【東岡崎】名鉄直結・昭和丸出しの岡ビル百貨店

岡ビルは他の素敵ビルとは毛色が違う。

東岡崎・岡ビル百貨店1

ちなみに、他の素敵ビルとは

モダンだったり芸術的だったりして、「このアールが」とか「このファザードが」とか「このエレベーターのボタンが」といった細部や造形の美を愛でるような美術鑑賞系。高尚な雰囲気すら漂わす。もちろん、それはそれで私も嫌いじゃない、っていうか、むしろ好きだったりするんだけど、岡ビルってそんな感じじゃないよね(^_^;)?

有楽町ビルヂングあたりを思い浮かべて欲しい。

もの凄くカッコイイよね。モダンでスタイリッシュ。誕生したのは昭和だけど、特に昭和限定って感じじゃなくて、時代を超えた美。でも、それって、分かる人には分かるけど、興味のない人にはただのビルでしかない気もする。一方、岡ビルはというと、時代を超えて…ないし、昭和を引きずりまくってる(^_^;)。先日出した「パチンコ桃山」と同類で、昭和丸出し。単純で、ド直球。

でも、そんな岡ビルが私は好き。

岡ビルのド直球の昭和レトロ

東岡崎・岡ビル百貨店2 東岡崎・岡ビル百貨店3 東岡崎・岡ビル百貨店4 東岡崎・岡ビル百貨店5 東岡崎・岡ビル百貨店6 東岡崎・岡ビル百貨店7 東岡崎・岡ビル百貨店8 東岡崎・岡ビル百貨店9 東岡崎・岡ビル百貨店10 東岡崎・岡ビル百貨店11 東岡崎・岡ビル百貨店12 東岡崎・岡ビル百貨店13

ねっ! 分かりやすいでしょう?

ドナルドダックっぽいキャラクター(そのもの?)とか、どこかで見たようなウサギのキャラクターが、最高にいい味出してる。

グラデーションの矢印案内も、いいよね!

パチンコ屋みたいなギラギラしたのも、離れてみると矢印になってる。

だけど、階段を上ると、ガラッガラ!

これみよがしに誘ってきておいて、3階にあるのは「こも」だけ。

隅っこには、立ち入り禁止の階段があった。見上げると、コミカルなタコのイラスト。あれ、4階もあるの?と思って外から見たらやっぱり3階までしかない。屋上行きの階段だったのかもね。あの楽しげなイラストは子供向け。昔は屋上遊園地でもあったのだろうか。

3階はがらんどうだけど、2階は鞄屋、ランドセル専門店、美容室などあって、まだまだ現役の雰囲気。「和笑」という喫茶室もあり、なんだか居酒屋みたいな店名でそそられずスルーしてしまった。以前は別の店名だったよね(中を覗いたら、内装そのまま。居抜き?)。

帰りには、「まいどありがとうございます」のデザインにもキャッキャ盛り上がる。リボンのかかった包装が超ツボ。

ウィキペディアを鵜呑みにしてるわけじゃないけど、まあそう間違ってることもないでしょ。一応正しいと信じて参考にすると、「岡ビルは1958年に完成し、同時に岡ビル百貨店が開業した。1967年に岡ビルの3階を増設し、『キッチンこも』も、この時開店した」。

案の定、高度経済成長期ど真ん中。

勝手に岡ビルベスト2を選出

1位:プレゼント包装の「まいどありがとうございます」

東岡崎・岡ビル百貨店14
これは言うまでもないでしょう。秀逸なデザイン。ペタンと貼るリボンが素敵。

2位:ドナルドダックの3階への案内板兼ドア

東岡崎・岡ビル百貨店15
ドナルドダックっぽい謎キャラクター。もどきか、そのものなのかは不明。なんだか足元がドタバタしてるなあ(アヒルだけに)、と思ってたら、ステンドグラス調のモザイク模様だった。このドアは開くこともあるようです。

おまけ:階段での禁止事項

東岡崎・岡ビル百貨店16
「禁腰掛」が印象深い。

利用金額

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター