【相川】珈琲の家 カフェ・ド・カトレア

佐渡2日目。

両津から路線バスで1時間かけ、佐渡金山のある相川へ移動。

佐渡喫茶お馴染みのパターン(-_-;)。
外観(色)は微妙だが、中はとても素敵。「カフェ・ド・カトレア」でモーニング。

佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア1

珈琲の家 カフェ・ド・カトレア

新潟県佐渡市相川羽田町67

佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア2 佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア3 佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア4

黒いレースのカーテンが色っぽい、綺麗目な正統派。

店内はそこそこ広く、L字とU字の中間型。カクカクした建物の形にそって、店内も緩やかにカーブしていた。

佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア5 佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア6

天井には、ジグザグの照明。

ギラギラと派手な鏡張りで、そこだけ切り取ればキャバクラだが、全体を眺めると、純喫茶としてまとまるから不思議。とても良い雰囲気。

佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア7

テーブルにはさりげなく生花。

佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア8

メニューがファミレス風のラミネート加工。厳かなクラシック音楽が流れるこの空間には、クラシカルで重厚な革張りのメニューの方こそが相応しい。

あと邪魔なのは、ランチョンマットかな……。引き剥がしたい気持ちを抑えるのにも苦労した。せっかくコーヒー豆を敷き詰めていて素敵なのに、ほとんど隠れてしまっているからだ。

「珈琲の家」を名乗るだけあり、コーヒーの種類は色々あった。場所柄か、「金箔コーヒー」(750円)というコーヒーもあった。他の観光地でも見るけど、なんで金箔なんて食べるの? 美味しいの?

メニューを眺めるのは一つの儀式だが、頼むものはすでに決まっていた。外の幟で見ていたモーニングセットを注文。

佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア9

ザルに乗ってトースト登場。

パン2枚分。マーガリンとマーマレード付き。

佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア10

コーヒーは海のような味がした。

佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア11

ひょいと外を眺めると、窓の下には黒猫。

前日の喫茶店ボヌールを含め、佐渡では猫をよく見かけた。猫は離島によく似合う。

店の真ん中に座り珈琲を飲んでいた男性がマスターだと知ったのは、後から入ってきた常連のお客さんに席を譲り、コーヒーを出した時だった。

「佐和田は地震の被害が大きかったみたいだね。○○さん(個人名)の所とかさあ……」

佐渡は地震の影響は全然ないと思っていたが、少なからぬ被害があったことを、ひっきりなしに喋り続けるお客さんの会話から知った。

佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア12

隅っこに隠れるようにしてひそむ看板を発見。なぜかベルの絵。

佐渡・相川・カフェ・ド・カトレア13

小雨の中、外では朝市が行われていた。

利用金額

  • モーニングセット 600円
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター