【富山】軽食喫茶 ゴールド

富山駅前のボウリング場の2階にある喫茶店「ゴールド」。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド1

「ゴールド」という喫茶店は、たまに見かけます。まあまあメジャーな店名です。

ただ、こちらの場合、ボウリング場の名前が「富山地鉄ゴールデンボウル」。ゴールデンだからゴールドでいいだろう的、安直な発想から生まれた店名(決めつけ)。でも、そのストレートさがいいんです。長く愛される秘訣でもあります。

軽食喫茶 ゴールド

富山県富山市千歳町1丁目1番地 富山地鉄ゴールデンボウル2F
富山地方鉄道株式会社ボウリング

富山地鉄ゴールデンボウル(1972年オープン)

ボウリングブームの最中でもあり、喫茶店ブームの時期とも重なる。ゴールデンとゴールド、W黄金期。高度経済成長期の権化ですね。

1972年6月22日はボウリングの日らしい。そんなのあったなんて、ついさっき偶々知ったんだけど、奇しくもこちらのオープンも同じ年の1972年。まさに時代に愛されたボウリング&喫茶なのです。

ボウリングしたら休憩、だから喫茶。誰でも普通に考えます。上り調子の時代なら、ボウリング場に喫茶店を作るなんて珍しいことではなかったはず。きっと当時は全国に喫茶を併設したボウリング場が、あちこちに作られたことでしょう。

でも今では、ボウリング場に併設する喫茶をあまり見ませんよね。大変貴重な存在です。

だから、富山に行くのです。

では、レポを開始しましょう。

富山駅前の好立地

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド2

建物が大きすぎて全景をおさめることができません。

なかなかに立派で横に長い、要塞みたいな建物です。そして、大きな駐車場。

駅前一等地でこれだけ広大な敷地を確保できたのは、母体が鉄道会社だからだと思います。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド3

「軽食喫茶ゴールド」の名前は、外からでも確認できます。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド4

自動ドアの前には、「軽食喫茶ゴールド」の看板が置いてあります。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド5 富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド6

1階がボウリング、2階が喫茶。

階段の手すりは二重になってるのかしら? 内と外で、チョコレートの紗々みたく繊細にクロスしてて、ここだけ見ても実用性とは別に、お金をかけていることが分かります。気持ちは喫茶へと気がはやるけど、その前に1階のフロアをじっくり鑑賞。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド7 富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド8

この辺はちょっと新しいような気がする。綺麗め…

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド9

下足ロッカー。発色の良い鮮やかなブルーのドア。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド10

ピンクのキーホルダーとのコントラストもいいですね。デパート最上階のレストランの食券を思わせます。といいつつ、憧れてるだけで一度も行ったことはありません(^_^;)。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド11 富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド12

まああ!壁が~!グラデーションのストライプ柄。

青とモスグリーンの二重になっている天井もいいですね。

軽食喫茶ゴールド

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド13

そんな素敵なボウリング場を上から眺められるのが、2階の喫茶「ゴールド」。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド14

ほらね!

普段ガラス張りで丸見えの喫茶店はちょっと…と言ってますが、こちらは丸見えだからこそ!

よく窓の外にある海や山などの景色を取り込むことを借景と呼び、たくさんの喫茶店で採用されてますが、こちらはボウリングのレーンが借景となっております。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド15 富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド16 富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド17 富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド18

結構広いんですよ。

レーンを眺められる席が特等席なのかもしれませんが、外が見える窓際席も開放感があります。

どちらにしようか迷ったのですが、お客さんがいない窓際の方が密にならなくて、良いかなとこちらへ。

この喫茶室、単独でもとても素敵だと思いませんか。

スペーシーな空間。オレンジ色のミッドセンチュリーっぽい丸っこい椅子と、オレンジ色のペンダントライト。そして、それを引きたてる深く青い天井。

さっきからボウリングのことばかり書いてますが、ボウリング併設要素抜きでも素敵な喫茶店です。

日替わりランチのそば飯

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド19

コロナ感染防止で密を防ぐため、飲み物のみは13時以降だとのこと。

元々ランチをするつもりだったので問題なし。ご飯とヤキソバをミックスしたソース味のそば飯をいただきました。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド20

紙ナプキンには、「富山地鉄ホテル」の名前入り。

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド21

ひとつ残念な報告。

かつては球体が連なる海ブドウみたいなライトがありました。階段上に吹き抜けでぶら下がり、華やかで印象的なものでしたが、今はありませんよね? 無くても見どころが多いだけに、ボウリング場を出てから気づいたのですが、あれば発狂寸前で狂喜乱舞したんじゃないかしら? もっと早く来れば良かった。それだけが悔い(T T)

営業時間について

富山地鉄ゴールデンボウル・喫茶ゴールド22

喫茶の営業時間は、ボウリング場とは異なりますのでご注意ください。

私が訪れた当時の営業時間ですが、11時30分~16時(食事14時まで、飲み物のみは13時以降)、定休日は日曜日。現在では変更している可能性がありますが、参考までに。

利用金額

  • 日替わりランチ・そば飯 700円

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター