【富士宮】らんぶる(2)(閉店)

とても美しい純喫茶だった。

富士宮・らんぶる1

コーヒーショップ らんぶる (L'ambre)

静岡県富士宮市大宮町17-14
閉店

2014年。初訪問でその素敵さに衝撃を受け、2016年に再訪問、2021年が最後の訪問。

閉店したんですね…実感がありません。

外観からときめきが抑えられない

富士宮・らんぶる2 富士宮・らんぶる3

キャッチコピーは「創られるコーヒー芸術」。

富士宮・らんぶる4

外壁にはひまわりのタイル。

蠱惑的な光がスモークのドアから漏れている。大人向けの純喫茶という気がします。

富士宮・らんぶる5

フォークとナイフの「軽食」、黄色の花のシール。可愛い。

昭和ムードが横溢した内装

富士宮・らんぶる6 富士宮・らんぶる7 富士宮・らんぶる8

三角の照明が降り注ぐ窓辺の風景。

富士宮・らんぶる9

船の模型の下に静岡新聞。

富士宮・らんぶる10 富士宮・らんぶる11

痺れるほど魅力的なカウンター。

富士宮・らんぶる12

美しく輝くシャンデリアもここでは脇役になってしまう。

富士宮・らんぶる13

贅沢にも壁一面がモザイクタイルになっています。はあ~あ(溜息)。

富士宮・らんぶる14 富士宮・らんぶる15

照明はピエール・カルダン。

富士宮・らんぶる16

山吹色の皮張りの椅子も渋くて素敵でした。

富士宮・らんぶる17

かつてはカーテンの向こう側も客席になっており、2014年の初訪問時に見せていただきました。

富士宮・らんぶる18

3つの柄が交わる交差点。

富士宮・らんぶる19

入店時は、足元の優美なタイルを見過ごしてました。

富士宮名物「富士宮やきそば」

富士宮・らんぶる20

いつの間にかメニュー表は4枚のカードになっていました。こんな縁取りのお皿を見た事があるような……

富士宮・らんぶる21

2016年にも食べていますが、とても美味しかったので、今回も「焼きそば」にします。

注文すると、ママさんは奥に消えていきました。

他にお客さんはなく、BGMもなく無音の店内をしばし1人で独占。

富士宮・らんぶる22

焼きそばは焼きそばでも、「富士宮焼きそば」。モチモチ噛み応えのある独特の食感の麺が特徴。若干アルテンデ気味でした。

付いてきたフルーツはバナナ。前回は夏だったのでスイカでした。

富士宮・らんぶる23

割り箸袋には純喫茶の文字!

富士宮・らんぶる24

イニシャル「L'」のロゴ入りカップ&ソーサー。コーヒーはどっしりと濃い味。

富士宮・らんぶる25

ビールは横棒で消されてました。

前回は…(ってまたですが)、ビールを飲みながら焼きそばを食べました。この極上空間で飲むビールは格別。それがとても贅沢に思えた。純喫茶にアルコール置いてた方が良い派(笑)。

富士宮・らんぶる26 富士宮・らんぶる27

流石!店名入りの伝票は健在。

富士宮・らんぶる28

「マッチをどうぞ」。瓶からマッチを出して渡してくれました。

「建物も古いし、そんなに長くはないかも」

ママさんの口調は明るかったので、そうは言ってもまだ大丈夫だろうと思っていました。それから3年後に閉店。

富士宮・らんぶる29

2014年の初訪問時に撮った、手作りのトイレットペーパーフォルダー。

利用金額

  • 焼きそば 550円
  • ランブルブレンド 300円(セット料金)
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター