2016/01/04(月)  CATEGORY:愛知県

【甚目寺】喫茶・レストラン ボン

藤浪駅から名鉄に乗り、名古屋に戻りがてら、甚目寺で下車。

さっきまでの真珠貝と違って、こちらは駅から滅法歩く。なんと40分! 人って肉体を酷使するよりも、退屈に耐える方が何倍も苦痛だということを身を以て学んだ。バイパスのテンプレートでもあるのだろうか? 全国一律ともいえる没個性的な風景の中をうんざりしながら歩き、やっとたどり着いた。

喫茶・レストラン ボン

甚目寺・ボン1

喫茶・レストラン ボン

愛知県あま市下宣津平島12

延々と変わり映えのしない風景の中、喫茶ボンの看板は個性的。だが、大手チェーンのマクドナルド、コメダもあり、そっちもそっちでアピールしまくっているので、これでもそんな目立ってはいなかった。

甚目寺・ボン2 甚目寺・ボン3

駐車場完備。車で乗り付けるお客に羨望の眼差しを向けつつ、入店。

甚目寺・ボン4

店に入ると真っ先に目に留まるのは、

甚目寺・ボン5

シャンデリア

甚目寺・ボン6

そして、池。

甚目寺・ボン7

亀もいれば、

甚目寺・ボン8

錦鯉も泳いでいる。

甚目寺・ボン9 甚目寺・ボン10 甚目寺・ボン11 甚目寺・ボン12 甚目寺・ボン13

池は中央をどどんと縦断し、店内の3分の1近くを占めている。客席がそれを囲む形になっており、小さな子供が池を覗き込んでいた。このような実用性のない大いなる無駄というか豪胆ぶりこそが昭和喫茶の真骨頂。愛知県民よ、君たちはなんと恵まれていることか! うう、羨ましい……。

到着したのが11時頃だったため、本格的なランチタイムに入る前だった。席にも余裕があり、思い切ってバイパスに面した6人掛けのテーブル席に座らせてもらった。1人客でも大きなテーブルに座ってる方何人もいたので、いいかなあ? と思って(^^;

甚目寺・ボン14

メニューはとにかく豊富。壁に掛かっているのはごく一部。

甚目寺・ボン15

鉄板イタリアンスパゲティ。

ここはあま市だが名古屋に隣接しているため、名古屋喫茶文化圏ど真ん中。

イタリアンとは、鉄板に乗ったナポリタン。ただ卵は想像していた溶き卵ではなく、目玉焼きだった。この店独自の小さな違いだと思う。

そんなことより特筆すべきは、量!

出てきた瞬間、うわっ! ってなった。多い。食べきれるか食べる前から不安になる量だった。

でも、随分と歩いたし、お腹空いてるし、まあそこそこ行けるだろ。

いざ食べ始めたら、美味しい! ベースはトマトケチャップみたいだが、オリジナルの配合をしているのか、ちょっとピリ辛。私は辛い物好きだし、サクサクと進む。赤いウィンナーを使ってるのも嬉しい。

ん~~~ でも、でも、やっぱり量多い。通常の1.5人~2人前はある。申し訳ありません。美味しかったのだけど、全部食べきれず m(_ _)m

メニューに、割増価格で「大盛」もあったが、これでに充分大盛り! 本物の大盛りはどれだけ爆盛りなんだろう?

徐々に家族連れが入店。鉄板が人気なのか、イタリアンだけでなく、鉄板焼きそばも次々運ばれていく。1人で1つというより、グループでシェアしてるようだった。ファミレス的な利用されてる方が多いのかも。

利用金額

  • イタリアンスパゲティ 600円

関連記事

[ コメント 4 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

あけましておめでとうございます。
店内に池はレアで良いですね^^魚を飼っていてもほとんどが水槽ですもんね。
ピリ辛ナポリタン美味しそうですね。量がありますね。私は40歳を越えてからだんだん量を食べれなくなりました^^;
たしかにシェアしたほうが良さそうですね。
2016-01-04 10:53 : ロイロイ URL : 編集
>ロイロイさん
新年明けましておめでとうございます。
店内に池はレアです。あっても隅っこにちょっとなので、こちらのように店内中央にドーンはテンション上がります。

イタリアン、とても美味しかったのですけど、量が多くて・・・
事前に知っていれば、少な目とお伝えすればよかったと思います。
2016-01-07 21:14 : エムケイ URL : 編集
千葉県内で店に池と言えば、佐原駅前のタイムベルです。
こちらは洋食屋ですが、ランチの後は喫茶できます。
古き良き昭和の雰囲気があり、お客さんもお年寄り、家族連れ、ビジネスマンと多様です。好きなお店のひとつです。
2016-01-08 17:30 : あかりのまま URL : 編集
>あかりのままさん
最近は純喫茶だけだと行き詰まりを感じているので(笑)、食堂、レストラン等も対象です。

実際、レストランとついても、「これ純喫茶では?」な店が山ほどあります。秋葉原のレストランフレンドもそうですし、熱海のレストランフルヤもそうです。

佐原はまだ行ったことないです。今年は千葉県ももう少し理解を深めようと思います。
2016-01-12 20:38 : エムケイ URL : 編集
<<甚目寺で見かけたシュールな女たち  | ホーム 【町方】真珠貝>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: