2016/04/01(金)  CATEGORY:福島県

完全撮影NG。いわき市内郷の「野間食堂」(2)

写真はすべて禁止! 携帯電話も固く禁止!

ここまでお店のスタンスを明らかにされると、こちらとしても迷いがなくなり、むしろ清々しくさえある。

では、じっくり野間食堂と向き合うことにしよう。

前回の記事でも書いた通り座る場所は有無を言わさぬ勢いで、「ここ!」。

厨房の前の小上がりを指示された。

さっき見た昭和30年代のお茶の間風の離れを友人から勧められていたが、今思えば、あの独特な空間に1人はキツイ。寂しいし、虚しいし、なによりもその図を想像すると間抜けである。これはこれでベストだったのではないか?

それにしても随分狭い小上がりだな…。1人用?

なんとなく靴を脱ぐ気分になれず、小上がりにお尻だけ乗せ、足は土間に流した。

壁にはメニューと共に、ここでもまた「写真撮影禁止」「携帯電話使用禁止」の貼り紙。徹底している。

そして、驚いたのは値段の安さ。

何がどれ?というより、全部安い! 都内の比較的安い店の半額くらい? あまりにも安すぎて一体どんなものが出てくるのかおそろしいが、ラーメン(200円)にしてみた。

仕切りもないすぐそばの厨房で、女性(ママさんと呼ぶべきか?)が麺を茹で始めた。

その際もしきりにこちらをチラチラと見、

「さっき写真撮ってたでしょ?」

またあの話を蒸し返された。面倒になり、「撮りました。撮りましたけど、この店じゃなくて、この辺の景色を撮っていたんですよ」と言い切ると、それ以上は突っ込めなくなったのか、「中に監視カメラあるからね! 全部写るからね! 写真撮ったら帰ってもらうよ!」

監視カメラって(^^; いやいや、そんなの絶対ないでしょ(笑)。

……さすがにここまで何度も言われると、清々しいというより、徐々に面倒臭くなってきたわけだが、さすがにこのやり取りを最後に写真の話は一切出なくなった。

ちょうどお昼時だったため、頻繁に電話が入り、麺を茹でながら電話対応をし、その上、出前担当の男性(ご主人?)が出入りし、忙しいのでそれどころではなくなったらしい。それでも監視の目は決して緩めなかったが。

さて、ラーメン登場。

基本の具が乗った、中華そばといったビジュアル。

どんな味か?

え!

何これ?

すごく美味しい! さっぱりとした醤油味。私が一番好きなタイプの味。これは……、止らないよ。本当に美味しい。あっと言いう間に一気に食べ切ってしまった。

私は外では滅多にラーメンを食べない。なぜなら、それほど美味しいと思える店がないからだ。食べる店はほぼ決まっており、今ではそこ以外行かない。その店のラーメンと味が似ている。

うーーん。思わず考え込んでしまった。

滅多にラーメンを食べない私だが、もしこの店が近場にあったなら、月1程度で食べに行くような気がする。

しかも値段は200円。

たしかに量が若干少な目なので、そういう意味では物足りなくはあったが、今回はハシゴ中なのでむしろ幸い。

「ご馳走様」

心から満足して200円手渡した。

危険人物が去ることに安堵したのか、心なしかママさんの顔がホッとやわらいだように見えた。

利用金額

  • ラーメン 200円

関連記事

[ コメント 6 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

こんにちは。
迫真に迫るレポートありがとうございます!

それにしても、撮影禁止にそこまで拘る理由が気になりますね〜
味が良くてもなんとなくリピートしたくなくなるような…
お疲れさまでした。
2016-04-01 12:38 : blackcoffee1964 URL : 編集
>blackcoffee1964さん
私もなぜそこまで撮影禁止にこだわるのか気になるところです。
たくさんのお客さんに来て欲しいとは思ってないのかもしれませんね。
実際、出前の注文らしき電話も頻繁で、結構忙しいみたいで、わざわざ遠くから来てもらったところで対応できないのかも。

・・・まあ単純に写真嫌いなんでしょうね。

ただ美味しかったことは事実です。ものすごく安いので、近かったら私はリピートすると思います(^^)
2016-04-01 22:48 : エムケイ URL : 編集
はじめまして!
これを読んだら絶対に行きたくないです(笑)
撮影云々より、客商売としてありえない口のきき方ですし~・・

私も純喫茶よく行きますが喫茶店の味に慣れると、
ほかで食べるものは何でも美味しいと思えるようになると思います。
だからこちらのラーメンも美味しいと思えたのではないですかね(笑)

あ、もちろん本当に美味しい純喫茶もあります!
元より純喫茶に味は求めていませんが。。
2016-04-03 01:30 : 葵 URL : 編集
>葵さん
初めまして。

こちらに関しては、ぜひとも行って欲しいという気持ちと、引きとめたい気持ちとの間で振り子が高速で揺れます。

美味しさに関しては、私も同じく、純喫茶に味は求めてません(ここは純喫茶ではありませんが)。
美味しければめっけもの!くらいな感じで。
もとから純喫茶に実用性を求めていないからでしょうね。

ただ、それでも、この野間食堂のラーメン、思いだしてもやっぱり美味しかったと思っています。
値段が200円だったからというのも大きいかもしれません。
セコい話ですが、これが800円だったら、「普通だった」と言ってるかもしれません。
2016-04-06 21:08 : エムケイ URL : 編集
こんにちは^^
なんか笑っちゃいました・・・すいません。
こんなに客に写真撮ったでしょ?なんて面と向かって言ってくるなんてすごいですよね。自分だったらイラッときますね(笑)
先日、北千住に行く用事があったのでサンローゼに行ってプリン食べてきました。美味しかったです。ではまたー
2016-04-07 12:48 : ロイロイ URL : 編集
>ロイロイさん
そう、あまりにも直球で、まるで漫画みたいでした。
この2回にわたる記事も写真撮影禁止で8割占められてますものね(笑)。

サンローゼ、初めて行った頃に比べると、店内の配置や椅子等が変わってしまい少し残念ではありますが、北千住の愛すべき喫茶なのは変わらずです。
2016-04-11 22:12 : エムケイ URL : 編集
<<【板橋本町】喫茶室 ぺテスコ白樺(2016年3月31日閉店)  | ホーム 完全撮影NG。いわき市内郷の「野間食堂」(1)>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: