店名不明の謎喫茶4店

店名不明の謎喫茶

店名が分からない喫茶店に入ったことはありますか?

私は何度かあった。喫茶店には看板があるはずだし、店名は必須のはずなんだけど、なぜか店名が見当たらない。

ここは果たして本当に喫茶店なんだろうか? そして、入ってもいいのだろうか?

その都度無駄に緊張してきた。店名って、本当に大切なんだと思う。

【参考】純喫茶の店名を10カテゴリーに分類

今回は、そんなつかみ所のない店名不明の喫茶店がもたらすモヤモヤを思い出しモヤモヤする、という企画。とりあえず4店が浮かんだけど、実際はもっとあった気がする。なにせ店名不明なので、記憶から零れ落ちているのかもしれない。

もしかしたら、貴方がこれまでに出会った喫茶店も出てくるかもしれませんよ。一緒にモヤモヤしましょう。

VOL.1 千葉県庁前の謎喫茶

千葉県庁前の謎喫茶

まず1軒目は、じゅんじゅん会でも話題になった千葉県庁前の純喫茶。

訪れたのは5年前、2014年10月4日。

千葉~本千葉の純喫茶をローラーしてて入った、そのうちの一軒。 店内はごくごく普通。ゲーム機のテーブル4台、壁には富士山の写真。

千葉県庁前の謎喫茶

オレンジジュースにはお菓子付き。

帰り際に、「鈴蘭館は閉店した」という話題がお店の人から出た。えっ? ここが鈴蘭館じゃなかったの? 鈴蘭館のつもりで入り、鈴蘭館のつもりで喫茶していたが、鈴蘭館は隣の店だった。

すると、こちらの店名は?

外に出て、植木の陰に置いてあるチモトの看板を確認してみたら、店名の部分は真っ白だった。なお、こちらは現在も店名不明のまま現役で営業。

【参考】店名不明の喫茶(千葉・県庁前) 2019.08(じゅんじゅん会公式写真集)

VOL.2 三崎港にあった珈琲看板のみの謎喫茶

三崎港の謎喫茶

すでに閉店したが、三崎港にあった純喫茶。看板には「珈琲」のみで、店名はなし。店名がないことだけが理由で、入店まで2年かかってしまった。お店に入って席に着き、メニューにて店名「kanro(甘露)」を確認。台風で建物に付いていた店名が取れてしまったのだそう。

【参考】【三崎港】喫茶 KANRO(カンロ)(閉店)

VOL.3 馬橋にある年季の入った謎喫茶

馬橋の謎喫茶

黒ずんだ庇から「里瑠」という店名が辛うじて読み取れる。読み方を尋ねると、「りる」。しかし、それは前のお店の名前。居抜きで入り現在の店名は「コーヒールーム」。えっ? コーヒールームって、店名だったの?

【参考】【馬橋】コーヒールーム(現在の営業状況は不明)

VOL.4 都営住宅の近くの謎喫茶

都営住宅の近くの謎喫茶1 都営住宅の近くの謎喫茶2

都営住宅の近くにある商店街を抜けると、周りの民家にしっくり溶け込む喫茶店があった。

ただ喫茶店とはいっても、看板なし、店名なし。入っていいのかしばし躊躇するが、それでも普通の家ではないのは一目瞭然なので、とりあえず扉を開けてみると、店名入りショーケース。バサッと大きな羽根を広げた鳥のはく製もあった。まるで生きているみたいド迫力。

都営住宅の近くの謎喫茶3 都営住宅の近くの謎喫茶4 都営住宅の近くの謎喫茶5 都営住宅の近くの謎喫茶6 都営住宅の近くの謎喫茶7 都営住宅の近くの謎喫茶8

トイレは花模様の壁紙。少し高くなったエリアに座った。テーブルが完全トーアコーヒー系。椅子は赤のベルベット、背もたれは木製の凝ったもの。

黒衣の女性から、「ホットコーヒーだけですよ」と言われ、ホットコーヒーをお願いすると、遠くから豆を挽く音が聞こえてきた。

サイフォンコーヒー400円。酸味のバランス良くとても美味しかった。

伝票の絵はトーアのおじさん風だけど、よく見るトーアの伝票と少し違うような気もする。「COFFEEは憩いの泉」のキャッチコピー。

BGMはラドリオ系。

黒衣のマダムから外に店名を出してない理由を聞いたが、大っぴらには書けないものだった。週3日限られた数時間のみ営業しているが、その日のお昼頃電話して出なければやっていない、とのこと。50年前に開業し、昔は某女性週刊誌にも掲載された。店名入りマッチ箱も2個いただいた。

訪問したのは2015年2月。あれ以来一度も行ってないので、現在も同じ形で営業しているのかは不明だし、この店の噂はまったく聞かない。

利用金額

  • 千葉県庁前の謎喫茶:オレンヂジュース400円
  • 都営住宅の近くにある謎喫茶:サイフォンコーヒー400円

関連記事

スポンサーリンク

コメント

ビッグムーン

県庁前喫茶
県庁前喫茶はおそらくひまわりと言う名前ではないかとおもわれます。

エムケイ

>ビッグムーンさん
ひまわり。なるほど!
店内にかかっていた向日葵の形の鏡といい、隣の鈴蘭との花繋がりといい。
妙に納得しました。
非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター