モナミの悲劇

純喫茶目的で遠征する際、特に宿泊が伴う場合には、必ず大きな動機がある。

「この純喫茶に行きたい!」と駆り立ててくれる存在である。それも一軒ではなく複数。

今回でいえば、「純喫茶 モナミ」がその一軒だった。

郡山・純喫茶モナミ

まず立地が素晴らしい。

神社の参道には昭和な雰囲気の居酒屋などあり、純喫茶抜きでも充分絵になっていた。

郡山・純喫茶モナミ2

純喫茶モナミは正面からは見えず、参道のわきの細い路地を覗くと、ひょっこり姿を現す。映画のセットのような、いやそれとも映画の世界そのものなのか? 神隠しにあってしまいそうな奇跡の立地。

郡山・純喫茶モナミ3

苔むす石畳、無造作のようでいて手入れの行き届いた窓辺の花壇。

色褪せたコカコーラの看板が、日の丸に見えた。

独特の鬼気迫るオーラすら漂う。

息をひそめて、そろりそろりと近付いた。

この高揚感……。

嗚呼。

今回の遠征の大きな動機の一軒と書いたが、実質の大本命、暫定1位はこちらなのである。

タイトルで悲劇と書いたが、まさに悲劇。

なんと!

郡山・純喫茶モナミ4

まことに勝手ながら 本日は休みまーす

なんだよ、「休みまーす」って! (# ゚Д゚)

郡山・純喫茶モナミ5

素晴らしい純喫茶は全国に山ほどある。

だが、こんな神社と一体化した完璧なビジュアル&オーラの純喫茶は、他にあるだろうか?

郡山にはもう一回来よう。その価値は充分ある。どうせまた来るならと、今回はあっさりと郡山を手放す気になった。

絶対また来よう。実物を見て、そう固く決心した。

できたら夏のうちに。

郡山・世界とパタータ

モナミの先を抜けると、痺れるほど場末な店があった。

世界」という飲食店(?)の隣の「コーヒーショップ パタータ」。大変魅力的だが、もう何年も前に閉店したのだという。

利用金額

関連記事

書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

カカポ

No title
エムケイさんにひっぱられ、ノセられて、連れてこられたドアの前。ガッビーン‼という効果音が久々に口をついて出ました。

さくらこ

No title
せっかく行ったのに残念無念とはこのこと・・・

でも「休みまーす」に吹き出しちゃいました!
当事者には笑いごとじゃないけど、この脱力感結構好きですw

エムケイ

>カカポさん
そう、まさにこういう時こそ使うべき、ガッビーン‼ですね(笑)。
正しい使用例です。

エムケイ

>さくらこさん
残念無念とはこのこと。

「休みまーす」
よくよく見ると、「休みま~す」っぽい?
ーより~の方がより腹立たしい(笑)。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター