【浦和】異国茶屋 やじろべえ

浦和西口から。再開発エリアのある県庁通りから離れ、宿場町の風情を残す「裏門通り」にある喫茶店を紹介します。

浦和・やじろべえ1

異国茶屋 やじろべえ

埼玉県さいたま市浦和区仲町2-17-4

これまで存在は知ってたけど好みではないと思い、後回しにしていました。

しかし、いざ実物を目にすると、なんかいい!渋いオーラが入口から漏れ出ていました。

浦和・やじろべえ2 浦和・やじろべえ3 浦和・やじろべえ4 浦和・やじろべえ5

もっと早く来れば良かった!

唯一無二の独特の世界観にグッときます。

深い木。濃い茶系、木の質感が凄い。障子などもあり、外の茶屋風の休憩スペースなど少し和風なんですが、エスニック的な雰囲気もあり、純日本とは言い切れない不思議な感じ。

浦和・やじろべえ6

「異国茶屋」だそうです。日本ではなく異国なんですね。

そう言われると、えっ日本でしょ?と言いたくなる(笑)。

壁際にはズラリと文庫本が並んでいる。文庫本だと長居されちゃわない?それとも、長居歓迎なのかしら?

カウンターもテーブルもポツポツ人が座っています。意外と若いお客さんが多い。

浦和・やじろべえ7

ブレンド珈琲が独特。

平家と源氏。

珈琲の名前が和風です。

平家がマイルド、源氏がストロング。

浦和・やじろべえ8

とりあえずマイルドの平家にしてみたんですが、なんで源氏がストロングなんだろう?

あっ!そうだ!源平の合戦。勝った方がストロング。ところで、勝ったのは源氏でいいんですよね(^_^;)? うろ覚えの知識…違ってたら恥ずかしい…

浦和・やじろべえ9

コーヒーカップは赤い花の絵柄。

普通に美味しかったです。

レジからはママさんがソロバンを弾く音。

ここは、また来ないとなぁ……

利用金額

  • 平家ブレンド 400円

関連記事

スポンサーリンク

コメント

散人

おおー随分前に行ったことある、なつかしい。
入口のガラス戸の「やじろべえ」が迎えてくれるんですよね。
その後何かのCMで向かい合うカップルの背景にハッキリとこのやじろべえが!
制作者が好きな店なんだろうな、と勝手ににんまりしましたっけ(かなり昔のCM)
コーヒーを給仕してくれた時にママさんから、たしか……
「こんな感じの店なんですよ、、、(微笑)」のような一言があって、
迷い込んで戸惑う客とみられたか、キョロキョロしてたのかもしれません。
好奇心そそられるお店ですよね。

エムケイ

>散人さん
行かれましたか~
そうそう、入口のガラス戸の「やじろべえ」が迎えてくれます。
実はこの記事を公開した後、訪問した時ドアが閉じてて、「やじろべえ」のガラス戸の写真も撮ってます。

本棚の上にCMっぽい写真があったけど、それですかね?

>コーヒーを給仕してくれた時にママさんから、たしか……
「こんな感じの店なんですよ、、、(微笑)」

分かる(笑)。そんな感じです。
微笑なんですよね。

奥に囲炉裏があったので、「囲炉裏があるんですね?」と聞いたら、「昔はね、、、(微笑)」でした。

不思議で好奇心そそるお店です。

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター