【加須】藤の町・騎西の純喫茶巡り

国道122号線をただひたすら南下し、辿り着いたのは騎西(きさい)

加須・騎西1

最寄り駅? そうねえ、強いて挙げると、加須駅。南口の方ね。

でも、この辺に住んでる人は駅関係ないんじゃないかな。車で動いてるはずだし。

加須・騎西2

加須市の一部じゃなくて、独立したエリアという雰囲気の「藤の町 騎西(きさい)」。

野いちご」(久喜市)のある菖蒲と同じパターン?

…と思ったら、ビンゴ。今では加須市騎西になってるけど、2010年以前は騎西町(きさいまち)という独立した町だった。

騎西の街並み

加須・騎西3 加須・騎西4 加須・騎西5 加須・騎西6 加須・騎西7 加須・騎西8 加須・騎西9

静かなシャッター通り商店街。

随分前に廃業したとおぼしき、蔦の絡まるパチンコ屋が象徴的だった。

見どころはあるようなないような……。

商店街散策はほどほどにし、事前にチェックしておいた喫茶店へ。

「モンテヤマザキ」

加須・騎西10

これも喫茶店に入れちゃうの?って突っ込まれそうだけど(^_^;)。

ほら、幸手のケースがあるから。同じ東武だし、まあまあ近いし、純喫茶を併設してる可能性を疑ってみた。

ただ、どうだろう、ここは。ドアがちょっと期待できそうな気もしたけど、閉まってたので、なんとも言えない。

「くるみ」

加須・騎西11

ここは現役。

でも、ドアを開け放っていたものの、13時前だというのに「sorry closed」の札が出てた。随分早く閉まる店なのね。

オレンジハウスの「バスケット」

加須・騎西12 加須・騎西13 加須・騎西14

唯一入れたのが、「オレンジハウス」という飲食店の並ぶ一画にある喫茶店「バスケット」。

窓のレトロなシールとタイルに期待高まり入店したら、生ビールを飲む先客がべろべろに酔っぱらっている。ここ、喫茶店だよね(^_^;)?

でも、まあせっかく来たんだし、とレモンスカッシュを頼んだら、ジョッキで出てきた。量多くて、飲んでも飲んでも減らない!

ママさんが野球好きなのか、阪神グッズがたくさん飾ってあった。

アルコール65%

3月頃からコロナ対策で、喫茶店でも消毒液を置くようになってきた。

こちらには大きな字で「アルコール65%」というラベルを貼った瓶が置いてあった。

(この後すぐ同じ消毒液に出遭うんだけど、その話は次の記事で)

騎西にある日本酒の蔵元「株式会社釜屋」が造った高濃度エタノール製品だということを後で知った。地産地消の消毒液なのね。

加須・騎西15

釜屋は例のパチンコ屋斜め向かいにある。「力士」の看板のところ。

利用金額

  • バスケット:レモンスカッシュ 400円
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター