【藤沢】飲食朋友会(2010年3月)

玉屋食堂に湘南を特集した雑誌が置いてあったので、定食ができるまでパラパラ流し見すると、その中に見覚えのある写真が載っていた。

それがこの藤沢飲食朋友会だった。

藤沢飲食朋友会

私も過去一度だけ訪れた。

藤沢散策をしていて突如迷い込んだのだった。

ここって一体? ささくれだった木製ゲートの先はレトロな飲み屋街だった。

藤沢飲食朋友会

昼間だからか、それともすべて閉店しているのか、シーンと静まり返っていた。

藤沢飲食朋友会

黄桜の色っぽい河童のイラスト。やきとり「ひとみ」。

辺り一面に漂うただならぬオーラ。強烈な場末臭。藤沢にこういう場所があることが衝撃だった。湘南のイメージは遥か彼方に行ってしまった。

藤沢飲食朋友会

ゲートで隔たれ、特別な場所だと暗に主張しているようにも見えるが、頭上を遮るものはないのであっけらかんとした開放感もある。

後から調べてみると、遊郭、赤線、新地といったワードが頻繁に飛び交う場所であったが、住民にとってはそれも過去のことになったのか。

藤沢飲食朋友会

子を連れた母が平然と通り抜けて行った。

(撮影:2010年3月27日)

利用金額

関連記事

 

8/1発売・書籍『喫茶店の椅子とテーブル』に寄稿しました
喫茶店の椅子とテーブル

コメント

非公開コメント

エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。



Instagram(@emu_kei_)

ブログ内検索

カテゴリ

コメント

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: