八日市場さんぽ(2016.05)(1)

八日市場の散策は最高。

八日市場1
八日市場駅舎(2021)

八日市場の歴史は分からないけど、おそらく昔、何かの産業で栄えたのでしょう。

立派で仰々しい建物が残る街道沿い、怪しげな飲み屋がある路地。表の顔と裏の顔(?)の両方を併せ持っていました。裏の顔とか書くと、またどこぞの誰かが嚙みついてくるでしょうが、怪しいものは魅力的なのです。そこをお忘れなく。

私の純喫茶ブログは、怪しさを大切にしています。言葉は悪いですが、こっそりと覗き見するようなブログを目指しています。

(最近は段々と怪しさが減ってるので反省。もっともっと怪しくありたいと自らを戒めています)

八日市場2

話がわき道にそれてしまいましたが、今回の記事は5年前に八日市場を歩いたときの記録。

なぜ5年前? つい最近行ったんでしょう? その時のじゃないの?

残念ながら、最新の八日市場訪問では、「ぶんしん」開店前の10分間そこらをウロウロしただけ。ただ考えてみると、5年前にもみっちり歩いてるし、当時の方が街並みは今より充実してるのではないでしょうか。

「ぶんしん」の隣にある中国料理「伊世家」

八日市場3

たとえば、こちらの「伊世家」。いい感じでしょう?

「ぶんしん」とくっついて隣にある立派な中国料理の店で、今流行の町中華よりも高級感があります。ハレの日のお食事の店といった雰囲気。気にはなっていましたが、お腹がいっぱいだったのでスルー。「ぶんしん」が休みだったら、入ったのですがね。

八日市場4

そして、現在の「伊世家」。「伊世家」は「いせや」と読みます。焼き鳥屋みたいですね。こちらの外観、以前の方がいいと思いませんか? 構図が違うので比較しにくいかもしれませんが、正方形で一文字ずつの店名の部分がのっぺりして、面白くありません。

八日市場5

この辺はいじってないようです。駐車場脇のショーウィンドウには、きれいに水仙の花が飾ってありました。

八日市場6

駐車場付き。前回の記事でもコメントをいただけましたが、この辺りは車がないと移動できないので、駅前であっても駐車場は必須なのでしょう。

2016年と現在とで定点観測してるのは、「ぶんしん」とこちらの「伊世家」だけなので、どのくらい八日市場の街並みが変化してるのか実際のところは分かりませんが、きっと他も少なからぬ変化があると思います。大抵は味気ない方面にですが(^_^;)。

八日市場7

ついでですが、「伊世家」の位置から、明治チョコレートの屋上看板だと勘違いし、駈け寄ったら、「明治建材 明治生コンクリート」だったという、ちょっとしたガッカリ写真も載せておきます。これ、勘違いしたの私だけでしょうか?

再び5年前に戻ります。

「ぶんしん」でホットケーキ&コーヒー

八日市場8 八日市場9 八日市場10

当時から危機感はあったんでしょうね。

駅に着くなり即、喫茶店に駆け込みました。全然営業時間に余裕はあったんですが、個人営業の喫茶店って、お客さんがいなくなると、予告なしに早じまいするじゃないですか(^_^;)? 本当は一通り町歩きをしてから、疲れを癒す休憩のために入りたいのですが、疲れてないのに休憩をしました。本来の喫茶利用を犠牲にしても、確実な入店を選んだのです(記事)。

伝票の裏側には「お持ち帰り」の文字があります。現在もテイクアウトを推進してますが、コロナ以前から時代を先取りしていたのですね。古い喫茶店ながら、けっして時代遅れの店ではありません。

八日市場の町歩きを開始

八日市場11

コーヒー&レストラン ブリッジ

八日市場12

少し惹かれる外観ではありますが、「ぶんしん」の直後だったので、歩きたい気持ちが勝り一回はスルー。帰りの電車の時間待ちで利用しました。

八日市場13

「松屋ゴロ店」と読むのでしょうか? いやロじゃなくて□には別の文字が収まっていたのだと思いますが、当てはまる文字が思い浮かびません。

八日市場14 八日市場15

大きな通り沿いが商店街になっていました。なぜか唐突に観音様が立っています。

モンテヤマザキ

八日市場16

お店に入って何か買いました。薄っすらとした記憶では、店内もなかなかレトロだったような…。

八日市場17

灰吹屋薬局

八日市場18

ギリシャ神殿っぽい薬局。素敵です。

シャッター3連発

八日市場19 八日市場20 八日市場21

休みなのか、廃業なのか、これだけでは分かりません。3つ目の「王子屋」という店名が気になる。王子(プリンス)なのでしょうか? それとも玉子の点が取れただけ?

「MAILLOL」(洋品店)のショーウィンドウ

八日市場22

純喫茶っぽい外観の「ニューカースル」

八日市場23

ニューだ!

純喫茶にありがちな「ニュー〇〇系」の店名。「カースル」の意味が分からないけど、純喫茶ぽくて気になりますね。実は、この「ニューカースル」という店名ですが、少し離れた別の場所でも同じ店名のスナックを見かけました。マニアックな店名なので、系列店だと思います。

視力回復、色盲矯正

八日市場24

広告でも見かけますが、効果あるんですかね。成功者に出会ったことがありません。身のまわりで視力回復した人は、全員レーシックです。

亀戸の純喫茶「キャット」的な青と白のテント

八日市場25

すぐに純喫茶と結びつけるのは悪い癖です。しかし、「キャット」の変更前のテントと似てませんか? って、「キャット」は随分前に閉店してるんですけどね。たしか、ここは魚屋さんだったと思います。

日立のロゴの入った電気店

八日市場26

わき道に吸い寄せられる

八日市場27

大きな表通りを正々堂々と歩くのも楽しいですが、わき道の誘惑には抗いがたい。本能に組み込まれてるのでしょうね。たとえ、そこに純喫茶はなくとも…

大木美容院

八日市場28

パンチの効いた美容室です。少し引っ込んだ入口といい、白い縁取りをした窓の形状といい。

辯財天の鳥居

八日市場29

鳥居です。感覚的にですが、艶めかしい歴史のある町には、町中に溶け込むような形で小さな祠や神社などがあるような気がします。

特別に神社マニアではないので、鳥居の写真を撮るのは、何か感じるものがあったときです。こちらは川を渡るような形で参道になってるのが面白いと思いました。

喫茶店「ペルメル」

八日市場30 八日市場31

辯財天のすぐそばにある喫茶店です。ここは駅からかなり離れており、商店街とも外れています。

当時から(今もですが)遠くに行くときは、お店の詳細が分からなくとも、喫茶店がある(あった)場所は一通り見に行くようにしてます。

残念ながら、閉まっていました。それっきり忘れてしまってたのですが、この記事を書くにあたって写真を見ていたら、記憶がよみがえりました。いくらなんでもとっくに閉店してるよね?と決めつけてましたが、まだ現役っぽい(^_^;)。

浅間神社、天神山公園への階段

八日市場32

ここも立地が面白く気になった浅間神社。天神山公園の矢印に惹かれたのですが…

八日市場33

凄いでしょ、この階段? 両脇にはみかんの木。頑張って上ってみましたが、途中で疲れ切って引き返しました(根性なし)。

コーヒーラウンジ 1/2(にぶんのいち)

八日市場34 八日市場35 八日市場36

遠く離れたこちらのお店に行くために体力を温存して向かったのですが……

二分の一というユニークな店名の喫茶店。理由は分かりませんが、この日は閉まっていました。

利用金額

関連記事

スポンサーリンク

コメント

あかりのママ

二分の一は辞めてしまったそうです
店内はなかなかよく料理も美味しかったので残念です

エムケイ

>あかりのママさん
にぶんのいちが辞めたのはいつでしょうか?
googleで最近行かれたという口コミが何件かありましたが……
非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター