一ノ関さんぽ(1)山ノ目から地主町

一ノ関には秘めたる「何か」がある。

山ノ目から一ノ関1

それが「何か」はハッキリしていないけど、いつかまた一ノ関には行かなきゃ…。山ノ目から「ロマンス」を経て一ノ関まで歩いて、そう感じたのです。予感というか勘。

今回は前半部。山ノ目から川を越え地主町までを書きます。

山ノ目から一ノ関2

一ノ関は新幹線がとまる大きな駅なのですが、隣の山ノ目は無人駅。田舎っぽい駅舎。「ロマンス」に向かう県道260号線も車こそ走っているけど、長閑。歩道にはさりげない素朴な花。

いつの間にか旅先ではマンホール蓋をチェックするクセがつきました。土地の名産が絵柄になっていたりするので、旅情を感じます。しかしこの鳥の絵は?一関市の市鳥でしょうか?

ヤン坊マー坊・ヤンマーコイン精米所

山ノ目から一ノ関3

ミキサー?

山ノ目から一ノ関4

ヤン坊マー坊天気予報のキャラクター。コイン精米所。近所の農家が田で取れた米をここで精米してるんでしょう。

東京23区では、まず見かけません。田舎っぽさを感じます(^_^;)

おもちゃとスポーツの「チバ文」

山ノ目から一ノ関5

おもちゃ屋は素通りできない件。

おもちゃ屋さんって、私が知る限りほぼ100%昔のまま。それも良い意味でのレトロ。ノスタルジックで可愛くて夢がある。ここは可愛いというより渋いが、やっぱり見てしまう。「チバ文」という、なぜ文で止める?モヤモヤする響きの店名。

山ノ目から一ノ関6 山ノ目から一ノ関7

スポーツ用品も扱っているようですが、アスリート向けというよりは子供向け。学校指定の体操服も扱っているようです。

山ノ目から一ノ関8

このわきが歴史ある街道になっているようです。

あれこれ見たり写真を撮ったり、店先でグズグズしていたのですが、そんな私の姿を見て、店主が登場。「すみませんねえ」と小走りで駈け寄ってきたのですが、その邪気のない親切そうな笑顔から、自分の薄汚さが恥ずかしくなり逃げてしまった。ごめんなさい!

県道260号線沿いのシャッター街

永井商店

山ノ目から一ノ関9

テントに惹かれ近寄ってみたのですが、タバコの窓口以外はシャッター。

この先シャッターが続きます。

山ノ目から一ノ関10

この通りは商店街のようです。アーケードこそありませんが、デザイン性のある街路灯が歩道にズラリ。

UCC COFFEE 一関店

山ノ目から一ノ関11

COFFEEの文字につられたのですが、駐車場にポツンと小さな建物。喫茶店という感じではなさそう。UCCのコーヒー豆の販売所でしょうか?

ロマンチック理容店

山ノ目から一ノ関12

古い商店街には、こんなに必要か?ってくらい理容院、美容院があったりしますよね。実はこの通りにも、ちょこちょこあります。全部写真撮るほどでもないので、気になったものだけ。こちらは入口にロマンティックな照明。

山ノ目から一ノ関13

果たして、ここは本当に商店街なんでしょうか? ほとんどがシャッター、店自体がまばら。

ストライプ模様の装テン

山ノ目から一ノ関14

純喫茶の匂いを感じたのですが、なんのために私は写真を撮っているのか?虚しくなってきました。

美容室&お菓子のことぶきや

山ノ目から一ノ関15 山ノ目から一ノ関16

高島屋

山ノ目から一ノ関17

あの高島屋百貨店とは関係ないと思いますが、念のため。

食事・喫茶 ロマンス(10月末閉店)

山ノ目から一ノ関18

ここまで歩いてきておいて今更ですが、本当にこんな所に喫茶店があるのだろうか。不安になりかけたところで、お目当ての喫茶「ロマンス」が営業してたので感動。

山ノ目から一ノ関19

ラーメン推しの喫茶店なので、ラーメンを食べました。

山ノ目から一ノ関20

西日が強く差し込むドラマティック午後のひととき。

なお、こちらは10月末で閉店しております。

一ノ関まで歩く

「ロマンス」を出たら、外は暗くなり始めていました。もしまだ純喫茶巡りをするなら、山ノ目駅に戻り喫茶店の多い水沢に行くのが正解だけど、水沢もアテになりません。当時(9月)は時短営業の飲食店が多かったので、営業時間前に閉めてしまう店ばかりだったからです。

喫茶店に追われて移動するだけしてフラれ続きは4月の関西で懲りてます。下手に移動するより、今いる一ノ関の街を歩いた方が旅を楽しめると思い、一ノ関まで歩くことに決めました。

昨年3月から長期休業中の超有名ジャズ喫茶「ベイシー」も見ておきたいし。入れなくても構いません。実物を目にすることで、次回の一ノ関遠征の起爆剤になるはずです。

ゆうもあ美容室

山ノ目から一ノ関21 山ノ目から一ノ関22

看板が魅力的!

山ノ目から一ノ関23

女性の髪形は、もしやソバージュ(笑)?

Y字路

山ノ目から一ノ関24

本日2度目のY字路。

気仙沼の緊張感のある岐れ道とは違い健全な雰囲気だったため、どちらを選ぶか悩む必要もなかったため、どちらを選んだのかそれすら覚えてません。

軽食喫茶ひこや

山ノ目から一ノ関25

おおっ!喫茶店?

まったくノーチェックの喫茶店らしき建物を発見。

山ノ目から一ノ関26

本日休業。

山ノ目から一ノ関27

手造りケーキがある軽食喫茶のようですね。「ひこや」のデザイン性の高いフォント、クラシカルなロゴ。

これも次回の一ノ関遠征の候補。

コスモス

山ノ目から一ノ関28

川にかかっている大きな橋を渡ると、ショッピングセンターみたいな建物が見えてきます。

ジャズ喫茶「ベイシー」までもう少し。

ジャズ喫茶「ベイシー(BASIE)」(長期休業中)

山ノ目から一ノ関29

これか!

住宅街に紛れ込む大きな一軒家が、映画にもなり世界レベルの超有名ジャズ喫茶「ベイシー(BASIE)」です。

利用金額

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター