【歌舞伎町】喫茶 クローバー (閉店)

2014年夏。

当時新宿近辺に住んでたブログ読者の方から、歌舞伎町に「クローバー」という喫茶店があると教えてもらった。内装も80年代風で素敵だとのこと。

歌舞伎町・喫茶クローバー

喫茶 クローバー

東京都新宿区歌舞伎町2-26-7
閉店(2017年頃?)

歌舞伎町・喫茶クローバー

本当だ! レトロで素敵。

歌舞伎町・喫茶クローバー

四葉のクローバーのイラストが入った看板もキュート。

歌舞伎町・喫茶クローバー

午後1時までのモーニングは5種類。600円は少し高いけど、歌舞伎町の他の店に比べたら安い。

店内も外観の想像を裏切らぬ素敵さ。

歌舞伎町の喫茶店ではピカイチ。水玉模様みたいなレースのカーテン、オレンジの椅子。レトロモダンで可愛らしい。

カウンターが半分を占め、窓際にはテーブルが3つ。あまり広くはなかった。

まあテーブルいくよね?

なんとなく真ん中のテーブルにしたのだが、

が、

が……?

!!!!!!!

前のテーブルに座る男性4人組。もろに、その筋の人じゃないか!

いくら朝とはいえ、ここは歌舞伎町なのだった。

内心動揺しながらも努めて冷静を装って、チーズトーストのモーニングを注文。意外にも(?)マスターは丁寧で腰が低く愛想の良い方。

歌舞伎町・喫茶クローバー

アイスコーヒーは普通においしい。

チーズトーストはチーズとキュウリ、トマト。4分の1サイズにカットしたものでおいしい。辛うじてアイスコーヒーの写真だけは撮れたが、カウンターから至近距離で終始こちらを見ている男性がこわく、チーズトーストの写真は撮れず。

どうやら護衛の子分的な方らしい。

まったく隠そうともせずこちらをガン見。ああ……

店は可愛くも客層が可愛くない……。素敵な店なのにまったく寛げない。

テレビではのど自慢。氷川きよしが出てきた。興味はないが思わずテレビを見る。それしか逃げ場はなかった。しかし、すぐに野球に変えられてしまった。ああ……

仕方なしにバックから本を取り出し読書。文字が滑って内容が頭に入ってこない~~~><

ここで救いの神が!

ドアが開き、普通のお客さんが入ってきた! 後光が差して見える。そして私の後ろのテーブルに座り、アイスコーヒーを注文。ああ……助かった。と思ったのも束の間。秒速でアイスコーヒーを飲んで出て行ってしまった。

ここからはもう必死。お店には何の義理もないが、もうさっさと逃げたいけども、あんまり急ぐとマズイと思い、残りのアイスコーヒーをちびちびと時間をかけなんとか飲み干した。ビクビクしながら「ご馳走様」と言い、逃げ出すように店を出た。マスターは最後まで愛想が良かった。


その日のうちに情報提供者のブログ読者の方に、ありのままお礼&報告のメールをした。

「え? あれはエムケイさんだったの?」

なんと、あの秒速でアイスコーヒーを飲み干し出て行ったお客さんはブログ読者だった、という華麗なオチ。

もう1つ。

私と同じ体験をしている喫茶店ブロガーの記事を見つけた。レトロで素敵という絶賛系の口コミばかりでモヤモヤしてたので、爽快だった。

利用金額

  • モーニング 600円

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

こひ

。゚(゚´▽`゚)゚。
激しくウケました、すみません(´ⅴ`)
新宿FACE斜向いの"クール"で味わったアウェイ感を思い出しました。
歌舞伎町は、喫茶店に入るにも心構えが要る町なのでしょうか(;▽;)
(初コメおじゃまいたしました)

エムケイ

>こひさん
笑っていただいて嬉しです。
4年経ってやっとネタにできます。
クールのアウェイ感ですか。分かります。
歌舞伎町の喫茶店は、歌舞伎町の“住人”こそがのびのび過ごせる場所な気がします。

ただクールは、私に限って言えば何回か入ったことありますが、割と平気というか。
ある程度広さがあるからでしょうね。

SHIHO

ただただ怖い体験ですね…(^◇^;)
南橋本『キャビン』のように「◯◯◯の入店お断り」の札をペタペタ貼るお店の気持ちがわかります(*´-`)

4人組だけでも怖いのに、さらに見張り役まで…ヽ(´o`;
動作がぎこちなくなって、目のやり場にも困りますよね…(°_°)

でも、お店の可愛さはちゃんと伝わってきてます☆( ^ω^ )
ブルーのチェック柄のメニュー、コースター、テーブルに椅子…。
閉店は残念ですねぇ(*´-`)

雪翁

1980年頃 歌舞伎町へは よく行きましたが あの頃の歌舞伎町は
平和でしたなあ。

ところで地主恵介さんという人が面白い企画を立てて その一部は本に
なってます。昔のガイドブックに掲載されている 店を訪ねて 営業している
ならば入ってみる というものです。
最近は作曲家のキダ・タロー氏が80年代に書いた大阪の喫茶店訪問記
、保育社のカラーブックスに入っているのですが、チケ MJB などの有名店
から地元密着のお店など 多くが取材されています。
しかし地主さんの訪問の結果 多くが閉店しているのですね。
寂しいですが、この本そのものはアマゾンで買えますので 興味が おありに
なれば 読んでもてください。

大阪の老舗では本町の平岡珈琲店とか 天満の「イトウ」などは
数年前は健在でした。

エムケイ

>SHIHOさん
南橋本のキャビン覚えててくれましたか!
見張役の存在が一番圧迫感ありました。
もし下手な動きをしたら…みたいな。

お店の可愛さは伝わりましか!
そそ、お客は全然可愛くないので、そのミスマッチぶりも良かったです(←無理矢理)(-_-;)。

エムケイ

>雪翁さん
昔のガイドブックではなくとも、数年前(下手したら1年前)に刊行したものでも、それを元に訪れると必ず何軒かは閉店しています。

なので、私はあまり本を参考に訪問はありません。
非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: