2017/04/16(日)  CATEGORY:千葉県

【木更津】Coffee House ラビン (2)

木更津の純喫茶といえばここ。

JR木更津駅東口「Coffee House ラビン」。すべての純喫茶好きにお勧め。もちろん純喫茶に興味ない人にも。もしあなたが何かの間違いで木更津に行く機会があったら、チラリとでもいいのでラビンの事を思い出して欲しい。

木更津・ラビン1

Coffee House ラビン

千葉県木更津市東中央1-1-11(JR木更津東口駅前)

木更津西口散策の後、駅の階段を上って下りて東口へ移動。

東口も駅前にビルが建つらしく多くの店にシャッターがおりていたが、西口ほどズブズブにのめりこめず、散策はあっという間に終え、大好きなラビンに逃げ込んだ。

木更津・ラビン2

パチンコ店SEVENの2階がラビンだが、パチンコ店はいつの間にやら閉店していた。純喫茶のみが残っている。

木更津・ラビン3 木更津・ラビン4

食事メニュー、ドリンクメニュー豊富なこのお店。今日は何を食べようかと食品サンプルを眺めるも迷うばかり。

木更津・ラビン5

『昔から変わらない喫茶店の味 手作りグラタン』

特別グラタン好きというわけではないけど、手書きのイラストの湯気まで書きこむ意気込みに引きずられ即決。グラタンにしよう♪

木更津・ラビン6 木更津・ラビン7

ラビンの意味が何なのかは分からないけども、あちこちに使われている馬車に乗った紳士の名前がラビンとか?

木更津・ラビン8

階段脇の鏡にまで登場。

クラシカルなロゴを1つ1つ探しワクワクしながら、一段一段ゆっくりと階段を上る。店内の内装も大切だけど、アプローチまで凝ってくれると気分が高まる。これもお店側からの『おもてなし』の一つ。

ドアが開くと、純喫茶らしいカランコロン♪ 店員さんからの「お好きな席へどうぞ」。

木更津・ラビン9 木更津・ラビン10 木更津・ラビン11 木更津・ラビン12 木更津・ラビン13

パチンコ店の2階の純喫茶は、大箱の珠玉率高し。

純喫茶巡りをする上での有名な法則、このラビンも見事当てはまる。

足元に広がる赤絨毯、クラシカルな調度品、大きな窓。そして窓にもまたあのロゴが!

純喫茶にも色んなタイプがあるけど、純喫茶に目覚めてから一貫してこのタイプは大好き!

木更津・ラビン14

印象的なのが電話ボックス。一番目立つ中央に置かれている。携帯電話が普及した今でも使う人いるのかしら?

木更津・ラビン15

でも使わなくてもこのまま置いて欲しいな。目隠し代わりになってて落ち着くので。

それに最近では東口にあった公衆電話が一斉に撤去されていたので、今後木更津で公衆電話が使える場所としてラビンの価値が高まるかもしれない。

木更津・ラビン16

下手にメニューを見てしまうとかえって迷ってしまうので、あえて開かず。初志貫徹でグラタンを注文。カニかエビかの選択で、貧乏性なのか普段食べられないカニを選んでしまう。

木更津・ラビン17

具はマカロニ、マッシュルーム、チーズ、玉ねぎ等。そういえばカニ入ってたっけ? でも熱々で凄く美味しかった。

後から入ってきたお客さんはドリンクも付けずにカツカレーを食べてたので、喫茶は喫茶だけど食堂的利用をしてる人も多かったりして。

木更津・ラビン18

フォークとナイフの下には、ロゴ入り紙ナプキン。

木更津・ラビン19

もちろん伝票には店名入り。

木更津・ラビン20

ここまでロゴ満載だと麻痺してしまうが、最後のダメ押し。レジにはマッチ有。1個もらった。

店内には煙草の自販機もあり、世の嫌煙ブームに真っ向から逆らってるのが純。私自身はタバコを吸わないし、煙が顔面を直撃したらイラッとくるけども、煙草が吸えるくらいの大らかさが純喫茶らしくて好き。

木更津・ラビン21

窓からは駅のホームも見える。もちろんホームからラビンも。駅前という表現は乱発しがちだけど、ここまで駅と密接してるのこそが真の駅前なのかも。電車の時間ギリギリまでここで粘る。

木更津・ラビン22

外に出た時には日が落ちて、看板にも明かりがついていた。

この先の予告になるが、ここまでが房総純喫茶巡りの前半で木更津で終了。後半は木更津からスタート。純喫茶不毛地帯でよく知られた(?)房総にも純喫茶があることを証明していきたい。

利用金額

  • カニグラタン 700円
[ コメント 5 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017-04-16 00:04 : : 編集
木更津
「何かの間違いで木更津に」とは面白いですね。

かくいう私にとっても余程の間違いがなければ訪れない街です。
2017-04-16 22:03 : ひよこたそ URL : 編集
No title
わたしも先週参りました。奥の窓の上の部分、蔓のオブジェと花のランプの繊細さと天井のハリが放射状に力強く張られているダイナミックさが対照的でした。なんかいもきているのに、座る席で新しい発見があるラビンでした。
2017-04-17 19:37 : あかりのママ URL : 編集
>ひよこたそさん
>「何かの間違いで木更津に」

ここに反応してくれて嬉しいです。わざわざいらん事だけどあえて付け足した部分なので。
東京や神奈川からのアクセスは結構良いのに、なかなか東京近郊認定されないのが木更津。
2017-04-17 22:05 : エムケイ URL : 編集
>あかりのママさん
先週も行かれたのですね。
たしかに座る席で雰囲気は変わりますね。
私は窓から外が見えるか見えないかで雰囲気違うなと思いました。

朝や夕方の西陽のさす時間は窓のブラインドおろされてることもあって、その時はちょっと閉鎖的であまり。普段薄暗い純喫茶が好きと言ってはいますが、ラビンのような駅前喫茶は外を見ることも楽しみだったりするので。
2017-04-17 22:10 : エムケイ URL : 編集
<<【南千住】アサヒ商店街の純喫茶とマッチ報告  | ホーム 木更津西口をリベンジ散策>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: