【神栖】ドライブイン丸昇跡地と珈琲専科ラーク

神栖ラスト。鹿島セントラルホテルより西。

知手団地から鹿島神宮行きのバスに乗り、鹿島セントラルホテルで下車。ここから東京までの高速バスは、ほぼ10分おきに出ている。路線バスはあんなに少ないのに!

最後の気力を振り絞り、神栖行きを決めたもう一つのきっかけ「ドライブイン丸昇」の跡地に向かった。

神栖・ドライブイン丸昇跡地1

こちらは小見川にある「24丸昇」の系列店。

街歩き目線では少しも面白みのない県道50号線沿いにある。車がビュンビュン走っているので、ドライブイン的需要は高いはずだが、東日本大震災を乗り越えながらも、2012年に閉店。

神栖・ドライブイン丸昇跡地2

ロープが張ってあり、立ち入り禁止になっているので、これ以上近寄ることはできなかった。中はどうなっているんだろう。敷地内には大きな石がゴロゴロ転がっていた。

小見川の光洋や丸昇の系列店があった場所がどんなところか見てみたい、というのが神栖入りの大きな動機になっているので、目的は果たせ満足。

ついでだから、もう1軒行ってしまおうか。

神栖・珈琲専科ラーク1

珈琲専科ラーク

茨城県神栖市賀2171−19

白十字総合病院の向かいにある喫茶店。病院にお見舞いに来た人や通院の人が利用するのだろうか。夜8時まで営業。

神栖・珈琲専科ラーク2 神栖・珈琲専科ラーク3 神栖・珈琲専科ラーク4

昭和チックな文章。

『憩いと商談』の部分にグッときた。池袋「フラミンゴ」の『皆様のオアシスとして心温まるメロデー』のフレーズを思い出してしまった。

神栖・珈琲専科ラーク5

最後はコーヒーで。

内装は非常にあっさり、すっきり。レジのそばにタバコの自動販売機があり、5種類ほどタバコの見本が並んでいたが、全部LARK。

「昨日の夜、暴走族が大きな音でバイクをふかしていて、テレビが聞こえなかった」というお客さん同士の会話。

暴走族(ぼうそうぞく)!!!!!!!!!!!!!!

さすが全国有数のヤンキー王国・茨城!

利用金額

  • ブレンドコーヒー 350円
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター