• 埼玉県民の日、幸手に行った。 なぜなら、記念フリー乗車券が発売されるから。埼玉県限定だが、東武線も一日乗り放題で470円。幸手なら十分元が取れる。そんな卑しい計算をしつつ純喫茶に向かった。数こそ多くはないが、幸手には珠玉店が2軒あり、嬉しいことにタイプが逆。 先に訪れたのは、枯れた味わいが魅力の「モンテヤマザキ」。... 続きを読む
  • これは何かの暗示なのか、それとも偶然か。 西所沢「喫茶 ボンボン」を3年ぶりに再訪問。この日西武池袋線に用事があり、ああそういえばと思い出し、急に行きたくなったのだ。ただ運悪くも人身事故が発生。途中駅で足止めを食らい、予定時間を大幅に過ぎ、着いた時すでに夕方近くなっていた。... 続きを読む
  • 喫茶店を訪れる際、気負いすぎ、期待すぎがいかに良くないか、旅から戻るとつくづく思い知らされる。 この日とある方から教えていただいた純喫茶を訪問するために志木に来たが、残念ながら休み。そこで万一のため調べておいたもう一軒「プーポ(POOPO)」へ。 あまり考えずに来たからか、いい店だなあと素直に思った。... 続きを読む
  • 新田駅前の「ツネ」。 ここもまた大箱。ただし、これまで私がオオバコ、オオバコ騒ぐ、ハリボテのようなインチキ臭い貴族趣味に対して、シックな本物志向。正直言うと、いくら悪趣味であれどゴージャスで、過剰な装飾・照明でギラギラやってくれる方が好きだ。 ところがいざ入店すると、まったり落ち着ける居心地の良い店だった。願わくば地元に欲しい店。... 続きを読む
  • 私の食いつきがやたら良いのは、パーラー。 70年代の雰囲気で可愛らしくキッチュ。勝手にそんなイメージを抱いている。己の願望を重ねているだけとも言えるが。 武里駅前「珈琲パーラー ジョイ」。ここも割とイメージ通り。... 続きを読む
  • 埼玉の情報が薄い。 当ブログの弱点を知ってか知らずか、とある方から、東武線に特化した純喫茶一覧を頂いた。路線図、地図付き、営業時間・定休日付の優れもの。有難く活用させていただいた。 ただ、そっくりルートをなぞるだけというのも、あまり面白くない。自分なりに調べた店も織り交ぜてみた。その一軒が日進「コーヒーショップ マロ(maro)」。... 続きを読む
  • 「無休だけが売りだから」 その言葉を思い出したのは、蕨の喫茶クラウンを出、京浜東北線に乗ってすぐのこと。 西川口は蕨の隣駅。考える間なしに脊髄反射的に下車。「珈琲専門店 アルマンド」へ向かった。... 続きを読む
  • 和歌山編・最終回の前に、埼玉県の純喫茶。 蕨駅東口より徒歩数分「喫茶 クラウン」。偶然にも、和歌山の純喫茶も同じくクラウン。 どちらも際立って凄い純喫茶だが、完全にテイストが違うので、双方の違いを楽しみながら、読んでいただきたい。... 続きを読む
  • 待夢と書いてタイムと読む。 昭和の純喫茶お得意の当て字ですね。友路有でトゥモローと読ませる、難問奇問な当て字もありますが、待夢はすんなり読める。素直である。うっかり当て字だということを忘れてしまうほどに。 語呂が良いのか、字面が良いのか、それなりに人気らしく、たまに待夢という店名の喫茶店を見かけます。今年だけでも、すでに2軒の待夢に入りました。 今回は、埼玉県行田市の「喫茶 待夢」。桜... 続きを読む
  • 浦和西口の「エビスヤ」はホットケーキが人気の喫茶店である。 もちろん私もホットケーキ狙い。 一度だけ3年ほど前に行ったことがある。『散歩の達人』を見て。ホットケーキが美味しい喫茶店として紹介されていた。... 続きを読む

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: