【小見川】COFFEE・お食事 マランド

2年ぶりの小見川。

特別な理由があったわけじゃないんだけど、なんとなく来てしまった。ただ、この思い付きは、結果的に後日の行動の起爆剤にもなっている。ではさっそく、小見川のレポを開始。

まずは1軒目「COFFEE・お食事 マランド」から。

小見川・マランド1

COFFEE・お食事 マランド

千葉県香取市小見川813-1

小見川・マランド2

ここまで来ると、最果て感が漂う。実際、銚子のすぐ近くにあるし、茨城県との県境の利根川にも接している。

小見川・マランド3

駅前にイチゴショートケーキの形をした店があった。こんなのあったのね? 前に来たときは気付かなかった。

小見川・マランド4

光洋」は素通り。本当はここでモーニンしたかったが、残念ながら営業時間前。

駅を背に、無駄に広い閑散とした通りを数分歩くと、「マランド」に到着。

小見川・マランド5

朝からいきなり? モーニングじゃなくて、幕の内弁当のメニューが店の前に出てた。

小見川・マランド6

とりあえず他に行き場がないので、「マランド」に入店。

小見川・マランド7

ごく普通の喫茶店の風景。先客はなし。カウンターには、おじいちゃん的マスターが1人。

店内のメニューにもモーニングはなし。朝から何も食べてないから、空腹といえば空腹だけど、この後すぐに、「24丸昇」の自動販売機で食べるつもりだったので、コーヒーのみ注文。

食事に力を入れる店は、コーヒーに自信がないからという先入観を持っていたが、こちらはストレートコーヒーの種類もあるし、期待できるかも? モカを注文。

小見川・マランド8

サイフォン片手にマスター登場。

ああっ! 注いでるところを写真に…と焦る。私の性格だと、それはできない。いつもだと黙ってカップに注いでるところを眺めているだけだが、ここではサイフォンをテーブルに置いていった。

自分でコーヒーを注ぐタイプなのね! こんなの初めて。

小見川・マランド9

かなり使いこんでるのかな? 空になったサイフォンの器具は、薄い茶色に染まっていた。

さてコーヒーはというと…美味しい!

小見川・マランド10

玉子焼きとイチゴもサービスで出てきた。

幕の内弁当の具のおすそ分けなのかな?

利用金額

  • モカ 430円

関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



profile_insta_img

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター