【天理】珈琲 ボン

奈良には、ここぞという喫茶店が少ない。

私の目が肥えてしまったのか、元々大物狙いの理想主義者だからか。その両方か。一つ一つの美点を見つけてもガツンと来ない、物足りない、そんな気持ちを抱えたまま2日目を迎えた。

天理・ボン1

珈琲 ボン

奈良県天理市川原城町328

直前に奈良で喫茶店巡りをした友人から、「天理は喫茶店だけでなく街そのものが歩いてて面白い。もっと時間をかけて散策したかった」と聞いていたので、先人の体験を教訓にし、思い切って天理に時間を割くことに決めた。

喫茶店はお勧めされた3軒のみに絞り、天理教のテーマパークともいえる天理を歩きまくることを愉しんだ。

これは正解だった。欲を捨て無心になったのが功を奏したのか、奈良で一番好きな喫茶店にやっと出会えた。

天理・ボン2

COFFEE & PARLOR すぎた」のある天理本通り商店街と別の商店街をつなぐアーチから脇にそれると、大通り沿いに「珈琲 ボン」はあった。

天理・ボン3

珈琲ボン」の下に「手打ちそば」の看板。

天理・ボン4

ショーケースには、ホットケーキなどに紛れ、手打ちそばの食品サンプルが置いてあった。

喫茶店ながら手打ちそばが名物の喫茶店なのである。

天理・ボン5

店内にも「手打ちそば」の貼り紙。

天理・ボン6

稲妻が落ちた。

わあああ~~ いい。本当にいい。

旅先は一期一会。素敵な喫茶店は第一印象で決まる。

というか、それが全て?

ここはいいね。モダン、スタイリッシュ、都会的な素敵さ、ひっそり具合。完璧。

誤解なきように付け加えておくと、ひっそりというのは無音ではなく、その空間で孤独になれるという意味だ。

実際こちらでは音楽が大きめに流れていた。ラジオのようだが、テクノだろうか? お店の人の選曲ではないものの、テクノを流す局を選んでる時点で、お店の人もそれをよしとしている。スピーカーのせいか音も良く、テクノもいいんじゃないの?と思った。雑念からすっかり解き放たれた。

散策で適度にカロリーを減らしていたので、モーニングの分は消費している。

迷わず名物の手打ちそばを注文。

内装は隙がない完璧な素敵さだが、メニュー表にはツッコミ所が多かった。そばが出てくるまで時間がかかっていたので、それまで心の中でツッコミを入れながら、しっかり写真におさめた。

天理・ボン7

メニュー表は左がピンク、右が青。

偶然にも壁のツインのライトの色と同じ。もし狙っての2色だとしたら、お店の人のセンスは相当良い。

天理・ボン8

サンドイッチのミニフルーツを「ケーキのかわりです」。

フルーツサンドをケーキの代わりにするなんて、初めて聞いた。ケーキがない事の言い訳だろうか?

しかし、サンドイッチはサンドイッチだ。

天理・ボン9

なぜかミックスサンドと天ぷらそばの2品の栄養成分の比較表が掲載されている。

ミックスサンドが668キロカロリー、天ぷらそばが372キロカロリー。

嘘~~~! 逆じゃなくて? たしか天ぷらそばってカロリー高いって聞いたことあるよ。それなのに頼む私も私だが。372キロカロリーって、少なすぎない?

天理・ボン10

打つ時間は前10時~&!&

天理・ボン11

天ぷらはサツマイモ、シシトウ、しいたけ等野菜と海老。しいたけが肉厚でジューシー。

蕎麦はさすがに美味しい!

蕎麦通じゃないから味の感想も適当だけど、美味しいは美味しい。喫茶店で蕎麦のイメージはないが、昨年訪問した長野市の「山と渓谷」でも手打ちそばが名物だったし、他の喫茶店でもあったら頼みたいな。

天理・ボン12

蕎麦がある喫茶店の風景も絵になる。


外は天理教の街であることを常に意識させられるが、店内ではすっかり忘れていた。

ところがカウンターに座っていた先客がお会計をし、出るときに私に向かって軽く会釈した。

修験者のような服装で、襟元には「天理教」という文字があった。

天理・ボン13

「電話番号は古いですが」とお断りされた上でいただいたマッチ。

利用金額

  • 手打ちそば 900円
 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: