2010/11/17(水)  CATEGORY:神田・秋葉原近辺

【神田】万惣フルーツパーラー(神田本店) (閉店)

万惣は弘化3年(1846年)創業の老舗高級フルーツ専門店。
弘化……、って?

調べてみると、弘化は江戸時代。「天保の後、嘉永の前」。そして、安政の大獄、井伊直弼より古い、ということを確認。(←調べるポイントがズレてるような気がしますが)

須田町交差点にドドーンと立つ自社ビルの万惣ビル。この中に昭和2年の誕生のフルーツパーラーがあります。

外観

万惣フルーツパーラー(神田本店)

東京都千代田区神田須田町1-16-1 万惣ビル中2階・2階
※2012年3月24日閉店

1階は果物販売。そこそこお値段張るので私は一度も購入したことないです。

冒頭でも書きましたが、私が目指すのはフルーツパーラー。

ホットケーキの看板

ホットケーキ好きならだれもが知る万惣の「名物ホットケーキ」は700円。やや無理目な価格ゆえ、「いつかそのうち」と延ばしに延ばしまくって、やっと入店。

店内1

ホットケーキは中2階と2階で食べれますが、どうやら2階は本格的な食事をされる方用のフロアのようです。中2階の席へ。レジ横の微妙に隠れた席に通されました。1人だから? 店員さんの向こうが広々したスペースです。最初チッ!と心の中で舌打しましたが、意外とこれはこれで居心地良いかも。

ホットケーキとバターとシロップ

名物のホットケーキ到着。さすが。美しい。(黒蜜風シロップとバター付き)

そして。やはりシビタスのホットケーキと見た目似てます。

常識というほど周知の事実ではないと思いますので、補足。蒲田にあるホットケーキが人気の「シビタス」はこの万惣の支店が起源。似るはずですよね。

ホットケーキ

たまにはカットした写真を。この方が美味しそうに見えるかな? でもちょっと大ざっぱすぎ。この後ナイフをさらに2振りしました。

では味見を。

ふむふむ。端っこがカリカリしてるのはなかなか美味しい。うんうん、もぐもぐ。

シビタスも生地がかなり甘いんですが、気のせいか万惣はさらに甘いような気が。70年前に誕生した当時は甘すぎるくらいが人気だったのかもしれないですね。でも、値段度外視すれば、なかなか美味しいですよ。ホットケーキを売りにしても良いくらいのレベルだと思います。

ただ、個人的にはシビタスの方が好みかな。値段も安いし。とはいっても、うちから蒲田までの交通費・かかる時間を考えると万惣も決して高くはないんですけどね。

個人的には味もですが、内装がもっとレトロな方が良かったな~ 純喫茶度は相当低いです。それより、初代が万惣出身の喫茶店「万定フルーツパーラー」(本郷)の方が断然純喫茶度高しです。

窓際 メニュー 階段上って 壁の写真

店内の雰囲気もシビタスよりお高い雰囲気です。って、ついシビタスと比較してしまいますね。

ただ万惣とシビタスの比較に関しては私よりもずっとレベルの高い生地(じゃなかった記事)を書いてる方がいるので、そちらもどうぞ!!! (記事最後の関連リンクへ)

利用金額

  • ホットケーキ 700円
[ コメント 2 ] page top このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿
非公開コメント

リンクしていただいてありがとうございます!
ここは喫茶店というよりはレストランだと思ってましたよ。
怪しいどころか由緒正しき老舗中の老舗ですし。

そんなだけにエムケイさんのブログには出てこないかなと思ってましたが、
ホットケーキ好きなら放ってはおけなかったわけですね。
一度は食べておきたいところですよね。

生地甘かったですか。そう思ったのは私だけかと思ったらやっぱり。
万惣は焼き色がきつめで余計に甘く感じるような気がするので、
シビタス並みな焼き加減だとまた違ってくると思うのですが。

私はやっぱり交通費と時間加味してもシビタスをとりたいです。
純喫茶が数多く残ってる蒲田に行くこともまたうれしいので(^^;
2010-11-18 22:26 : 純喫茶にぃ URL : 編集
>純喫茶にぃさん
本当に怪しさゼロの正真正銘のレストランでしたね。宮内庁御用達は怪しさとは無縁のようです(笑)。

本来私の純喫茶の理想としては違うタイプですが、ホットケーキの美味しい店は特別枠なので。甘さがとにかく印象深かったです。シビタスも随分甘いんですけどねぇ…。なぜかシビタスは丁度良く感じたんですよね。そのへん突っ込んで考えはしなかったんですが、にぃさんの指摘通り焼加減…かもしれない。いわれてみれば。

蒲田はいいですよね!!!
一時期、真剣に蒲田に引っ越そうとしてました。(他の人から真剣に止められたけど。柄が悪いという理由で)
純喫茶探して私もまた蒲田をうろついてみようと思います。
2010-11-19 21:31 : エムケイ URL : 編集
<<【鶯谷】cafe de 花家 (はなや)  | ホーム 【東大前】ボンナ (Bonna)>>

プロフィール

エムケイ
Author:エムケイ

ブログを通して多くの方に純喫茶の魅力を伝えていきたいと思っています。

当ブログはリンクフリーです。トップページ、個別ページでもご自由に。

Instagram⇒@emu_kei_

ブログ内検索

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: