大阪ミナミの夜さんぽ(3)味園(みその)ビル

味園は「みその」と読みます。

大阪・千日前・味園ビル1

そんな事わざわざ言われなくても、皆さんご存知でしょうね。

しかし私自身が長い間、「あじえん」と読んでいたから、こう書くのです。ただね、私が「あじえんびる」と口にしても、誰もその誤りを指摘しなかったんですよね。恥をかかせないように黙ってたのかもしれませんが、もしかすると相手も関西人じゃなかったので、「あじえん」だと思い込んでいたのかもしれません。

赤と青の円が交わるネオン看板

大阪・千日前・味園ビル2

最大公約数のグラフを思い起させる、高度経済成長期全開のネオン。

(味園ビルの竣工は高度経済成長期の1956年)

一度見たら強く記憶に刻まれる、夢でうなされそうなパンチの効いたデザイン。

実物を見るのは初めてです。味園ビルの古いCMなどネットで見たことは何度もありますが、てっきり昔のもので、今はもうないと思ってました。令和の2021年もまだありました!

大阪・千日前・味園ビル3

きっと場所が悪いんでしょう。隣の建物が邪魔して、近寄れば近寄るほど、欠けてしまいます。

この看板が設置された当時は、遠くからも全体像がしっかりと拝めたのでしょうね。

ユニバース横丁

大阪・千日前・味園ビル4

邪魔をしているのは、「ユニバース横丁」の建物。

「ユニバース」の由来は、味園ビルB1Fにあったキャバレー「ユニバース」に違いありません。

大阪・千日前・味園ビル5

横丁には、スナックや居酒屋が軒を連ねています。

うねる螺旋スロープ

大阪・千日前・味園ビル6

エントランスには螺旋スロープ。

大阪・千日前・味園ビル7

オレンジと緑のどぎつい色彩で、蠱惑的なうねり。

大阪・千日前・味園ビル8

噴水から水が地下に向かって滴り落ちています。

大阪・千日前・味園ビル9

見下ろすとこんな感じ。

大阪・千日前・味園ビル10

向かいのホテル。

大阪・千日前・味園ビル11

アルプスなのに、このアルプス感のなさ(笑)。「HOTEL Hawaii」とかの方がいいと思います。

2F バー・カフェ・ショップ

大阪・千日前・味園ビル12

緑色のエレベーターの扉。こっくりと濃い緑色が、昭和の純喫茶の絨毯を連想させます。

大阪・千日前・味園ビル13 大阪・千日前・味園ビル14

味園ビルのフロア案内板では、2階は「バー・カフェ・ショップ」とあり、それだけ見ると明るくキラキラしたイメージですが、実際にはひと癖ありそうなサブカル感に満ち溢れていました。

おそらく2階を歩くのは初めてです。サブカルは私には敷居が高いんですよね。サブカルな人は私からするとセンスの塊で、カーストの上位に君臨しているように思えます。オシャレな人も多いですし。それがオシャレに興味が薄い私には気後れさせます。

深夜喫茶 銭ゲバ

大阪・千日前・味園ビル15

ここ知ってる! まあまあ有名な店ですよね。

深夜喫茶とありますが、「ジャンセン」とは別物でしょう。純喫茶とは違うんじゃないかしら(ゆえにチェックしてなかった)? それこそ「サブカルの権化」的な印象があり、店主も古着を着こなすオシャレなサブカル青年に違いありません。

大阪・千日前・味園ビル16

感染予防の注意書きがありますが、敷居が高くて入れません(^_^;)。

夕顔楼

大阪・千日前・味園ビル17

キッチュな花柄!

うぅ…可愛い。昭和レトロ好きを狙った「あざとさ」は感じるものの、これはこれで良いんじゃないかしら。昭和レトロ関係なく普遍的な魅力がこの花柄にはあります。ハートをキュンと鷲づかみにされ、握り潰されてしまいましたよ。

看板に花柄のカバーをかけているようです。

大阪・千日前・味園ビル18

夕顔楼! ここも知ってます!

いや~どんな店か知らないけど、名前だけ知ってます。多分インスタの投稿で見たに違いありません。夕顔にも惹かれるし、遊郭的な楼の字も気になる。

大阪・千日前・味園ビル19

残念ながら、こちらも20時まで(金~日)。とっくに過ぎてます。20時を皆さん律儀に守ってますね。

次に関西に来るときは、20時の壁を意識して動こうと思います。

大阪・千日前・味園ビル20

ここもサブカルに違いありませんが、いつか入ってみたいです。その時は頑張ってこの花柄を参考にした服を着ようと思います。

大阪・千日前・味園ビル21

味園ビルに来たのは、目的があります。2階のサブカルなお店ではなく、4階を見ることなのです。

4F ホテル味園跡

大阪・千日前・味園ビル22

因縁のホテル味園。ずっと憧れてて何度も大阪に行く都度宿泊したいと願っていたのですが、いつも予約がいっぱいで、とうとう一度も宿泊することなく閉店してしまいました。

大阪・千日前・味園ビル23 大阪・千日前・味園ビル24

小樽の「コロンビア」と同じ糸状のシャンデリアは健在。

大阪・千日前・味園ビル25 大阪・千日前・味園ビル26

室内写真のパネルも残ってます。なんだかラブホテルっぽい、と思うのは、私の心が汚れているせいでしょうか。

大阪・千日前・味園ビル27

ここから先は立入禁止になっていましたが、なんだか現役時と変わりないですね。きっと部屋の中もそのままではないかと。

現役時のホテル味園(2017.11)

大阪・千日前・味園ビル28

当時は階段の手前の右にマッサージがありましたが、さすがに現在はマッサージの赤いパネルは撤去されていました。

味園ユニバース

大阪・千日前・味園ビル29

キャバレー「ユニバース」はかなり前に閉店し、現在は貸ホールになっている(サイト)そうですが、看板には明かりがついてます(ミス大阪・ミスパールも見習って欲しい)。

大阪・千日前・味園ビル30

堂々たる看板。シャープさとゴージャスさとレトロフューチャー感が凝縮されてて素敵。

利用金額

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター