【魚津】暗闇に浮かび上がる駅舎と駅前風景

ライトアップした魚津駅。

魚津駅前1

この写真だけ見ると、かなりの夜更けに見えますが、まだ夕方5時です。秋は日が暮れるのが早い。夏なら余裕で歩き回ってる時間帯です。

魚津駅前2 魚津駅前3

青、黄色、赤

色が変わる魚津駅の駅舎。贅沢な演出が素敵です。

魚津駅前4

雨で濡れた地面に反射した煌めきを眺めていると、一日が終わったんだ、と物悲しい気持ちになります。

魚津駅前5

駅前の観光案内所。

魚津駅前6

丸窓では海藻がゆらゆら。魚が泳いでいます。

かつて京都に、宿泊先を決めずに行ったことがあります。駅に着いてから観光案内所でその日に泊まるホテルを紹介してもらいました。凄く安くて(3~4千円)、そこそこ良い所でした。

一緒に行った友人が、いつでもどこでも何でも手配してくれるマメな人だったので、すっかりお任せしてたのですが、その時に限ってホテルを予約しなかったけど、何とかなるものですね(京都だから?)。

喫茶店だって、下調べなしに、観光案内所で教えてもらうのもアリかもしれません。

さて、魚津の締めの喫茶に向かうことにしましょう。

利用金額

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター