東金さんぽ(2)素朴な老舗ベーカリー「木村屋」

寂れた東金でも、ここはお客さんで賑わっています。

東金・木村屋ベーカリー1

木村屋ベーカリー

千葉県東金市東金1275
木村屋ベーカリー

せっかく東金まで来たので、「きり株」一軒だけじゃあまりにも寂しい。老舗のベーカリーがある事を知り、足を延ばしてみました。

前回の「百万弗」と「鳥忠」のある細い道をずっと歩き、踏切が見えてきたら右折。

東金・木村屋ベーカリー2

「道の駅」はよく見るけど、「まちの駅」?

東金・木村屋ベーカリー3

天井の上が少し凝っていますが、基本、内装でワーキャー言うタイプの店ではありません。

東金・木村屋ベーカリー4 東金・木村屋ベーカリー5

パンの包装もシンプル。

映えるビジュアルではありません。

東金・木村屋ベーカリー6

ですが、ためしに3個買ってみたのですが、どれも美味しい。一気に食べてしまいました。

パンが好きで東金まで行く方なら、ここは絶対寄るべき。お勧め。

わけあって(?)再び東金に行ったのですが、1回目に買った中でも特に好きだったチーズキューブをもう一回買いました。

サイコロ状のパンなんですが、中にチーズケーキのチーズ部分が入ってるパン。

チーズケーキを食べてる気分になれる。ハマってしまいました。

東金・木村屋ベーカリー7

メロンパンは97年変わらぬ味らしい。97年? 古いと思ってたけど、古すぎる。100年間近じゃないですか!それとも、もう100年経ってる?

「木村屋ベーカリー」は昭和元年創業。1926年なのでまだ100年経ってません。

中身のメロンクリームが美味しかったので、もし3回目があるとしたら、メロンパンとチーズキューブをもう一度買いたいです。

東金・木村屋ベーカリー8

学校給食指定にもなっているんですね。「木村屋」のパンが食べられる東金の小中学生は幸せです。羨ましい!

東金・木村屋ベーカリー9

テープでぐるぐる補修して使ってる看板。

東金さんぽ(2)1

「木村屋」のパンを手に、元来た道を戻ります。田舎っぽい素朴な風景。

東金さんぽ(2)2

名も知らぬ素朴な紫の野花。

東金さんぽ(2)3

これは……?なんか気になる。何がどうというわけではないけど、なんか気になる。

東金さんぽ(2)4

こばた……?ああ、たばこ。

煙草屋みたいですが、右から左に読ませるとは相当古い。

東金さんぽ(2)5

CABINの文字がありますが、もうやってないようです。

東金さんぽ(2)6

後ろは蔵になっています。

前回の「パチンコ百万弗」みたいな分かりやすいパンチはなく、ひっそりと陰の気に満ちてるけど、なぜかなかった事にはしたくない存在感があります。後ろ髪惹かれる煙草屋さんでした。

東金さんぽ(2)7

蔵と言えばこちらも。さっきの大衆酒場「鳥忠」の隣の古い建物。

東金さんぽ(2)8

あらら…ここも飲み屋のようです。しかも廃業してるように見せかけて現役のようです。

東金駅前は寂れ切っていて、どこもやってないと思い込んでいましたが、根強く昔ながらの店が営業していました。

東金・吾妻庵

えっ?ここにも?

行きは見逃してましたが、「百万弗」と「鳥忠」の向かいに渋い蕎麦屋がありました。暖簾が出てるという事は現役!

「きり株」のモーニングから時間が経ってないので、入店は見送りましたが、その後もグズグズ気になって気になって……

利用金額

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター