【気仙沼】太田地区歓楽街跡(1)Y字路

よくこんな所に踏み込んだな、と思う。

気仙沼・太田・歓楽街

運命の岐れ道のY字路。

何度も途中で引き返そうとしたのですが、このY字路を見て、腹を決めました。これまでも、五差路や六差路といった変形した交差点、またはY字路から怪しさが開始したからです。

なぜ引き返そうとしたかというと、このY字路まであまりにも何もなさ過ぎ、ひっそりとし過ぎ。とても歓楽街があると思えないほど、何もなかったからです。人も歩いてませんでした。

結論から申し上げますと、ここは来て大正解!

この記事では、Y字路までいかに何もないかについて書きます。

そして気仙沼編の残りはこの太田の歓楽街散策に捧げることに決めました。それだけの衝撃、価値はあります。興味のない方、そういう怪しい場所が苦手な方はしばらくこのブログに来ないで下さい。予告しましたからね。

ただただ何もない、人も歩いてない

気仙沼・太田・歓楽街

地名が太田になって一番最初に出会った「何か」がこれ。ただの何も書いてない建物ですよ(^_^;)

気仙沼・太田・歓楽街

これ、ただの住宅街では?

都会と違って地方では、よそ者が歩いてるだけで警戒されるので、住人に見られやしないか緊張します。

気仙沼・太田・歓楽街

んっ!? あれは!?

HAMACHIDORI(ハマチドリ)

気仙沼・太田・歓楽街

HAMACHIDORIキターーー!こういうのですよ。求めていたのは(^^)

ダラダラ流していた自転車を降り、さっそくハマチドリの撮影。

ローマ字表記で目一杯背伸びしてオシャレ感を出そうとしてるんでしょうね。関西だと「イキってる」というやつですかね。日本語よりアルファベットの方がカッコイイ。そういう時代のものでしょう。ところでHAMACHIDORI…ハマチドリ…浜千鳥?

2階より上の造形が凝ってますね。

ここまであまりにも何もなかったのでそのギャップで異様にハマチドリに食らいついてしまいましたが、この後に出会うものの衝撃でHAMACHIDORIの印象は秒速でかき消されてしまいました(T T)

気仙沼・太田・歓楽街 気仙沼・太田・歓楽街

何がどうってわけじゃないけど、妙な尖りというか変な増設具合が気になります。

すべてはY字路から始まる

気仙沼・太田・歓楽街

ここで冒頭で紹介したY字路。

右に行くか、左に行くか。もちろん両方行くつもりですが、どちらを先にしましょうか?

気仙沼・太田・歓楽街

ふと右を見たのですが、謎の胸のザワつき。

これは怪しい! 何がどう怪しいのか分からないし、のっぺらぼうなただの壁なのだけど、独特の威圧感というか。理屈ではなく、感じるものがあったのです。この建物は一体?

気仙沼・太田・歓楽街

なあんだ醸造元か…。醸造というと、酒の醸造でしょうか?

なんでも怪しがるのは私の悪いクセです。酒(かどうか分かりませんが)、醸造業は生活に欠かせない産業です。

気仙沼・太田・歓楽街

ただね、そうは言っても、怪しい気持ちは消えたかというと全くそんな事はなく、隣にくっ付いてる、湾曲したような形の建物を見て、ますます怪しい気持ちが大きくなります。

こうやって書くと、無理矢理だと思うでしょ? この後凄いものを見たから、後付けで怪しいだの書いてるんだろう?と突っ込まれそうですが、本当にそう思ったんです。信じてくださいって! 本当に威圧的な独特のオーラを感じたのです。

この先歩いてみようとする原動力になったのは、この得体の知れないがとにかく怪しいと感じる己の嗅覚なのです。

気仙沼・太田・歓楽街

わき道にそれて…まさにブログ名そのままな状況です(笑)。軽く傾斜した右のわき道を進みます。

ふとわき見をしたのです……

しれとこの衝撃

気仙沼・太田・歓楽街

しれとこ!

頭をガツンと殴られたような衝撃。なんじゃこりゃ?

次回に続く。

利用金額

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター