【鴫野】喫茶 すず

天下茶屋から鴫野(しぎの)へ。前日の夜、うっかり見てしまった純喫茶の写真が私を突き動したのです。

鴫野・喫茶すず1

喫茶 すず

大阪府大阪市城東区新喜多東1-4-17

鴫野・喫茶すず2

喫茶 すず

鴫野・喫茶すず3

点々が鈴!

ちょっとドラえもん感がありますが、「すず」だから鈴。こういう遊び心いいですよね。

神戸市の商店街では点々が花の「喫茶すずらん」もありましたし、関西はこうやって濁点で遊ぶ文化があるようです( ̄ー ̄)。
【参考】両方並べたツイッターの投稿「店名による濁点の違い。

鴫野・喫茶すず4

もしや玄関マットも鈴モチーフ? いやいや、それは強引なこじつけですかね(^_^;)。

鴫野・喫茶すず5

日替わりランチが書き込まれた黒板。

ナポリタン、カレー、オムライス、ピラフといった、ポピュラーな喫茶店の軽食ではなく、ワンランク上のお食事。常連のお客さんの健康を考え、栄養に配慮して練り上げたメニューなのでしょう。

鴫野・喫茶すず6 鴫野・喫茶すず7 鴫野・喫茶すず8 鴫野・喫茶すず9 鴫野・喫茶すず10 鴫野・喫茶すず11 鴫野・喫茶すず12

ああ、これは本当に素敵だ!

天井には葡萄モチーフのステンドグラス、窓の凝った細工の格子。片方だけでも充分素敵ですが、両方揃うと神々しい美しさに圧倒されます。

鴫野。初めて来たけど、住宅街なのかな? 駅前は無機質に車が通る大通りだし、味わい深い商店街があるわけでもないし、見どころは特にありません。喫茶店だけで終わってしまいました。

もしかすると、鴫野駅・「喫茶すず」間がピンポイントで面白くない可能性もあります。一歩わき道にそれたら魅力的スポットがあるのかもしれませんが、興味を惹くようなわき道は見当たりませんでしたよ(^_^;)。

必要最小限だけしか歩いていないのに決めつけるなんて、と地元の方からお叱りの声が出るかもしれません。ろくに知りもしないくせに、魅力に乏しいと書くのは勉強不足! 鴫野にはこんな魅力的な場所がある! ちゃんと調べてからもう一度出直せ! 今回は批判をすべて受け入れる覚悟です(^_^;)。

ああ、またもや話がわき道にそれてしまいました。鴫野の町が面白いか面白くないかはどうでもいい事です。要は、「喫茶すず」のためだけに鴫野に来る価値は充分ある、と言いたいだけだけなのです。

「お好きな席へどうぞ」

鴫野・喫茶すず13

どの席に座っても、見上げれば葡萄のライト。

奥に座って全体を眺める?

ロマンティックな女性のレリーフに導かれ、いったんは奥の席に座ったのですが、そうすると窓の格子が少ししか見えない。究極の眺めを優先し、入口に移動したのです。

鴫野・喫茶すず14

整然と並ぶ格子が、神秘的な美しさ。

何をモチーフにしたデザインなんでしょう? レース編みのように繊細で優美ですが、どことなく謎めいてもいる。秘境の地で崇められる呪術的なシンボルにも思えてきます。

この写真だけ見ると、無人ですよね。人気のないガラガラの寂れた喫茶店だと思われるかも、しかし現実はランチのお客さんで賑やかでした。なら、なぜ? この日の大阪は雨の予報じゃなかったのに、突然の大雨。傘を持っていなかったので、動きたくても動けず、雨宿りのために長居を余儀なくされ、ランチのピークタイムが終わった後に撮った写真だからです。

ただ、そうまでして待った甲斐があり、写真は撮れたものの、雨はやまず痺れを切らし雨の中を駅まで猛ダッシュしたんですけどね。お陰でずぶ濡れ(T T)

さて泥臭い個人的な事情はここまで。ランチに話を移します。

鴫野・喫茶すず15

Bランチ・幕の内御膳(780円)

旅先で喫茶店巡りをすると、いわゆる喫茶的な軽食よりも、家庭料理を優先します。邪道? もしかしたら、そうかもね。でも、喫茶店のハシゴが続くうちに、体がこういう食事を求めるようになっていったのです。

メインは焼サバ。黒板に「お楽しみフライ」とありましたが、中身が何だったのか思い出せません。ただ、色んな品を少しづつ楽しめて満足したことだけ覚えています。

鴫野・喫茶すず16

食後のアイスコーヒー(200円増し)。

このアイスコーヒーが驚くほど美味!深く濃く透き通っていて、今年飲んだアイスコーヒーでは一番好きな味。

ロゴ入り伝票&マッチ箱

鴫野・喫茶すず17

「喫茶すず」はロゴを溺愛。

利用金額

  • Bランチ・幕ノ内御膳 780円
  • セットのアイスコーヒー 200円

関連記事

スポンサーリンク

コメント

シンバ

こんにちは~~(*^^*)

おっ~すすさんだ! 今ねぇお気に入りの
喫茶店なんですよ~ここ良いでしょう
私事ですが、喫茶店フォトブックを作りました1号にはすすさんも掲載
させて頂きました、今2号が完成して各喫茶店へお配りした所です
そして~3号を企画中です(非売品ですが受け取ってもらえる方には差し上げてます)
大阪中加賀屋のチロルさんには店頭に1,2号置いて頂いているので自由に観て頂いてます
(*^^*)
あっ、フォーミュラーさんはママさんでしたか、今、見直したら店主が骨折と有りました<(_ _)>すみません

エムケイ

>シンバさん
凄く良かったです。
喫茶店フォトブックを作っていらっしゃるんですね。
大阪にはまた行くことがあると思いますので、その時に手に取ってみます。

あかりのまま

どこを切り取っても美しくて 大阪はすごい喫茶がありますね 目の保養になりました すずとすずらんのフォントも楽しかったです 細かいところに店主さんのセンスの良さが現れますね

エムケイ

>あかりのままさん
そうなんです。どこを切り取っても…なんです。
他のお客さんがいらした所は撮ってないので、まだまだ伸びしろ(?)ありますよ。
すずとずずらん以来、街中の濁点に目が行くようになりました(笑)。
結構★印多いです。
非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター