• 地元の人はこの辺を旧境町あるいは境地区と呼んでいるようです。 現在所属する市よりも、合併以前の旧町名で親しまれている。それは昔からの住人が多く、古い喫茶店が生き残る土壌とも言えます。 「豆の樹」も素敵なのですが、個人的には東武伊勢崎線の線路と県道312号線の交差する角にある「街角茶論」こそが境町の風景の象徴的存在だと思っています。 「豆の樹」を出た後は、訪問済の「街角茶論」を通り過... 続きを読む
スポンサーリンク

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター