福島さんぽ(1)北裡(うら)商店街

福島に着いたのは7時37分。「オジマ」が開くまで時間がたっぷりあったので、「水虫パン」で有名な「オカザキドーナツ」に向かった。その途中で歩いた散策の記録。

県庁通りの「いこいビル」

福島・県庁通り・いこいビル1 福島・県庁通り・いこいビル2

「オジマ」のある県庁通り沿いで見逃せないビルが目に留まった。

まるみを帯びたファザードはグラデーションにネオン。高度経済成長期と繁華街ノリが混ざって魅力的です。

福島・北裡商店街3

中央通りで右折すると、「北裡商店街」という旗が出ていました。狸に似てますが、裡は「うら」と読みます。

北裡(うら)商店街

場末度プンプンの「巴里界」

福島・北裡商店街4 福島・北裡商店街5

只者ではない一画です。これは絶対、前世に何かある! 「巴里界」という店名も租界みたいで玄人っぽい。

福島・北裡商店街6 福島・北裡商店街7 福島・北裡商店街8

他にも、色々引っかかる……

福島稲荷神社

福島・北裡商店街9

稲荷神社を見て合点がいきました。遊郭があった場所でよく見かけます。ここも…?

アールデコっぽい仏具店&斎場

福島・北裡商店街10 福島・北裡商店街11 福島・北裡商店街12

福島だけど「ナニワ」

福島・北裡商店街13

遊郭的な丸窓

福島・北裡商店街14

入口が艶めかしい曲線

福島・北裡商店街15 福島・北裡商店街16

蔦が絡まった雰囲気たっぷりの蕎麦屋

福島・北裡商店街17

わき道にそれても北裡(うら)商店街

割烹万松

福島・北裡商店街18 福島・北裡商店街19

稲荷神社だけでなく、割烹も元遊郭地でよく見かけます。

ラブホテル

福島・北裡商店街20 福島・北裡商店街21

ラブホテルが!?

こんな目立たない場所に? 一応駐車場はありましたが、狭くて車で入りにくいと思う。ラブホテルは大通り沿いに作るもんじゃないでしょうかね? 人目を忍んで入る風味…連れ込み宿だったのかな?

駅から離れた目立たない場所にありながら、若干強気の値段。

北裡(うら)商店街のエリアは広い

そろそろ別の商店街に切り替わるのかな~と思い歩いていると、まだまだ北裡(うら)商店街

現役かは謎ですが、氷屋

福島・北裡商店街22 福島・北裡商店街23

破けたテントの花屋

福島・北裡商店街24

「水虫パン」で有名な「オカザキドーナツ」

福島・オカザキドーナツ25
なかなか見つからなくてウロウロ。「ローソン」みたいな外観…(^_^;)

当時(2023年夏)はグーグルで営業時間が8時30分~になってたので、それに合わせて来たのですが、営業してるような営業してないような…?

でも、入ってみました。が、店内、暗いし、「水虫パン」らしきパンはない。

お店の人に聞いてみると、「この時間は食パンしかありません。他のパンが焼けるのは10時30分頃です」。

欲しいのは「水虫パン」です。痒そうだけど、パンチの効いたネーミングに惹かれていたので、残念見送り(T T)。

現在、グーグルの営業時間を見ると、10時~になってました。

北裡(うら)商店街のエリアは広い②

「オジマ」のオープンまで1時間あります。

とりあえず歩いてないところを歩くしかない!

適当に歩いていたら見覚えのある景色が……

うすき薬局

福島・北裡商店街26 福島・北裡商店街27

2016年の朝、散策した時に出会った怪しげな薬局です。ここも北裡(うら)商店街だったんですね。

怪しげな雰囲気漂う場所は北裡(うら)商店街を疑ってみるのもありですね(^_^;)。

そんな北裡(うら)商店街、あんた一体何者?

北裡商店街は遊郭もあった大人の遊び場だった

時代は江戸時代まで遡ります。江戸時代から明治にかけて、奥州街道沿いにあった北南町には旅籠(はたご)が並んで賑わっていました。ここで旅籠と言っても、宿屋だけではなく「飯盛り女(めしもりおんな)」という遊女が抱えられていたので、遊郭も経営され大人の遊び場として多くの人が訪れていました。

北裡ものがたり(北裡商店街)

北裡商店街のサイトに遊郭の文字あり。

「巴里界」の只者ならぬ玄人感、遊郭だった場所でよく見る稲荷神社、割烹。疑惑(?)の数々が事実だと知る瞬間です。うん、うん、やっぱりね!

…と、欲しい情報を見つけ喜びでホクホクしてサイトを閉じたんですが、もう一度開いてじっくり読み込んでみました。

遊郭があった時代から、娼廃運動や公の遊郭設置、娯楽の街として栄えた時代、現代の北裡。一連の流れが分かります。

北裡商店街は『北裡界隈の中央通りに無いものはない』というほど多くの店が立ち並んだ時代に、商店主たちが協力しあって作られました。

北裡(うら)商店街のエリアが異様に広い&普通の業種でも無駄に艶めかしい(?)理由に納得。

利用金額

スポンサーリンク

コメント

紅茶っちゃ

薬屋ねえ・・・
旧吉原に病院があるように、かつて遊里があった場所には薬屋と質屋もあるんですよね。遊女の御用達だったのか、男性がファイト一発(古い)のものを買っていたのか不明ですが。急に新宿駅東口のアルタ付近を歩いていると「あかひげ薬局」のアナウンスが聞こえて来るのを思い出しました。

エムケイ

>紅茶っちゃさん
>かつて遊里があった場所には薬屋と質屋もあるんですよね。

そうだったんですね!
質屋はなんとなく分かるんですが、薬屋もあるものなんですね。
精力剤とかたしかに需要ありそうですものね(^_^;)。
甲府の歓楽街にも堂々と精力剤を掲げる薬局がありました(^_^;)。
非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター