【東村山】珈琲 ポイント

東村山の喫茶店巡り。

3カ月前にぶつっとレポートを終えたけど、なんか物足りない。そう思わない? それもそのはず。肝心な1軒が抜けているのだから。

遅ればせながら、駅から離れた地域密着型の名店「ポイント」を紹介。

東村山・ポイント1

珈琲 ポイント

東京都東村山市久米川町2-48-53

東村山・ポイント2

田舎びた風景。最近は都会の喫茶店にあまり魅力を感じない。辺鄙な場所の喫茶店に惹かれる。

東村山・ポイント2 東村山・ポイント3

駅から軽く20分以上歩いてたどり着いたポイントは、車の往来が激しい通りに面した一軒家喫茶だった。

東村山・ポイント4

サイフォンのイラスト。

東村山・ポイント5 東村山・ポイント6 東村山・ポイント7 東村山・ポイント8 東村山・ポイント9 東村山・ポイント10

あまりにセンスが良くてビックリ!

ある程度期待していたけど、これ程までとは……。

強い陽射しがあぶり出す「珈琲専門店」の文字。

珈琲専門店ポイントでもポイントでもなく、ただの珈琲専門店。ドアに店名を記さない姿勢にストイックさを感じた。眩さと素敵さにくらくらしてきた。

近くの野山で摘んできたのだろうか。野趣あふれる花がセンス良く飾られている。

東村山・ポイント11

カウンターも必見。

東村山・ポイント12

さすが「珈琲専門店」。

ストレートコーヒー各種を揃え、種類ごとに名前を明記したコーヒー豆がずらっと並んでいる。その下にはそれぞれ受け皿がある。こんなの初めて見た。内装だけじゃなくて、珈琲も本格的だった。

こうやって見ると、マンデリンやジャマイカは色が濃い。濃い色ほど苦みが強い傾向があるとママさんが教えてくれた。

ママさん? そうママさん。なんとなくコーヒーにこだわってる男気系はマスターの印象があるが、こちらは80代のママさんが営んでいる珈琲専門店だった。

ジャマイカの右には、「ポイント」、「キング」、「クイーン」という3種類のブレンドが並んでいる。

ポイントがお店独自の配合、キングが男性向け(濃い)、クイーンが女性向け。

この時は随分こだわった店だな、くらいしか思わなかった。しかし、後に大阪にもこのようなスタイルの喫茶店があることを知る。店名を冠したブレンド、キング、クイーンの3種。そして、コーヒー豆の並ぶ風景がそっくり同じ。

東村山・ポイント13

大阪味香久(みかく)物産。ママさんは大阪出身で、こちらからコーヒーを仕入れている。

同じスタイルの大阪の喫茶店も、同じ会社から仕入れてるのではないかと思われる(おそらく)。

東村山・ポイント14

ポイントブレンドは、あっさりスッキリ飲みやすい味。

同行者はキング。濃いのは覚悟してたが、あまりに濃くて飲めない。ということでミルクをお願いしたら……

東村山・ポイント15

どーん。好きなだけ入れてくれということらしい(笑)。

東村山・ポイント16

こちらには、「パワーサンド」なる謎のオリジナルメニューがある。

ドドメ色さんの不朽の名作『喫茶店の謎メニュー』にも掲載されている。世間をざわつかせた有名な作品だし、これ以上有名になったら大変なので、ここではあえて紹介しない。

もちろん私も頼んでみた。

東村山・ポイント17

パワーサンド(450円)

これで一人前。一度1人で訪問したときは、「量が多いから」という理由でハーフで出てきた(半額の220円)。

東村山・ポイント18

中身はお餅。まさにパワー。素晴らしいネーミングセンス。

東村山・ポイント19

食べ終わった頃、「どうぞ」。QBBチーズと最中の差し入れ。

※最中はたまたま。チーズはいつでも出てくるらしい。QBBチーズは大好物なので嬉しい。プレミアムベビーチーズ贅沢アーモンドは常に冷蔵庫に常備。

お会計したら、2人分で1000円だった。えっ? 1350円じゃなくて?

どこにも表示はなかったけど、モーニングなんだそう。

東村山・ポイント20

送り仮名の「り」がツボ。

東村山・ポイント21

利用金額

  • ブレンド珈琲とパワーサンド2人分 1000円(モーニング)

関連記事

書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

coffee sugar

律儀なお店
こんにちは。いつも楽しく拝見しております。

見事な茶色ですね~!床も壁もカウンターも。
私の大好きな色が充満しております(笑)
丸い椅子の、ケーキを切り分けたような模様も素敵です♬

ポイント、キング、クイーンのブレンドにはそれぞれ「当店配合」ときちんと表記されていますね!なんとも律儀です。
そしてバラ売リの「リ」。こちらも後から丁寧に書き加えられたようで、とても律儀ですね。

でもどーんとミルクが出てくるところはおもしろいですね(笑)


さて「大阪味香久物産」。私は初めて聞きましたが、少し気になったので検索してみたら、数ヶ月前に私が大阪市内を散策していた時にたまたま出会って入った喫茶店、その名も「珈琲専門店 味香久」が出てきました。

こちらのお店のひさしにも、やはりサイフォンが見えますよ♪♪

詳細は分からないんですが、「味香久」は喫茶店と豆の販売、その両方をされているのかも知れませんね。

いずれにしても、大阪出身の80代のママさんが、今もなお東村山でお店をされているということがとても嬉しいです。

色とりどりの花も、艶めく店内の雰囲気もいいですね。
ママさんの品の良さが感じられます。

次回のブログも楽しみにしています☆☆☆



blackcoffee1964

こんにちは。
エムケイさんの七不思議(と勝手に命名)のひとつだったのが、何故に「ポイント」の記事が無いのか?でした。
やはりとっておきでしたか!

私も「ポイント」に行くためだけに午後半休取ったのですが、本当にどこの駅から行くのが一番近いのか悩みました。

パワーサンドはネットで見かけていましたが、遠慮しちゃいました。ハーフがあったのかぁ〜

エムケイ

>coffee sugarさん
良い茶系空間です。
丸い椅子のケーキを切り分けたような模様…(笑)。
いい表現です、なるほど。

大阪には「大阪味香久物産」の珈琲を使ってる喫茶店は多いのよ、とママさん言ってましたが、大阪でもそんなに多くないですよね(笑)?
何度も大阪行ってますが、私はまだ出会ったことないので。
「珈琲専門店 味香久」なんてあるんですね!
豆の販売と喫茶の両方やってるんでしょうね。関西に多いダートコーヒー、東京近郊でたまに見るトーアコーヒーとかと同じで。

エムケイ

>blackcoffee1964さん
ポイントの記事がないのが七不思議(笑)。
そういえば以前、「エムケイさんはいつブログを書いてるんですか?」と聞かれましたが、あれも七不思議の一つでしょうか?
ポイントはもっと早く書くつもりでしたが、カウンターの件が出てきたり、令和の対応やらで時間がなかったりで遅れました。

パワーサンドは自動的にハーフが出てきて、半額になってました。ありがたいことです。

ここは駅から遠いですよね。
たまにどこの駅からも遠くて行くのに苦労する店ありますね。
西川口とか蕨にそんな喫茶店多いです。
道○る○とか…(笑)。
あそこまで苦労して行った挙句、「本日休業」になってしまいましたよ。

ねこもみ

田舎にぽつんとある喫茶店、私も大好きです。
というか、田舎に住んでいるため地方の喫茶店ばかり探してしまうのですが(笑)

パワーサンドはすごいボリュームですね。
おもちとパンの組み合わせってなかなか無いですし、読んでいてお腹が空いてしまいました…!

わ!
ご無沙汰しております。
こちらが、例の・・・!と思いながら拝読しておりました。
正しく、見覚えのあるカウンタの光景です。
出会うたびに、店名を冠したブレンドをいただいていましたが、
そんなに濃いのかと、キングが気になりだしました。
次の機会には飲んでみようと思います~。

エムケイ

>ねこもみさん
同じく田舎にぽつんとある系お好きでしたか!
都会だとひたすら内装の充実具合のレベルのみ着目してしまいますが、田舎系はすでにそこにあるだけでプラス50点くらい加味されてるので有利です(笑)。

ポピーなんて元々レベル高いので、とても感動しました。

最近では陸の孤島、寂れた元炭鉱町、離れ島に惹かれております。
(神栖もここに含まれます・笑)

エムケイ

>涼さん
こちらが例の・・・です。
見覚えあるカウンターの風景ですよね。吹田市のユキ(笑)。
寺田町の花園の記事をもう一度じっくり眺めていたら、ドアの横に大阪味香久物産株式会社のカレンダーが貼ってありましたね(^_^;)。
あと、ケーキの切り分け模様の丸椅子もあったり。
大阪味香久物産は豆を卸してるだけでなく、喫茶店家具の斡旋なんかもしてるのでしょうか。
店名を冠したブレンドは各店ごとのブレンドだと思いますが、キングの濃さも店ごとに基準があるのかどうか。
ぜひお試しを。

非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。
当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター