【東向島】喫茶・お食事 樹氷

5~6年前に入った喫茶店を再訪問で懐かしむ時間が続いたが、そろそろ見知らぬ初めての店に入ってみよう。

東向島・樹氷

喫茶・お食事 樹氷

東京都墨田区東向島3-13-10

チラッとネットで見た写真に、もしやの期待を抱き、ボウリング場に併設する喫茶店を訪れた。

駅からは、かなり離れていた。

東向島・樹氷

喫茶・お食事 「樹氷」

樹氷なんて、喫茶店の店名では初めて見るけど、もしかして焼酎の樹氷? まさかね…。

階段を上った2階の入口は、喫茶店では珍しい回転扉。

この回転扉がとても重く、両手で体重かけてようやく動いた。

東向島・樹氷

年代が…微妙。90年代ぐらいだろうか。

レトロとして愛でるには、中途半端に新しすぎるような…。

カコーン! 壁を隔てた隣のボウリング場から、軽快な音が響いてきた。

東向島・樹氷

カウンターには、「CAFE ONE'S」。

樹氷だったら、「CAFE JUHYO」なんじゃないの?

そこそこ広い店で、パーテーションの向こう側にも客席が見えた。

どんな感じなのか覗き込んでいると、「あちらはあまり使わないので」と店員さんに言われた。その奥には調理場もあるようだった。

東向島・樹氷

目立たぬ場所にひっそりと、樹氷モチーフのオーナメントがぶら下っていた

東向島・樹氷

造花

東向島・樹氷

ボウリング場と行き来できる階段があった。

東向島・樹氷

こちらは、もう一つの入口。

どうもメインの入口は、こちらのような気がしてきた。あの激重の回転扉では出入りが大変だし、何よりも現役感があった。

東向島・樹氷

レモンスカッシュ

お腹が空いてたし、食事メニューは豊富だったし、他のお客さんは皆食事してるけど、なんとなく無難に飲み物にしてしまった。

東向島・樹氷 東向島・樹氷

喫茶もボウリング場も内部は今風(?)に新しくなっていたが、建物は40年以上は経っていそうな雰囲気だった。

利用金額

  • レモンスカッシュ 470円

関連記事

スポンサーリンク

コメント

ごとう

エムケイさん、はじめまして。
1960年生まれで、中学生まで東向島に住んでいたものです。
アイビーボウル向島は、私が中学生の時に「向島スターレーン」という名称でオープンしました。なので1972年ごろの開業でしょうか。開業50年ぐらいですね。
同時期に玉ノ井の大正通りに「白髭会館ボウル72」もオープンして、週に3回ぐらいはボーリングをしていました。
当時は、玉ノ井駅から線路沿いに歩いて大正通り・いろは通りを突っ切って、さらに鐘ヶ淵方面に入って行くと、あやしい建築物がたくさん並んでいました。
中学生の私には理解できませんでしたが、高校生になったころにそれが何なのかが解りました。
懐かしい思い出です。

エムケイ

>ごとうさん
はじめまして。
こちらのボウリング場そこそこ古そうに見えましたが、1972年頃の開業なんですね。
内部はリニューアルしてる風でしたが、建物は年季が入ってました。

玉ノ井駅
現在の東向島駅ですね。
今でも(何年か前になりますが)そこそこあやしい建築物ありますが、きっと昔はもっとあやしかったんでしょうね。
その時代を見てみたかったです。

ごとう

>エムケイさん
当時はいろは通りよりも、路地裏にあやしい建物が多くありました。
通り沿いよりも、路地裏のほうが取り壊しが遅かったのでしょうね。
私は高校時代の3年間、写真部に入っていたのですが、遠出をして自然風景の写真を撮っていました。
今になって思えば、地元の風景を撮っておけば良かったと悔やんでいます。

エムケイ

>ごとうさん
>路地裏にあやしい建物が多くありました。

やっぱり路地裏にあやしい建物がありがちですよね。

地元の写真……

無くなってその価値に気付くことありますよね。
ある時は当たり前の風景なのですが……
非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カウンター