【八幡宿】NEW アイフル

ファザードには可愛い女の子。

八幡宿・ニューアイフル1

NEW アイフル

千葉県市原市白金町2-35-18

まず八幡宿西口。

初めて八幡宿で降りたときから駅前風景が変わっていません。1階が不動産屋と喫茶店「コア」のビル。かつて2階には「セピア」という喫茶店があり、もう閉店しましたが、一度だけ入った事があります。当時は3階に怪しげなレンタルルームがあったのですが、今はキャバクラになっています(これもまた…)。

途中で何度も小湊バスが通り過ぎる。姉ヶ崎行きのバスと「埋立入口」というバス停。1月に閉店した「ふじね」のある京葉臨海工業地帯の延長線上なのですね。特別レトロというわけでもなく、古いのか新しいのか微妙な街並み。中途半端で無機質なのですが、なぜか市原市の風景は懐かしく切ない気持ちにさせられます。

ニューアイフル」まで駅から遠いので、哀愁の時間が増えます。

八幡宿・ニューアイフル2

女の子をファザードに使うとは、思い切ったものです。

今は無き「ふじね」を始め、五井「マウス」、そして、今回紹介する「ニューアイフル」。千葉県にしては珍しくパンチの効いた外観が市原市には多い。

八幡宿・ニューアイフル3 八幡宿・ニューアイフル4

夜はカクテルハウスになるようですが、さすがに今は深夜1時まではやってないと思います。

八幡宿・ニューアイフル5 八幡宿・ニューアイフル6 八幡宿・ニューアイフル7

80年代後半~90年代のカフェバーみたいな薄暗い店内。

J-WAVEっぽいラジオが流れています。

昼間でも混沌としていて夜寄りの雰囲気。夜が本番なのでしょうか。

2階にも客席がありますが、今はもう使っていない、との事。

マウスシールドをしたママさん登場。

八幡宿・ニューアイフル8

桜エビのうどん

八幡宿・ニューアイフル9

セットで選んだオリジナルスカッシュは、ライムをジンジャーエールで割ったもの。グラスにはハイネケン。やはりカフェバーっぽい。

八幡宿・ニューアイフル10

コースターはジョニーウォーカーのブラックラベル。

トイレに入り席に戻る途中で、レジ前の棚のマッチを発見。

「いただいても?」

八幡宿・ニューアイフル11 八幡宿・ニューアイフル12 八幡宿・ニューアイフル13

「古いマッチで電話番号も古く……」から始まり、

「昔は髪の毛が長かったから…」

えっ?

「私なんです」

ママさんがご自身をモデルにロゴとしてデザインし、マッチにもなり、外観の大きなファザードにもなっている。

只者ではないママさんです。

昔は他にも店があり、会社もやっていたそうです。結構やり手なんですね。

「この辺では一番古い」

果たして本当なのでしょうか? 皆さん、よくおっしゃいますが、実際はもっと古い店があったりしますよね(^_^;)。39年営業してるそうです。

利用金額

  • 桜エビのうどんとオリジナルスカッシュ 1215円

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター