せいぜい「ヘッケルン」のジャンボプリン程度と高をくくっていたが、食べ切れるか自信がなくなった。そのこんもりしたソフトクリームに怖気づいた。

そういえば席移動の前に近くのカップルが一個のソフトクリームをつつき合ってるように見えたが、あれはプリンだったのだ。

ところが所詮はソフトクリーム&プリン。おやつである。ごちゃごちゃ言いつつも美味しく完食。ソフトクリームが思ったよりしつこくなかったからかも。プリンは昔ながらのもので、かなり私好み。ヘッケルンのよりも大きく感じた。

デン

ドアの外には入店待ちのお客さんが並んでいた。まだ名物のグラパンは食していないので心残りはあるが、並ぶことが好きではないので、再訪問はしばらく考えられない。

利用金額

  • プリン 500円

関連記事

[ コメント 0 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

<<運命のマッチ・渋谷「ロロ」  | ホーム 【宝町】喫茶 Q>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: