【昭島】BAR ニュー花屋敷

純喫茶好きの琴線に触れる魅力的なBAR。

昭島・ニュー花屋敷1

BAR ニュー花屋敷

東京都昭島市昭和町2-6-3

「香港」の近くのわき道の新道通りで営業中

昭島・ニュー花屋敷2

ハイビスカスに明かりがついてる。

昭島・ニュー花屋敷3

何度もフラれ、本当にここは開くのだろうか?と思っていたんですが、涼さんから情報をいただき、タイミングを図ってやっと営業中の外観を見て感無量!

中からはカラオケが聞こえてきます。

入りにくい(笑)

私が入っていい店なんだろうか(^_^;)?

店の前を行ったり来たり何度も往復し、やっぱりやめる? 逃げ出そうともしましたが、いえいえダメダメ! ここで入らないと次はいつ入れるか分からない。

「恋人・女性同志でも飲める照度のお店です」

昭島・ニュー花屋敷4

心の拠り所になるお店からのメッセージの看板。

恋人・女性同志でも飲める照度のお店です」という文が面白い。あえて照度を言及するお店は初めてかも(^_^;)。「楽しく歌って飲もう!!」は少しひっかかる。カラオケしないとダメなのかな…。

エイヤ!意を決して入店。

毒々しくキッチュなキャバレーみたいな内装

昭島・ニュー花屋敷5 昭島・ニュー花屋敷6 昭島・ニュー花屋敷7 昭島・ニュー花屋敷8 昭島・ニュー花屋敷9 昭島・ニュー花屋敷10 昭島・ニュー花屋敷11 昭島・ニュー花屋敷12 昭島・ニュー花屋敷13 昭島・ニュー花屋敷14 昭島・ニュー花屋敷15 昭島・ニュー花屋敷16

ひゃあ~超テンション上がる空間。

妖しい紫の光にクラクラ。「花屋敷」の店名に合わせて花があちこちある。造花、花の形の照明、薔薇の模様の床。素敵ですね。

壁にはサイケな模様の鏡、映り込む極彩色の光。ああ、うっとり。こんな内装の純喫茶があったらなぁ…

カウンターにはズラリ並んだ提灯が壮観。提灯の隙間には花束の形をしたライト。「花屋敷」の世界をこれでもかと遵守しています。中にはダンディなマスターが立っている。

カラオケ画面は紫の光に包まれ艶めかしい。

何度もフラれてて入るのは諦めてたけど諦めなくて良かった。こういう空間を求めていたのです(T T)。

なお照度についてですが、暗いが思ったよりも暗くない照度でした(笑)。

昭島・ニュー花屋敷17

このフルーツ盛りのシール、純喫茶でよく見かけますよね。たしか大井町「マロニエ」だったかな。

驚いたのは、店内お客さんで賑わっています。若いお客さんが多い。

カクテルとレーズンバターを注文

フレンドリーな女性(ママさん?)が席に来て、「何にしますか?」と聞かれた。ドリンクメニューは特にないようです、「日本酒以外はあります」と言われ、パッと思いついたのがジンフィズ。レーズンバターも。

昭島・ニュー花屋敷18 昭島・ニュー花屋敷19

この小舟みたいな形のお皿、東中神の「パーラーロータリー」のデザート皿と似てる。同じじゃないかな?

東中神はここから近いし、同じ昭島市だし、もしかしたら同じ地元の業者から購入したのかもしれない。

昭島・ニュー花屋敷20

ジンライムも追加。

「カラオケは歌いますか?」

ママさんから聞かれたのですが、歌わないと答えるとあっさり「歌わないんですね」と戻っていきました。歌わなくてもOK!

カラオケ好きなお客さんが多いようで、途切れることなく誰かが歌っていました。

駅前なので待ち合わせの利用も多い

「お待ち合わせですか?」

ジンライムを持ってきたとき聞かれたんですが、駅前にあるからか女性1人客は待ち合わせで使う人多いそうです。

私、ここに居ていいんだ、と緊張が解けました。

喫茶店と同じで、待ち合わせで使う人がいるんですね。

昭島・ニュー花屋敷21

ジュークボックス。

後期のモデルなのでそんなに珍しくない、とおっしゃってましたが、他では見た事ないのでやっぱり珍しいのでは(^_^;)?

ここからは聞き間違いがあるかもしれないので、大雑把に読んでいただきたいのですが、大変興味深いお話だったので書いておきます。

「花屋敷」をマスターが引き継いで「ニュー花屋敷」になった

「ここはバーです」

元はいかがわしい業態がバー。

(いかがわしく艶美なムードは好み)

昭島は福生が近い。横田基地はお金を持った外国人が多く、昭島でもお金を使う。

なんで都心から離れた中途半端な昭島で、「香港」「ニュー花屋敷」といった艶めかしい雰囲気の飲食店があるんだう?と不思議だったが、なんとなく納得。

昭島南口駅前は現在ロータリーになっているが、元はロータリーはなかった。そこに、かつて「花屋敷」という店名のBARがあった。もし現在でも続けていたら70年になる。

「花屋敷」を閉める事になり、現マスターが引き継ぎ店名に「ニュー」を付けて、「ニュー花屋敷」になった。

レトロなムードを醸し出すためのニューではなく、本家ありきの「ニュー〇〇系」なんですね(笑)!

「ニュー花屋敷」になり40年余になるが、内装は変えていない。

カウンターの棚は花模様(見えなかった)。

マスターの体調などもあり、しばらく休んでいて今日はたまたま開けてる、運がいいと言われました。

やっぱり入って良かった(^_^;)。

利用金額

  • ジンフィズ、ジンライム、レーズンバター 2800円
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター