【岩村田】喫茶 ピエトロ(Pietoro)

商店街の途中で、喫茶店の看板を見つけた。

お馴染みのキーコーヒーのロゴ、掴みどころのない「Pietoro」という店名。そして、小さな矢印。

岩村田・ピエトロ

喫茶 ピエトロ(Pietoro)

長野県佐久市岩村田本町767-1

岩村田・ピエトロ

矢印の方向には、天井が低く薄暗いトンネルのような通路。

岩村田・ピエトロ

あれが、ピエトロね。

「立入禁止」なんてあるけど…。そんな事言われても、今更遅すぎるよ(^_^;)

岩村田・ピエトロ

斜め向かいには、前回紹介した「茶王」もある。

岩村田・ピエトロ

こちらが噂のピエトロ外観。蔦まみれで、なかなかの大物ぶり。

アングラな立地のせいで怪しく感じるけど、コミカルにも見えてきた。窓の上の眉毛のせいかな? こんな感じの毛むくじゃらな犬いそうだよね。

岩村田・ピエトロ

窓から侵入しそうな勢いの蔦。

岩村田・ピエトロ

階段には、「767-1」という謎の数字。

なんだろうと思ってたら、住所の番地と同じだった。

岩村田・ピエトロ 岩村田・ピエトロ 岩村田・ピエトロ

少し狭いかな……。

でも、蔦がからむ店名入りの窓辺は雰囲気抜群だし、独特のアンティークな内装は、ちょっといいかも。

岩村田・ピエトロ

オリジナルの灰皿。もしかして、この自転車に乗ってる人がピエトロなのかしら?

メニューからジュースを選んで頼んだら、「ありません。あるのはコーヒーくらいで…」とのこと。

こういうのも古い喫茶店ではよくある事。メニューにあるものは、全部注文できるわけじゃないんだよ。出せないものも平然と載せてるのが、愛すべき喫茶店の日常風景(笑)。

冷たいものがいいかな。アイスコーヒーを注文。

岩村田・ピエトロ

氷だけ入ったグラスをテーブルに置き、そこに淹れたてのコーヒーをサイフォンから直接注いだ。

岩村田・ピエトロ 岩村田・ピエトロ

灰皿のPietoroキャラを期待したが、残念ながら店名と電話番号のみのシンプルなデザインのブックマッチだった。

利用金額

  • アイスコーヒー 400円
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター