【宇都宮】珈琲館 古城

駅から離れてるのでバスで訪れたのですが、その甲斐あり。素敵な内装でした。

宇都宮・古城1

珈琲館 古城

栃木県宇都宮市中戸祭1-8-15

これまでJRは【宇都宮】、東武は【東武宇都宮】。2駅の距離感を考慮し、タイトルを使い分けてましたが、今回は例外。どちらかといえば東武寄りですが、東武宇都宮から歩ける距離ではないので、【宇都宮】を漠然とした意味で使いました。

「栃木医療センター」という大きな病院がすぐ近くにある。

宇都宮・古城2

「古城」という店名、期待しちゃいますよね?

上野の「高級喫茶古城」からの連想です。実のところ、あの有名な高級喫茶ほどゴージャスではありません。しかしですね、だからといって、こちらの純喫茶が大したことないかというと、それは大間違い! 冒頭でも書きましたが、フラットな気持ちで訪れると、充分ゴージャスですし、見どころはたくさんあります。凄い内装なのは確か。宇都宮純喫茶の代表格だと思います。

宇都宮・古城3

店の前には謎の貝の池(?)あったり…

宇都宮・古城4

味のある喫茶メニューのイラストもあったり…

親しみのわく庶民的なゴージャス、といったところでしょうか。

宇都宮・古城5

「古城」という店名ですから、広くあって欲しい。小さな「古城」ではガッカリです。その期待を裏切らず、それなりの大箱。

窓際に近いテーブル席に座りました。

宇都宮・古城6 宇都宮・古城7 宇都宮・古城8

パーテーションが目隠しになり、他のお客さんが気にならず落ち着けます。しかしそれは純喫茶巡りをする人間にとって弱点にもなる。全体が見渡せないからです。

全体眺めたいですよね?

宇都宮・古城9 宇都宮・古城10 宇都宮・古城11 宇都宮・古城12 宇都宮・古城13

ある程度お客さんが少なくなったタイミングを見計らって、写真撮影の許可をいただき、店の奥(お手洗い)から眺めたのですが、天井が三角というか斜めの船底天井になっていました。

宇都宮・古城14

カウンターも素敵じゃないですか!

宇都宮・古城15

ガラスの綺麗な置物が作り付けの棚の上にズラリと並んでいて、ライトアップされています。

クラシカルなモチーフの模様が入ってるのもポイントが高い。古城っぽい。

宇都宮・古城16 宇都宮・古城17

アンティークな飾りなども。

昭和50年開業。2代目の店主。

客席では店主のお子さんらしき子供が客席でゲームをしていましたし(笑)。

宇都宮・古城18 宇都宮・古城19

お手洗いへはアールの仕切りの奥にあり、壁には「古城」の店名の入った銘板。

こういうのにも弱い!

食事メニューもありましたが、この日は栃木から宇都宮の純喫茶巡りで何軒も回りこちらが締め。ずっと何かを飲み続けてるので、胃袋が液体で常に満たされてる状態。夕食には良い時間ですが、やっぱり飲み物しか入りません。

宇都宮・古城20

いちごみるくフロート。ピンクで可愛い。すごく甘かった。

宇都宮・古城21

お水のグラスの底が凝っている。

宇都宮・古城22

なぜかマッチが無いと思い込んでいたのですが、念のために聞くと大きめのマッチをいただけました。

今回で2015年から2022年まで行ったり来たりする宇都宮シリーズを終えます。

ちなみにこちらを訪問したのは2020年3月。コロナ禍の初期だったのでアクリル板はありませんでしたが、今だとどうなんだろう。店内風景が微妙に違うかもしれません。

利用金額

  • いちごみるくフロート 600円
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター