2010/05/09(日)  CATEGORY:広島県

【土橋】茶房 ふじ

広島純喫茶めぐりで学んだことは多々ある。たとえば。

  1. たばこ店併設喫茶が多い。(例:紫苑。その他数軒目撃)
  2. お茶のサービスがつくことが多い。
  3. 看板に「コーヒーの寿屋」をよく見る。(調べたら、「広島初!本格コーヒーの寿屋珈琲」とのこと。)
  4. 外観はパッとしなくても実際入ると好みの内装である確率が高い。

これから紹介する土橋の寺町通り沿いの「茶房 ふじ」もそのパターン。 正直、外観は町のタバコ屋そのもので、私の好みからするとイマひとつ。ただ、「もしかしたら」という淡い期待もあり、入ってみることにした。

外観

茶房 ふじ

広島県広島市中区土橋町4-20 (土橋駅から徒歩3分・寺町通り沿い・小網交差点近く)
茶房ふじ(広島のオススメ飲食店情報)

入ってすぐ煙草販売スペースがあり、小じんまりした店内は20席程度。

水槽

感じの良いマダム(60~70代)に笑顔で迎え入れられ、奥のテーブル席へ。熱帯魚の水槽の脇。

水槽

窓際の特等席は先客1名。きっと常連さんだろう。外を眺めながらコーヒーを飲んでいた。

入口方向を望む

天井の大きめな照明は派手さはないものの、昭和30~40年代の少々ブルジョアな家庭の応接間にありそうな(?)レトロなもの。広島に来てもう1つ学んだことがある。豪華なシャンデリアだけでなく、こういう地味目なのも案外グッとくるってこと。

レトロな照明

壁には等間隔にこんな菱形の照明も。

菱形の照明

コーヒーカップの取っ手は持ちやすいタイプ。品の良いカップ&ソーサー&スプーン。

コーヒー

写真撮り忘れですが、お茶のサービスもありました。後から登場したマスターはお茶を出した後、窓際のお客さんの向かいに座って話し込んでました。こういう雰囲気大好きです。かなり狭い店ではあるものの、テーブルの配置、パーテーション、観葉植物、水槽などがいい感じに配置されてるので、まったく気詰まりにもならず。とっても居心地良かったです。そういえば、マリリン・モンロー(だったと思う)の大きなポスターが壁に貼ってあったり、音楽がシャンソンだったり。広島純喫茶にしては珍しくBGMがテレビじゃなかったのが印象深い。

お会計のとき、「また来てくださいね」とマスター。それに対し、曖昧に店を出る私は何か粋じゃないなーとか思った。なんか気の利いたひとこと言えば良かった。

利用金額

  • ブレンドコーヒー370円

関連記事

page top このエントリーをはてなブックマークに追加
<<【縮景園前】純喫茶 なすな恋 (閉店)  | ホーム 【十日市町】レストラン喫茶 紫苑>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: