• 大衆食堂にも惹かれる。 ときには純喫茶以上のケースも。仮に、リフォーム済の完璧ピカピカCafe的小奇麗系純喫茶だったら、昔からの雰囲気をそのままに留めた食堂の方がよっぽど純喫茶気分に浸れる。 たとえば、武蔵新田にある「群馬食堂」。... 続きを読む
  • 江戸川区もアクセス悪し。 今回訪れたのは、東京の端にある篠崎新町商店街。千葉県がすぐそこというギリギリの境目にある。都営新宿線一本なので電車だけならさほどの不便はないが、とにかく駅から遠い。瑞江と篠崎のほぼ中間に位置。 正直こんな面倒な場所には行きたくないのだけど、この商店街に行きそびれた純喫茶が1軒があったので、20分かけて瑞江から歩いた。... 続きを読む
  • 威勢が良いのは最初だけ。 MJBの後そのまま大阪レポを続けようかと思ったが、旅の第一目的について書いたら一気にモチベーションが下がってしまった。再度盛り上がるまで別の地域で繋いでいこうかと。 そう、こんな時こそ近くて遠い都内の純喫茶。盲腸線という地元民にとっては揶揄されてるともとらえられかねない、千代田線のオマケみたいな北綾瀬にある「喫茶 ふる里」について書こう。... 続きを読む
  • 久しぶりの竹ノ塚。そして久しぶりのエリカ。 4年近く前の思い出話と今後たいして役に立つとは思えぬ竹ノ塚純喫茶事情について語り尽くし、やっと本題に入れる。 今回は迷わずあっさり現地にたどり着いた。... 続きを読む
  • 今回は4年近く前に竹ノ塚で純喫茶巡りをしたときの話。 待ち合わせは駅前の喫茶店「エリカ」。でもそれまで時間があったので池袋東口の耕路に寄り道したら、近々閉店するのだという。現地でビックリ仰天! これは早くお知らせしないと! 耕路閉店を土産話(?)に慌てて現地に向かったが、あろうことか駅前だというのに道に迷ってしまった。... 続きを読む
  • おしるこ喫茶に入っておしるこを食べない! なんのことかと言えば、清水の「おしるこ喫茶 船橋舎」のこと。喫茶店のハシゴという贅沢な悪習慣は、その持てる力を分散してしまう。だが遠征地では一期一会。気になる店は1軒でも多く入りたい。これもまた偽らざる本音。 ならばその果たせぬ思いを近場で晴らすのも、またひとつの手ではなかろうか。 さっそく外苑前のおしるこ推しの喫茶店「コーヒーとおしるこ 川志満... 続きを読む
  • 清水で最後に入った喫茶店の記事を書くつもりだった。 が、直前で急に気が変わった。同じ場所ばかり書くことに飽きたのである。最後の1軒なのに、どうにも書く気分になれない。仕事じゃないのだし、無理して書いてもねえ…。どうせならいっそ身近な喫茶店にしようか? 練馬駅前にある「喫茶 アンデス」に白羽の矢が立った。... 続きを読む
  • いつ行っても混んでる築地。 本当は落ち着かないからあまり行きたくないのだけど、今後どうなるのかを考えると後悔しないよう、行けるうちに行っておこうかな、と。 今回訪れたのは、築地市場場内の喫茶店「珈琲の店 愛養」。... 続きを読む
  • ニュー新橋ビルの地下にある「純喫茶 フジ」。 土曜日の朝。モーニング候補の別の2軒にフラれ、絶対やってるだろうという安定感と他が思いつかないという消去法的理由でこちらに救いを求めた。... 続きを読む
  • これから紹介する純喫茶はとてもカッコイイ。 スタイリッシュ、モダン、クール。 とても素敵な店なので秘密にしておきたい気持ちと、どうせ私が書かずともいずれ広く知られるはずなので、なら自らがその語り部になろう。そんな思いから、西武新宿線 都立家政駅北口にある純喫茶「Coffee & Lunch つるや」を紹介する。... 続きを読む

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: