【小台】モア(2)

先日、「尾久銀座」の記事のコメントで、昔起きた有名な「阿部定事件」の話題が出たので、そこから遠からぬ西尾久3丁目の喫茶店「モア」についても書いておこうと思う。

西尾久・小台駅前・モア1

COFFEE HOUSE モア (MOA)

東京都荒川区西尾久3-20-6

「尾久三業地」の待合で起きた「阿部定事件」

こじつけだけどね(^_^;)。

「阿部定事件」が起きたのは西尾久2丁目。「モア」があるのは3丁目。都電荒川線の線路を挟んで北か南かの違いもあるし、そもそも最寄りの電停も隣の「宮ノ前」だしね。

ただ、「モア」に初めて入ったときに、そこはかとなく漂う艶めかしさを感じたのは本当。今にしてみれば、「阿部定事件」があった昭和11年当時、そのあたりが「尾久三業地」だったことと関係あるんじゃないかしら?

あ~~~>< つい最近意味を知ったばかりの「三業地」を、知ったかぶって馴れ馴れしく使う、恥ずかしさよ。

料理屋・待合茶屋・置屋(芸者屋)の集まる地を三業地と呼ぶらしい。

ところで、都電荒川線の名前。「東京さくらトラム」とかいう変な名前に変わってたけど、なにあれ? 乗り換えのとき迷ったのでやめて欲しい。

小台駅前「モア」7年ぶりの再訪問

さて、本題の「モア」。

西尾久・小台駅前・モア2

シンプルなようで凝ってる「モア」のフォント。

西尾久・小台駅前・モア3

「小島」さん…店主の名前でしょうか?

今回が2回目(昨年2月の話)。いつも、いつも、そのうち、と思いつつ、何年経った? 初訪問が2012年2月だから7年。きっと変わってるんだろうなあ、とドキドキしながら訪れたら、全然変わってなくてホッとした。

(ただ、後から写真を見比べると、小さな変化あり。7年前は煉瓦模様の装テン)

西尾久・小台駅前・モア4 西尾久・小台駅前・モア5 西尾久・小台駅前・モア6 西尾久・小台駅前・モア7 西尾久・小台駅前・モア8 西尾久・小台駅前・モア9

艶めかしい純な店内はそのまま。

ピンクの花の照明、二重天井、深紅のベルベットの椅子、パーテーション代わりの観葉植物、そして南国感を盛り上げる壁画。何も変わってなくて、本当に嬉しい。

照明の花の飾りが減ってはいるけど、それは前からか……。

あの時のじんわりした感覚が味わいたくて、というのもあるけど、それとは別に密かな下心もあって再訪問している。

椰子の木の前に座ってたおじいちゃん(お客じゃなくてお店の人?)から、「昔作ったマッチを探しておくから、また来て」と言われていたから。その時は「モアレ」という閉店した系列店のマッチをいただいてました。

7年も経ってるから、時効(?)かもしれないけど(^_^;)。念の為。しかし、あの時のおじいちゃんはいなかったし、ママさん的な方からは「マッチ、何それ?」という反応だった。

利用金額

  • コーヒー 420円

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター