八日市場さんぽ(2016.05)(2)

前回の記事で「立派で仰々しい建物が残る街道沿い」と書きましたが、こちらを紹介しなければ説得力がありません。

県道16号線の本町通り商店街

新井時計店

八日市場

この完成度よ!

威厳があり、2階のファザードの装飾の美しさには惚れ惚れします。そして、ショーウインドウにズラリと並ぶ白いペンダントライト。純喫茶にあってもおかしくないですよね。

2階は昭和初期とか戦前でしょうか? でも、1階は昭和30~40年頃の高度経済成長期頃っぽい。上と下とで何十年かズレてるように見えます。歴史と勢いを併せ持ち、深みがあります。

とはいえ、実際のところ、正確な時代は分かりません。私のこれまでの経験から、このくらいの年代ではないかと推測しているだけです。

で、そこまで言うなら、なぜしっかりと調べないのかというと、単に面倒というのもありますが、そうやって調べてるうちに自分の直感や考えがいつの間にかどこかに消え、人の意見にすり替わってしまうからです。私がブログを含めネットを見るときに期待するのは、正確な情報を得ることではなく、浅はかで軽はずみにその人の口から出た考えや個性に触れたいからです。ネットなんて魑魅魍魎が渦巻く怪しげなところでいいと思うんですよね。

あ~またもや話がわき道にそれてしまったので、話を戻します(^_^;)。

あれから5年の歳月が流れています。Googleマップを見たら、「閉業」になっていました。しかし、Googleは誤報も多いので、鵜呑みにできません。シレっと営業してる可能性もあります。2019年6月のストリートビューではシャッターがおりた状態で建物が存在。実際の営業状況については、いつの日か地元の方から情報がいただけると信じております(笑)。

前回紹介した「モンテヤマザキ」や「灰吹屋薬局」と同じ通り沿いにあります。

落花煎餅を扱う店

八日市場

仰々しさでいえば、こちらも。わき道へ抜ける角に建つ古い建物。

先ほどの「新井時計店」もですが、2階のファザードの装飾が凝っています。

八日市場

落花煎餅はぶんしんでも扱っていますね。八日市場名物だそうです。

八日市場

表通りよりも、わき道側に引き寄せられる。これは性ですね(笑)。ひっそりと苔むす、小さな庇にときめきます。

きりや旅館と隣の怪しげな何か

八日市場 八日市場

「きりや旅館」という歴史ありげな旅館の隣にくっ付いてる付属品。

人目から隠れるような斜めの柱と、角丸の窓。気になります。

かせ紙文具店

八日市場

わき道に迷いこむ

居酒屋けやき

八日市場

純喫茶ではないか!?  勘違いして小躍りしましたが、残念ながら居酒屋でした。

ただ、店名が純喫茶にありがちな「けやき」。なんとなくですが、元は純喫茶で、それでは儲からないのでアルコールを扱っているうちに居酒屋になったんじゃないかと決めつけています。たしか、三崎港にもこんな感じのスナックがありました。

怪しげなスナック群

八日市場

ここからは更にテンションが上がります。この眺め、期待しますよね!

八日市場

ステンドグラスの嵌ったR窓。

純喫茶としても通用するビジュアルですが、雰囲気的にスナックだと思います。

八日市場

どうやらこちらもスナックのようですが、看板が黒く塗りこめられてるので、廃業しているようですね。

八日市場

「恋射岐」という店名が読み取れます。

というか、当て字の難易度が高すぎて、何と読むのか分かりません(^_^;)?

当て字は純喫茶の店名によくありますが、スナックでも見られます。欲望を刺激する漢字が使われがちというイメージがあります。

八日市場

そして、このスナック群の端にあるのが……

八日市場

「ニューカースル」

県道16号線(本町通り)でも同じ店名の純喫茶らしき建物を見ました。こうやって両者を見比べると、こちらはいかにもスナック、向こうは純喫茶という気がしてきます。やっぱり、あれは純喫茶だったのか?

しかしながら、「ニューカースル」という喫茶店の情報をネットでは見つけることができませんでした。

「割烹寿司 柿岡屋」と「第二松伊マンション」

八日市場

割烹寿司。なにやら艶っぽい響きがします。

八日市場

しかし、私が注目したのは、割烹寿司の隣の古いマンション。縦に走るタイルが素敵です。

八日市場

ロープが張ってあるということは、住人はいないということでしょう。

八日市場

住所が八日市場市になってる!

八日市場は旧市名です。2006年1月23日に匝瑳市になっているので、相当前からこのままの状態だと思われます。それにしても、タイルの色が素敵ですよね。

「大木美容院」に再会

八日市場

おや!また会いましたね(笑)。

八日市場

いくら立派な建物を見ても心は満たされません。わき道で怪しさを補給してこそ散策を満喫できるのです。

その点で八日市場は私をしっかり満足させてくれました。歩き疲れてクタクタ。ここで、締めの喫茶タイムです。

八日市場

店名が読み取れませんが、貸店舗になってる廃業喫茶もありました。

コーヒー&レストラン ブリッジ

八日市場 八日市場

アメリカ人のおやつみたいな甘々のクレープと紅茶で、電車の時間までこちらで休憩。

店内の写真は一枚もありませんが、たしか普通だったような記憶が…(^_^;)。

八日市場

なんだかんだで、八日市場は「ぶんしん」が一番好きです。

駅前喫茶「蘭」

八日市場 八日市場

先日、「ぶんしん」開店10分前にウロウロしてたとき発見した、「ぶんしん」のすぐ近くにある駅前喫茶です。なぜか5年前あれだけ歩きまくったのに、すっかり見落としていました。目と鼻の先なのにね。コロナで臨時休業でした。

利用金額

関連記事

スポンサーリンク

コメント

あかりのママ

ブリッジは 喫茶メニューよりランチのお食事メニューがお得で美味しいですネ

エムケイ

>あかりのママさん
ブリッジは喫茶よりお食事がお勧めなんですね。
非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター