【下関】名曲喫茶こいぬ(閉店)

下関では、どうしても行っておきたい喫茶店があった。

観光客が多く賑やかな唐戸地区の、歴史ある名曲喫茶「こいぬ」。

下関・名曲喫茶こいぬ1

名曲喫茶こいぬ

山口県下関市赤間町6-7
閉店

私が立てた夢のような計画では、「喫茶リバー」と「喫茶ひぐち」で門司港喫茶の洗礼を受けてから、関門連絡船で悠々と海を渡り、唐戸の街並みをふらり眺めて、開店時間ピッタリに「こいぬ」に入店し、お客のいない空間を束の間貸切、優雅に名曲に浸るつもりだった。

ところが現実は……

「ひぐち」はやってないし、船は乗れてないし、なんでかモーニングを2回食べてるし、「下関市民会館喫茶室」は覗き見するだけで改修中だし、バスを行ったり来たりしながら回り道した挙句、「こいぬ」に着いたのはお昼12時。

全然素敵な感じにはなってないね(^_^;)。

下関・名曲喫茶こいぬ2

でも予定通りではなくとも、「名曲喫茶こいぬ」の素晴しさは本物だった。

下関・名曲喫茶こいぬ3 下関・名曲喫茶こいぬ4

ショパンの『子犬のワルツ』が店名の由来だろうか?

下関・名曲喫茶こいぬ5 下関・名曲喫茶こいぬ6 下関・名曲喫茶こいぬ7 下関・名曲喫茶こいぬ8 下関・名曲喫茶こいぬ9 下関・名曲喫茶こいぬ10 下関・名曲喫茶こいぬ11

喫茶店との最高の出会いは一目惚れだけ。

近場の喫茶と違い、旅先の喫茶は一期一会。後からじわじわ良さが滲み出ることもあるが、基本入った瞬間こそが総て。

「名曲喫茶こいぬ」は一目惚れだった。

写真を見ると、よくありがちなオーソドックスな茶系だが、実物が醸し出すオーラは伊達じゃない。ドアを開けた瞬間、ゾクッとした。

店内は古い喫茶店に特徴的な高低差のある造りで、窓際が半地下になっていた。

しかし、半地下に座るとこここそが1階で、1階が中2階のようにも思えてくる。

ショパンではなかったが、ピアノ曲が迫力ある音量で流れていた。

名曲喫茶だから飲み物しかないと思い込んでたら、食事メニューもあった。

団体の観光客の席に、強面のマスターが鉄板ナポリタンを運んでいたが、とても美味しそうだった。お店に置いてあるガイドブックを開くと、「こいぬ」ではナポリタンが人気だと掲載。

知ってたら2回もモーニングしないで、ここでナポリタンを食べたのに……。観光客のテーブルを恨めしげに眺めながらアイスティーを飲んだ(ピンぼけ写真のため掲載せず)。

私にとっての山口県の純喫茶二大巨頭は、「純喫茶エトワル」(防府)とこちらの「名曲喫茶こいぬ」となった。

残念なことに、「名曲喫茶こいぬ」は閉店してしまった。

唐戸散策

唐戸は下関の中心地。駅からは離れているが、旧下関英国領事館や洋館などが立ち並び、異国情緒漂う一大観光エリア。

下関・唐戸1

名前は忘れちゃったけど、観光名所の波止場(?)。昔行ったことがある「フィッシャーマンズワーフ」(サンフランシスコ)に似てると思った。関門汽船が出るのも、この辺じゃなかったっけ?

下関・唐戸2

光あるところに影あり。寂れた商店街もあった。

下関・唐戸3

これ、最高でしょう? 小粒の電球の縁取りがド昭和なスナックの看板。

下関・唐戸4

脇に書いてあるのは、東小路? 車小路?

下関・唐戸5

ウロコ模様のおもちゃ屋「スズヤ」。

下関・唐戸6

(訪問:2017年04月)

利用金額

  • アイスティー 540円
スポンサーリンク

コメント

枡矢です

ご無沙汰です
ご無沙汰してます。写真の上から4枚目、唐戸ますや前ってところに反応してしまいました。ネットで検索しましたが出てきませんね。なんでしょうかね。ではまた。

エムケイ

枡矢さんへ
お久しぶりです。
数日前、枡矢さんのことを思い出しましたばかりです。
まだ海外にいらっしゃるんですか?

新宿は先週末はガラガラでしたよ。

それはさておき(え?)、「唐戸ますや前」ですが、私もネット検索してみました。
何も出てきませんでした。
結構新しい感じの看板なんですけどね。
ショッピングセンターとかでしょうか?
(なんて書いてたら、どなたか地元の方から情報提供あるのではと少し期待してます)

枡矢です

こんにちは。歌舞伎町クローバー事件ですね。懐かしい。もう7年くらい前ですね。その下の、スズヤって店の写真も、何気に片仮名のマスヤに字の雰囲気が似てて妄想して笑えます。今、帰国中なんですが、海外に戻れず在宅ワークしています。

エムケイ

>枡矢さん
クローバー🍀事件(笑)。
2014年の夏なので、6年前です。
歌舞伎町の暗部にご対面でしたね。閉店してしまいましたが。

歌舞伎町といえばマリエールという喫茶店があり、深夜にCSでちょいちょい放送されるVシネマ(?)でここの喫茶店がよく出てきます。
山内大輔というネットで調べても情報がほぼない監督のなんですが、キャバ嬢とかホストのドロドロを描いたシリーズものでは決まってマリエールが出てきます。
くだらない内容なんですが、結構面白い。
って、どうでもいいですか。

え、帰国中なんですか。
在宅ワークは私と一緒ですね。

枡矢です

こんにちは。このブログも最近は歴史を感じます。暇なとき振り返って読んでます。未開拓は、東北、島根、九州あたりですかね。もう寅さんみたいですね。今、振り返ってみると閉店した日本橋 恵の記事がベストかなあと。人生模様が個人的にお気に入りです。歌舞伎町マリエール、パリジェンヌ、クローバー、あの前の一本の通りを挟んで、伊勢丹方面は男の遊び場、大久保側は女の遊び場、ホストクラブでした。最近はどんどん街の特徴が薄れていきますね。

エムケイ

>枡矢さん
歴史を感じていただきましたか!
嬉しいです。10年以上経ってますからね。

>未開拓は、東北、島根、九州あたりですかね。

ですね。あと、四国の高知もです。大体が車がないとアクセスできない所が残ってます。
車はあれば便利でしょうけど、あればあったらで足かせになることもあり、身軽に動くなら車なしかな(^_^;)?

日本橋の恵の記事がベストですか!
書いた本人がもう内容を忘れてます。
昔の記事は読み返すと、「こんな事書いてたんだ?」と恥ずかしさで勢いで削除したくなることもあるので、見返すのは覚悟が必要です。

歌舞伎町マリエール、パリジェンヌ、クローバー。
クローバーのあのお客は、今ではマリエールかパリジェンヌに行ってるんでしょうね…。




非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター