【本所吾妻橋】茶房 じゅん

やっぱりここはいい。

本所吾妻橋・じゅん1

茶房じゅん

東京都墨田区本所3-5-3

以前にこちらでも書きましたが

「じゅん」は喫茶店に多い店名です。

その割に、そこまで多くない気がしませんか? 思うに、「じゅん」という文字列から、何もイメージできないことが原因ではないでしょうか。ほら、「ブラジル」なら国、「パール」なら宝石、「カトレア」なら花。すぐに頭に浮かぶ。

では、「じゅん」て一体? もしかすると店主の名前なのかもしれませんが、そんな事こっちは知ったこっちゃない。単なる音の響きなのです。残念ながら、いくら入店してもカウントされない、ふわふわした存在。それが「じゅん」。これは店名が持つ宿命ではないでしょうか。

しかし、店名の印象は希薄ながらも、素敵な喫茶店が潜んでいる、それもまた「じゅん」なのです。

本所吾妻橋・じゅん2 本所吾妻橋・じゅん3 本所吾妻橋・じゅん4 本所吾妻橋・じゅん5 本所吾妻橋・じゅん6 本所吾妻橋・じゅん6 本所吾妻橋・じゅん7

本所吾妻橋の「じゅん」にやってきました。

「ブラジルコーヒー」や「フローラ」と共に、本所吾妻橋の喫茶店トライアングルを構成するのに欠かせぬ一軒なのでありますが、駅から微妙に遠いのが玉に瑕。高砂部屋の隣。

鮮やかな黄色のカーテン、ぽってり丸い真っ赤なシュガーポット、ステンドグラスのペンダントライト、高低差のある造り。純喫茶かくあるべし。派手さはないけど、渋くて好き。

4年ぶりの訪問ですが、あの時のままです。

本所吾妻橋・じゅん8

ドアが開けっぱなしですが、これは消毒液と共に、2020年後半の今では、見慣れた喫茶店の風景となりました。

中2階から見下ろす風景も捨てがたいけど、今回は下の席に着席。ここが一番空気が澄んでいるはずなので。

本所吾妻橋・じゅん9

モーニングは7時~11時。種類も豊富で選ぶのも楽しそうです。

しかし、実をいうとね、ここで一度もモーニングしたことはないのだよ(-_-;)。何年か前に狙って訪れたら、臨時休業の張り紙が出ていてね。その後も何度か行こうとしたけど、またフラれるんだろうなというネガティブな思考が頭をよぎり、それ以来ご無沙汰(-_-;)。

なんとなく朝よりも昼フラれる方が、痛手が少ない気がしてる。だからってわけじゃないけど、今回はランチタイムの訪問。

なるべく男性店主

入口にかかってるランチメニューから、ナポリタンを注文。

喫茶店で出てくるナポリタンには2種類ある。私が喫茶店で食べたいのはガツンとくる「昭和喫茶ナポ」なのですが、これまでの経験では、ほとんどが男性店主の店で出てきます。一方ママさんが調理するナポリタンはグルメ志向、オシャレ系というかカフェ飯っぽい。麺がアルデンテのトマトソースひたひたのお上品なナポリタン。いくらそれが美味しいとしても、期待したものではないので、正直なところガッカリします。

信用できる方の口コミなども参考にして注文しますが、事前のチェックが行き届かないこともあり、そういう時は男性店主かどうかで決めます。

幸いなことに、「じゅん」はマスター。男性店主です。

本所吾妻橋・じゅん10

あら、ちょっとソース多目かも?

男性店主はバリバリの汁気の飛んだ麺のはずですが(^_^;)。まあ、こういう事もあるよね。粉チーズたっぷりかけて、無理矢理ジャンクな方向にもっていって、美味しく完食。

本所吾妻橋・じゅん11

食後にはコーヒーを飲みながら、「じゅん」を満喫。

利用金額

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター