【神栖】知手団地を歩く (2) 配水塔と自家焙煎 喫茶ありんこ

団地なのに団地がないな~

そんなことを思いながら、坂を上っていると……。

神栖・知手団地1

鹿島神宮行きのバスに追い越され、給水塔っぽい塔と団地っぽい建物が見えてきた。

神栖・知手団地2

私はこれを給水塔だと思ってるんだけど、googleマップでの表記は配水塔になってた。配水塔と給水塔の違いはなんだろう?

神栖・知手団地3

もしかしたら、これが知手団地?

だとしたら、正直しょぼい。 知手団地入口、知手団地北、知手団地南とバス停まで別にあるくらいなので、松戸市の常盤平団地みたいな巨大な団地群をイメージしてたのに、これだけ?(-_-;)

第一、人は住んでるの? 誰も歩いてないし、ゴーストタウンみたい。

ねこもみ様のコメントによると、昔は団地に住む奥様が通りを歩いていたそう。オアシス、夜のヒットスタジオワタナベ、光洋が営業してたのは、団地ブームの時代だったのかな……。

現在では改修・取り壊しが進んでいるらしい。建物の老朽化と住む人の高齢化。団地の発展と衰退は、純喫茶のそれと大きく重なる。

神栖・知手団地・ありんこ1

昭和53年オープン 自家焙煎「喫茶ありんこ」に到着。

神栖市知手中央4-4-14
営業時間8:30~18:00(17:00頃終わることが多い)
定休日:木曜日

神栖・知手団地・ありんこ2

店の前には車。

神栖・知手団地・ありんこ3

内装は極めてオーソドックスな茶系。

自家焙煎の店だし、ということでコーヒー。

店の真ん中では10人位の団体さんが大宴会。テーブル一杯に食事を広げ、次から次へと平らげる。

「〇〇さん? あの人は70歳だから、まだ若いよ」

…なんて話も聞こえてきたけど、もしや皆さん後期高齢者? にしては、若いし元気だな~(^^;)。すごい食欲。

「米が食べたい。マスター、米ないの? おにぎりとかさあ」なんて無茶な注文も飛び出すも、あっさり通ってしまった。

メニューにはなかったような……。

利用金額

  • ブレンドコーヒー 400円

書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

ねこもみ

ありんこにも行かれたんですね!
私にとって喫茶店のルーツといえばここかもしれません。
昔は両親がここで珈琲豆を買ったりしてて、よく行ってました。
今でもたまに遊びに行ってます。

エムケイ

>ねこもみさん
ブログで見てましたので…(笑)。
ご両親が珈琲豆をこちらで買っていたのですか!
自家焙煎珈琲の店ですからね。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター