夜の高崎さんぽ

高崎で始まり、高崎で終わる。

行きつ戻りつの日帰り群馬旅の締めは、夜型営業の喫茶店「白馬車」。高崎中央銀座商店街に向かった。

夜の高崎さんぽ1

西口名店街の先だったよね…。

何回も行ってるし、と緑のグラデーションのアーケードを抜け、適当に歩いていたら、思いっきり見当違いな方へ。

夜の高崎さんぽ2

そんな時ほど思わぬ出会いが訪れる。

夜の高崎さんぽ3・喫茶ロメオ

KISSA ロメオ」という謎喫茶。

KISSAって! 喫茶のこと?

実店舗でのKISSA表記を見るのは初めてだった。アカウント名ではよく見るんだけどね(kissa_○○)。

外観はレトロモダンでそそる。と同時に怪しい気配もぷんぷんする(水島のQ的な)。夜だからか閉まってるのか、特殊な営業形態なのか、それともとっくに閉店してるのか。謎。目隠し(?)の植木が枯れてないから、管理はされてるのかな…。

夜の高崎さんぽ4

30分以上夜の高崎を迷いながらウロウロしつつ、なんとか「コンパル」にたどり着いた。時間が遅くて閉まっていたけど、夜の姿もアートしてて素晴らしい。

中央銀座は目と鼻の先にある。

夜の高崎さんぽ5

どーん。

夜は初めてだけど、あんまりいい雰囲気じゃないなあ。行きたくなーい!

夜の高崎さんぽ6 夜の高崎さんぽ7

偏見を助長することを承知で言わせてもらえば、奇声をあげる風体の良くない人もいたし、治安は良くなかった。

夜の高崎さんぽ8 夜の高崎さんぽ9 夜の高崎さんぽ10 夜の高崎さんぽ11

レストラン 三好

レストランというより昭和レトロな食堂。ずっと気になってた店だ。白馬車の前にここで軽く食べておこうか。「おいしい 味 やすい」のキャッチコピーにつられて入店。

うーーん(-_-;)。レトロはレトロ。だけど、あまりにも家すぎるような…。お店の人が全然こちらに気付いてなかったので、そっと店を出た。

夜の高崎さんぽ12

おいそれとは足を踏み入れがたい、オーラが異国の店「焼肉 朝鮮料理 慶州苑」。

夜の高崎さんぽ13

駅前にも「朝鮮飯店 焼肉」という本場っぽいギラギラネオン看板があったけど、高崎って朝鮮料理の店が多いのかな?

夜の高崎さんぽ14

さて、やっと「白馬車」に到着。1階が無料案内所になっている。入店難易度極めて高し。っていっても入るんだけど。

夜の高崎さんぽ15

白馬車店内からの眺め。

夜の高崎さんぽ16 夜の高崎さんぽ17 夜の高崎さんぽ18

少し先には、遺産級の映画館「高崎電気館」がある。

これは素敵! 「STAGE-1」って何? ストリップ劇場みたい。凄い!

そーっと近づいて写真を撮っていると、

「こういうの興味あるの?」と高齢の男性から声をかけられた。趣味が合うと勘違いされたのか、この映画館がいかに貴重かを延々と語られ、中途半端なところで撮影を中断(-_-;)。本当はもっと撮りたいポイントが山ほどあったけど、食事をご一緒しませんかと……。自分で言うのもなんだけど、私を誘うなんて、あんまりいい趣味していない。

利用金額

書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター