【気仙沼】明るい気仙沼市街地散策

喫茶店まで自転車で向かった。

気仙沼市街地1

気仙沼行きは当日決めたので、場所確認は現地。

レンタサイクルのスタッフのお姉さんに聞くと、地図にマーカーで印をつけてくれ、「この道を左にまっすぐ行ってくださいね」と親切に道順を教えてくれた。

観光客に優しい気仙沼。好印象です。

なぜ自転車を借りたかというと、駅から離れているので時間節約のため。

今だから白状すると、お目当ての喫茶店は1軒だけ。当日朝お店に電話したら営業してると言われ、晴れてるし(前日は台風)。それだけで来たのです。

それ以外……全然考えてない(笑)

旅先での純喫茶巡りに関しては今でもロマンを大切にしているので、行く前から必要以上に下調べしたくありません。しないとは言いませんが、最低限。1軒お目当てがあれば、現地で思わぬ出会いを期待したい。

ねっ!素敵でしょ?

とはいえ、気仙沼、本当にそれ以上何もない可能性もある。

もし他に何もなかったら、さっさと引き返し、一ノ関で純喫茶巡りをしようと考えていました。友人から10月に閉店するラーメン推しの喫茶店があると聞いていたので。

三色やさぐれテント、可愛いお菓子屋「とらや」の看板

気仙沼市街地2 気仙沼市街地3

ちょっと良さげな気になる物件はポツポツありますが、足を止めるほどのものはありません。これは気仙沼2時間コースかな?

ペダルに力を入れて、喫茶店のある市街地を目指します。

西洋文化憧れ全開の装飾が美しい迫力ある建物とスナックブーケ

結構キツいカーブを曲がると、えっ!

気仙沼市街地4

西洋建築もどきの建物があるじゃありませんか! 「もどき」なんて言い方失礼でしょうか? 交差点の角に堂々と立つ美しい建物です。

さすが気仙沼! 三崎港(神奈川県)もそうですが、漁業で栄えた港町には、その繁栄を象徴するようなゴージャス感漂わす西洋建築をよく見かけます。

気仙沼市街地5 気仙沼市街地6

美しいレリーフの装飾。今は景観のためだけに立っているのでしょうか? 装飾は西洋なのに、そばに書かれているのは、味噌、(醤)油の文字。日本の食文化です。右から左に読むんでしょうか。

気仙沼市街地7

足元のタイルも綺麗。

気仙沼市街地8

和洋折衷という点では、グッと俗っぽくなりますが、こちらも。前から見ると洋風のスナック、後ろは和風の木造。

気仙沼市街地9 気仙沼市街地10

こういう頭でっかちの斜めテントは純喫茶でもたまに見ますよね。神田の「ロフト」とか。店名にちなんだ「ブーケ」が入口に飾ってありますが、私の願望かもしれませんが元は純喫茶だった気がします。

気仙沼市街地11

町内商工案内図。昔を知る資料になるので、すかさず写真を撮ります。

(流れ上喫茶店に向かう途中を装ってますが、写真を撮ったのは帰り)

他にも小ネタはいくつかありますが、冗長になってしまうので省略。

八日町①みやげ「山豊」、市役所、マンホール

気仙沼市街地12

ひなびたお土産屋さん「山豊」を発見。

いいじゃないの!この感じ好きよ。これは2時間コースは無理。観念しました。骨を埋める覚悟で、じっくり気仙沼と向き合うつもりです。そう簡単に来れる場所じゃないですしね。

気仙沼市街地13

市役所。

気仙沼市街地14

「八日町」というそうです。

気仙沼市街地15

マンホールの蓋は消防車。たしかに火を消すときに水は使いますが、こういうのはその土地の名物を絵柄にするんじゃないでしょうか?

左:事務機ムサシヤ、右:豊田デザインルーム

気仙沼市街地16

気仙沼に事務機器やデザインルームなんてあるの!? いや、もちろん役所がそばにあるしそういう需要があるのは分かるけど、気仙沼にそういうものを求めていない。漁師的なものだけしかないと思っている(^_^;)。ひなびた漁村というイメージ。気仙沼の何を知ってる?って話ですが、それを望んでいるのです。憧れの気仙沼のイメージ以外は受け入れたくない、見たくないのです。

気仙沼市街地17

たとえば、こんなの。魚モチーフの飾りのついた街路灯。こういうのを求めているのです。

八日町②くるくる喫茶うつみ、酒屋成澤

気仙沼市街地18

ゆるい字体で「くるくる喫茶」。えっ!? 喫茶店!?

気仙沼市街地19

中が丸見え、とてもシンプル。やってる感じがないし、まあ…ね。

気仙沼市街地20 気仙沼市街地21

ファザードが凝って年季の入った酒屋「成澤」。縦長の看板には「なりさわ」とあります。

「くるくる喫茶」と「成澤」の間の道を南下すると、目指す喫茶があるのですが、きれいめ新し目の建物が多く、形は古そうなのですが、渋みがありません。海の近くなので、東日本大震災の大津波で……その可能性は大。迂闊な事は言えません。

人気もない静かな通りを自転車ですいすいーと喫茶店に向かいます。っていうか、そろそろイライラしてきませんか? いつまで「喫茶店」って言ってるんだよ!名前出せよ、という声が聞こえてきます。まあまあ、お待ちくださいね。

珈琲専門店ヴァンガード

気仙沼市街地22

おっ!渋い建物。この通りで初めて自転車を止めました。

「珈琲専門店ヴァンガード」。趣がありますが、生気がありません。東日本大震災の影響で廃業してそのままだと思い、あっけなくスルー。

のちにこちらは現役のジャズ喫茶で、この日は定休日だったという事を知る。私好みの渋くて枯れた風情の茶系の内装写真(おお…)。思い付きで来ると、こういう事もあります(-_-;)

喫茶マンボ

気仙沼市街地23

お目当ての「喫茶店」が見えてきました。まん防の期間でしたし、海の近くなので、魚のマンボウと勘違いしてしまいますが、「喫茶マンボ」。

開店時間から15分ですが、店の前には車。続々とお客さんが入っていくのが見え、私もすかさず入店。次回は「喫茶マンボ」の紹介をします。

利用金額

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター