【木曽福島】くらの屋

木曽福島の駅前には、「いかにも観光客向けの店」が横一列に並んでいる。

喫茶ができる店は?
くらの屋」で、帰りの電車までの時間調整をした。

木曽福島・くらの屋1

くらの屋

長野県木曽郡木曽町福島2012-6

喫茶は2階じゃないの?

木曽福島・くらの屋2 木曽福島・くらの屋3

2Fの案内があるのに、なぜか喫茶席は1階。

木曽福島・くらの屋4

間違った(-_-;)?

なんかお土産屋さんの片隅喫茶っぽい。

でも、椅子とかテーブル、パーテーションは純喫茶そのものだし。ここでいいか…。

木曽福島・くらの屋5

食事メニュー豊富なお食事処的なメニュー構成。

ケーキセットは780円だし、ホットコーヒーが380円。観光地にしては良心的な値段。

木曽福島・くらの屋6

木曽の郷土料理・五平餅もある。

木曽福島・くらの屋7

チリーン♪ 呼び鈴を鳴らして注文。

呼び鈴って、やけに純喫茶っぽいよね? よくよく考えると、呼び鈴がある純喫茶なんてほとんどないんだけど。

木曽福島・くらの屋8

ドン!とガム登場。

木曽福島・くらの屋9

コーヒーフロート

もし、ここで店を出ていたら、「くらの屋」を「くらの屋」として認識することもなく、「いかにも観光客向けの店」で終わり、思い出すこともなかっただろう。

眺めの良い2階の純喫茶フロア

木曽福島・くらの屋10

やっぱり2Fなんだよね。

喫茶しながらずっと「2F↑喫茶とお食事」を見上げていた。黒いレースのカーテンの向こう側が気になる。

木曽福島・くらの屋11

ラッキーなことに、トイレは2階。

木曽福島・くらの屋12 木曽福島・くらの屋13

1階よりこっちの方が純喫茶っぽい!

今はもう使ってないのか、物置状態だったが、片づけたら2~30人の団体客が入れそうな広さ。バーカウンターもある。窓からの眺めも良い。

昔はここも客席として使ってたんだろうね。その時に来たかった! 当時なら、「喫茶純」もやってただろうし、「喫茶すみれ」も……(-_-;)。

木曽福島・くらの屋14

お手洗いの壁と床は、典型的な昭和レトロのタイル。

さようなら木曽福島

木曽福島・くらの屋15

「観光ですか?」

改札の前でぼんやり駅前風景を眺めていたら、観光地には似つかわしくないスーツ姿のサラリーマンから声をかけられた。

「もしよかったら、タクシーチケット貰ってくれませんか?」

4000円分のタクシーチケットだが、期限は明日まで(木曽限定)。名古屋方面から仕事で来て、これから帰るので、このままだと無駄にしてしまうから使って下さいという話。

「使わなければ捨ててもいいですから」

ポンと手渡して、そのまま改札を入って行ってしまった。

惜しい! もっと早ければ、上松の「レオ」の往復で無駄に歩かなくてすんだのに。タクシーチケットを恨めしげに眺めながら、木曽福島を発った。

利用金額

  • コーヒーフロート 580円
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター