2017/01/14(土)  CATEGORY:千葉県

【成田】純喫茶 チルチル

成田で目指したのはこちら「純喫茶 チルチル」。

場所は成田山新勝寺のそば、観光地の真っ只中。だが、そこに広がっていたのは俗世にまみれぬ聖域。クラシカルで大変素晴らしい純喫茶だった。

成田・純喫茶チルチル1

純喫茶 チルチル

千葉県成田市本町333
喫茶チルチル

成田山新勝寺ね…。

それが正式名称なんだろうけど、私は単に成田山(なりたさん)と呼んでる。子供の頃はなんで寺にさん付けするのかな?とか思っていたのだけど。

成田山

初詣ではなく、訪れたのは昨年。

(ここは重要なポイント。1月も半分近くすぎたとはいえ、まだまだ混んでいるはずなので)

お参りは後回し。店が閉まってしまうといけないから。急いで通り過ぎると、シャララ~~~♪と涼やかな音がし、横を見ると成田山というタグの付いた風鈴の音色だった。最近は歴史のある神社や寺の近くのお土産屋さんに懐かしさを覚える(伊勢神宮等)。

成田・純喫茶チルチル2

さて純喫茶チルチル。店名は『青い鳥』に由来する。子供の頃絵本で読んだ。

成田・純喫茶チルチル3

せっかくの良い看板なのだけど、門の陰に隠れちゃってるのがもったいない。それを狭い隙間から無理矢理体をねじ込むように写真を撮る私。

と、ここで…

自動ドアがギュイーン。

成田・純喫茶チルチル4

わあああああ…。

一瞬で目に飛び込むその光景はキラキラしている。想像よりも一段階、いや二段階も上回っていた。

高い天井からは蝋燭みたいなシャンデリがいくつも垂れ下がり、鏡の壁に反射して無限のきらめきを放つのだった。

成田・純喫茶チルチル5

カーテンは貴婦人のドレスみたいで、椅子は豪奢なゴブラン織り。まるで貴族の舞踏会。

クラシカルな上品さでビシッと統一した甘くロマンティックな空間だった。王道こそ真実。王道を極めることこそが無敵。ここでは個性的な奇抜さというものが愚かしく思えてしまった。

先客はなく、若い女性店員さんから「お好きな席へどうぞ」と言われ店内全体ぐるっと歩いてみたが、どの角度から見ても素敵で死角というものがない。普段なら全体が見渡せるよう角をとるのだが、敢えてここでは真ん中の席にしてみた。360度見まわせるから。

メニューはわずかなスイーツがあるのみで、ほぼドリンク中心。

成田・純喫茶チルチル6

「こだわりのみつまめ」推しに負けそうになったが、スペシャルブレンドコーヒー。

成田・純喫茶チルチル7

よく見ると、チルチルはチルチル

成田・純喫茶チルチル8

途中で一回席替えタイム。

っていっても同じテーブルなんだけど、それまで奥を見ながら座っていたが、入口方面を見たいなあと。こういう時真ん中の席で良かった。

成田・純喫茶チルチル9

ドアの金文字がキラキラ。

BGMはクラシック音楽。嗚呼。

静寂は突如破られる。入口のドアがギュイーンと開いて、小学校低学年くらいの女の子が放った一言。

「ちょっとロマンティック過ぎない?」

なんと! 齢10歳にも満たぬ幼さで、この純喫茶の真髄を解するとは! 恐るべし小学生!

その後に続いて入ってきたお父さんが、「お前のその表現は合ってるのかどうか分かんないよ」と苦笑い。(←合ってるよ)

この利発な女子はその後もたびたびませた発言をし、お父さんをタジタジにさせていた。

成田山の何か行事(?)でもあったのかな? その父娘の後、続々とグループが入店し、一挙に賑やかになった。

オーダーが集中し、1人でそれをこなす女性店員さんはひたむきにドリンクを作っていたが、その脇からマッチをお願いしたところ、「少しお待ちください」と言われた。

成田・純喫茶チルチル10

トイレの前で待機。

注文した品をすべて出したところで、「お忘れ物はございませんか?」の一言を添えてマッチを渡してくれた。急かしてごめんなさい! そして、ありがとう。

成田・純喫茶チルチル11

入口にはガス灯をイメージした灯りが左右対でたっており、その柱にも店名を示すレリーフ(?)があるが、

成田・純喫茶チルチル12

マッチと見比べてみたら、ポーズが少し違った。

利用金額

  • スペシャルブレンドコーヒー 500円

関連記事

[ コメント 3 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ロマンティックな聖域喫茶、体験してきます。
2017-01-14 15:45 : あかりのママ URL : 編集
>あかりのママさん
ロマンティック聖域喫茶、ぜひ体験してください。
2017-01-16 20:31 : エムケイ URL : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017-08-18 10:23 : : 編集
<<マッチ学会棒年会2016  | ホーム 【上野】カレー専門店 クラウンエース>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: