【泉岳寺】コモ(COMO)

都心でも、いまいちピンとこない泉岳寺。

平日にすべきだったか? ひとけがなく無機質な街を歩きながら、土曜日に来たことを後悔。

してたら、「コモ(COMO)」は営業中だった。

泉岳寺・コモ(COMO)1

コモ(COMO)

東京都港区三田4-19-23

やってないと思ってたのに。

ドアが家みたいで微妙だけど、この地ではやってることに意義があるのだ。チモトコーヒーの看板を横目に入店。

泉岳寺・コモ(COMO)2 泉岳寺・コモ(COMO)3 泉岳寺・コモ(COMO)4 泉岳寺・コモ(COMO)5 泉岳寺・コモ(COMO)6 泉岳寺・コモ(COMO)7 泉岳寺・コモ(COMO)8 泉岳寺・コモ(COMO)9 泉岳寺・コモ(COMO)10

これは…とても良いよ。

狭いながらも、純喫茶のエキスがギュッと詰まっている。

黒の椅子で統一し、シックでモダンな内装。その椅子はつやつやと光沢を放っていたが、間近でよく見ると、同色の黒の材料で補修の跡があった。

十字架のようなクラシカルな模様のパーテーションも雰囲気あり。

BGMはクラシック音楽。

入るだけで充分だったはずが、良い意味で期待は裏切られた。

泉岳寺・コモ(COMO)11

運良く、窓際の広いソファー席が空いてたので、そこに座った。

もし他の席だったら、狭い店だし、圧迫感あったかもしれないけど、ここだけ天国だった。明るく、広々してるし、お店の人の目が届かない。

泉岳寺・コモ(COMO)12

目の前には謎なディスプレイ。

『おとこの夢』って何? 官能小説のタイトルみたい。

っていうか、本当はその隣の方が重要なんだけど。

LAGO DI COMO(イタリア北部にあるコモ湖)

こちらが店名の由来みたいね。

コーヒーを注文すると、パーテーション越しに豆を挽く音が聞こえてきた。

泉岳寺・コモ(COMO)13

酸味のあるブレンドコーヒー。後からチョコレートも出してくれた。

泉岳寺・コモ(COMO)14

使い込まれたシュガーポット。

泉岳寺・コモ(COMO)15

謎ディスプレイのそばにマッチが1個置いてあった。

ひっくり返すと、壁に飾ってある絵と同じだった。コモ湖は表向きで、本性はこちらにあるのでは?と深読みしたくなるシュールな絵。

ママさんに聞いてみたが、前店主から居抜きで引き継いだときすでにあったもので、ビアズリーの絵ということ、それ以上は知らなかった。

ちなみに元は夏目漱石の長男のお嫁さんの店だったんだって!

外観からは想像できない由緒ある喫茶店だった。

利用金額

  • ブレンドコーヒー 500円

関連記事

書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター